ニュース
» 2022年06月11日 18時00分 公開

「みんなが思うスーパーヒーローになろう」 映画「ドラゴンボール超」出演の神谷浩史&宮野真守が明かすガンマ1号とガンマ2号の魅力インタビュー(1/3 ページ)

実力と人気を兼ね備えたスーパーな2人がドラゴンボールの世界に。控えめに言っても最高のキャスティングを本人はどう感じているのかインタビュー。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 6月11日から映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」が劇場公開となりました。

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」がついに公開! 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」がついに公開!

 2015年から新たなテレビアニメシリーズとしてスタートした「ドラゴンボール超」は、原作者の鳥山明さんが初めてテレビアニメシリーズのストーリー原案を務めたことも話題に。番組終了後の2018年12月には「宇宙サバイバル編」のその後を描いた劇場版「ドラゴンボール超 ブロリー」が公開。かつて劇場版キャラクターとして圧倒的な強さを見せたブロリーが刷新された物語は全世界興行収入で劇場版の歴代最高となる135億円を突破。リブートに華を添え、ドラゴンボールが新たなステージに立ったことを感じさせました。

 そんな「ドラゴンボール超 ブロリー」に続く「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」でスポットライトを浴びるのは、強さを追究し続ける孫悟空やベジータではなく、孫悟飯とピッコロ。そして、今作に登場する新キャラクターが人造人間ガンマ1号&ガンマ2号です。

ガンマ1号&ガンマ2号 ガンマ1号&ガンマ2号

 かつて悟空が壊滅させたはずのレッドリボン軍が新たに生み出した2人の人造人間を演じるのは、当代きっての実力派声優である神谷浩史さんと宮野真守さん。リヴァイや阿良々木暦、刹那・F・セイエイや岡部倫太郎など2人が演じてきたキャラを数人連想するだけでもワクワクしますが、対となるキャラクターを演じることで、その魅力が膨れ上がっているようにも感じられ、控えめに言っても最高のキャスティングです。

 「機動戦士ガンダム00」や「デュラララ!!」シリーズなどでの共演もあり、2022年は「ドラゴンボール超」以外に「うる星やつら」でも共演する2人にねとらぼエンタではお話を聞きました。

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」でガンマ1号&ガンマ2号を演じる神谷浩史さんと宮野真守さん 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」でガンマ1号&ガンマ2号を演じた神谷浩史さんと宮野真守さん

神谷「スーパーヒーロー、です」 ガンマ1号2号という存在

―― ガンマ1号&ガンマ2号はとてもヒーロー然としています。彼らのスーパーヒーローとしての大義名分、あるいは価値観はどんなものだと感じますか? というのは、彼らが敵視するのは悪人じゃなく悪役、というようにも見え、それは神谷さんがアニメ「偽物語」で同じようなことを言われていたのと重なるのです。

神谷 彼らなりの正義感は当然持ち合わせているだろうし、それが彼らの言葉で言うと“スーパーヒーロー”となってくるのだと思います。ただ、言葉として“スーパーヒーロー”と“正義の味方”は似て非なるものだと僕は思っていて。だから、彼らが果たして“正義の味方”かどうかは別の話になってくるんです。

 彼らは、Dr.ヘド(CV:入野自由)が作った……

宮野 お、Dr.入野(笑)。

神谷 ガンマ1号&ガンマ2号はDr.ヘドの趣味を多分に受け継いでいる。作られたスーパーヒーローでもあるので、そういう正義感というかスーパーヒーロー像は、Dr.ヘドが思い描いたものが投影されているとは思いますが、彼らがそれにどういう意志を持って行動しているのかは、正直、分からないところではあります。

Dr.ヘド 卓越した技術力でガンマ1号&ガンマ2号を生み出したDr.ヘド(画面左)
特別映像:最悪の誕生編

宮野 ガンマ1号&ガンマ2号は、目的を与えられ人造人間として生み出されたキャラクター。自分たちの信じる道というか、戦うべきものに非常に真っすぐな2人なのは確かで、そこが物語でフックになってくる。そういう性質だと分かってもらえれば彼らの劇中での変化や存在感を感じてもらえるはずです。

 彼らが印象的な判断をする場面も出てきます。今回のキャラクターとしての役割があり、僕らはそれを魅力的に演じられるように真っすぐ向かい、さらに劇場公開前では伝えられない物語の核心にしっかりと関わり、そこで思いをちゃんと見せてくれるキャラクターなので、面白いと思ってもらえるんじゃないかと。

ガンマ1号&ガンマ2号

―― (取材当時、)まだまだベールに包まれていることが多く、お2人の演じるキャラクターの全貌がまだよく分かっていない部分があります。

神谷 スーパーヒーロー、です。

宮野 物語の内容に絡む部分なので、見る側にもその情報量でとどめてほしいのは僕らも同意見です。物語に付随するところは全く言えませんが、神谷さんと一緒になるってことで僕はすごく安心感があり、きっと(神谷さんと)対比になるキャラクターだとは思いました。多分だけど僕(が演じるガンマ2号の方)がおバカキャラかなと思っていたら、やっぱり僕の方がバカで(笑)。バカというかノリが軽い。

神谷 そういった意味では、スーパーヒーローであることと、僕とまもちゃんが声をやらせていただく時点で「なるほど」と僕は思ったんです。スーパーヒーローということを大前提に、僕とまもちゃんを選んでくれた。じゃあ僕たちはもうみんなが思うスーパーヒーローになろうと。

 周りからこう見られたらよりスーパーヒーローっぽくなるんじゃないかとポーズを取り続けているガンマ2号と、そうしたものは必要ないと思っている実直で真面目なガンマ1号。その2人が物語にどう関わるのかを楽しんでいただければと。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  6. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  7. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」