ニュース
» 2022年06月09日 14時52分 公開

Netflix、アニメ配信5作のラインアップを発表 「伊藤潤二『マニアック』」「異世界おじさん」など

他、「exception」「ムーンライズ」「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」の情報が明らかに。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 Netflixは、オンラインイベント「Geeked Week 2022」DAY3で今後配信予定のアニメ新作情報を公開。「伊藤潤二『マニアック』」「異世界おじさん」「exception」「ムーンライズ」「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」など日本発アニメ5作のビジュアル、紹介映像などを解禁しました。

伊藤潤二「マニアック」 「伊藤潤二『マニアック』」
伊藤潤二『マニアック』を原作者が紹介 - Netflix

 「伊藤潤二『マニアック』」は、ホラー漫画家の伊藤潤二さんの作品を題材に計20タイトルを初アニメ化。男たちを虜にし破滅へと導く美少女につきまとわれる恐怖を描く「富江」シリーズ、陰気な性格で常にくぎをくわえている少年が呪いで人々に恐怖に落とし込む「双一」シリーズ、伊藤さんが「巨大なアドバルーンに首を吊られた死体がぶら下がったものが、空に浮かんでいるイメージ」から作り上げたと語る「首吊気球」などがラインアップされています。これらのタイトルを、才能豊かなアニメーターらが映像化に挑戦。伊藤さんは「彼らの創造力が、私のキャラクターたちを、どのような不気味な世界へ導いていくのか楽しみでなりません」と期待を込めて語っています。配信予定は2023年です。

異世界おじさん アニメ「異世界おじさん」劇中カット (C)殆ど死んでいる・KADOKAWA刊/異世界おじさん製作委員会(C)SEGA

 「異世界おじさん」は、2022年7月からのテレビアニメ化と同時に全世界配信が決定。17年間の昏睡(こんすい)状態から目覚めたおじさんは、異世界からの帰還者だった……という新感覚な設定による異世界コメディー。おじさんの病室を訪れた甥(おい)のたかふみは、異世界「グランバハマル」から帰ってきたと語る叔父の姿を目撃し、魔法を使うおじさんの力を金に変えて食っていこうと決め、2人でルームシェアを始める、というストーリーです。異世界での冒険譚とあふれんばかりのSEGA愛(?)を語るおじさんの姿が見どころ。

exception 「exception」

 「exception」は、小説家、映画監督として活動し、「ジョジョの奇妙な冒険」を題材にした小説「野良犬イギー」などで知られる安達寛高(乙一)さん脚本、「新造人間キャシャーン」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる天野喜孝さんキャラクターデザインによるスペースホラーです。はるか遠い未来を舞台に、地球を追われ、テラフォーミングの対象になった惑星に到着した先遣隊が、生体3Dプリンタを使い“人間”を出力し“住人”を増やそうとするが、思わぬ事故が発生し出力中の1人に致命的なエラーが発生。それをきっかけに予測不能な事態が先遣隊に降りかかる、というストーリー。解禁された場面写真からは、舞台となる惑星や船内の独創的な描かれ方が垣間見られます。アニメ制作はタツノコプロ。2022年に配信予定です。

ムーンライズ 「ムーンライズ」ティーザービジュアル

 「ムーンライズ」は、「蒼穹のファフナー」「PSYCHO-PASS サイコパス」などの脚本でも知られる小説家の冲方丁さん原作のアニメシリーズ。舞台はTS西暦2XXX年。“緩やかな世界政府”の下、全ては国際AIネットワーク<サピエンティア>に委ねられ、人々はその合理的判断に従って生活を送っていましたが、<サピエンティア>が進めた“月開拓事業”をきっかけに月と地球の間に対立が生まれてしまいます。主人公のジャックは月の反乱軍によって家族を奪われ、地球軍の調査兵となり月への復讐を誓う、という物語。アニメ制作はWIT STUDIO、「進撃の巨人」などで知られる肥塚正史さんが監督を務めます。全世界配信となっていますが時期は未定です。

七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」ネーム資料

 映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編」は、人気アニメ「七つの大罪」シリーズのスピンオフ作品。原作者である鈴木央さんの描き下ろしで、2022年12月から全世界配信開始となっています。「七つの大罪」本編の主人公・メリオダスとエリザベスの息子であるトリスタンを軸に、新たな物語が展開していくとのこと。情報解禁に合わせて、「週刊少年マガジン」本誌のみに掲載されていた、鈴木さんによるトリスタンや謎の妖貴族・タイロン、クルミルらが描かれたキャラクターネーム資料が公開されています。

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」