Special
» 2022年06月15日 17時00分 公開

【実食レポ】 丸亀製麺の夏うどんは、さっぱり「鬼おろし」×選べる「牛」「鶏」「豚」! キミはいったいどれにする?

毎年大好評の「鬼おろし」が、今年はなんと選べる3種類!(提供:丸亀製麺)

[家原,PR/ねとらぼ]
PR

 暑い時期こそ、冷水できゅっと締められたうどんをつるっと食べたい……そんな我々の思いに毎年応えてきた丸亀製麺の夏うどんシリーズ。今年も“本気でおいしいやつ”がやってくるとの情報をキャッチしました!

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 夏うどんシリーズとして6月15日から販売開始されるのは、「鬼おろし肉ぶっかけうどん」「鬼おろし鶏からぶっかけうどん」「鬼おろし豚しゃぶぶっかけうどん」の3種類。価格はいずれも(並)690円、(大)810円、(得)930円(税込)です。

 大根を粗くおろした「鬼おろし」のさっぱり風味と、選べる――キミはいったいどのうどんを選ぶ? タイプが異なる3つのおいしさ、今回も編集部員が実際に食べてレポートしていきます。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

さらに進化した「牛」、期待のニューカマー「鶏」「豚」

 たっぷりの牛肉&たまねぎを鬼おろしと合わせた「鬼おろし肉ぶっかけうどん」は、丸亀製麺の夏季限定メニューの中でも毎年大人気の一品。2018年以降は夏季限定冷うどんの中で毎年No.1の売れ行きを記録しており、夏うどんシリーズの王者といっても過言ではありません。さらに今年は、注文が入ってから一杯ずつ牛肉とたまねぎを焼く「焼きたて」スタイルに提供方法も変更されたとのこと! 覇者の座にありながらさらに“上”を目指したというその味わい、食べる前から胸の高鳴りが止まりません。

 そして、圧倒的かに思える王者を超えるべく、完全新作として今年新たに登場するのが「鬼おろし鶏からぶっかけうどん」「鬼おろし豚しゃぶぶっかけうどん」。鬼おろしがたっぷり乗った冷たいうどんという点は同じでも、味わいや食べごたえはどうやらそれぞれまったく異なるようです。これは何としても3つ食べてお気に入りを決めたいところ……! 

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 丸亀製麺のうどんは、100%の国産小麦粉・塩・水のみを使ってすべての店で毎日製麺されています。お店で製麺した打ち立て、茹でたてのうどんだから、冷水で締めてもつるっともちもち食感! 暑い夏の日にうどんを食べるならやっぱり、キリッと冷たく締まった麺、つるっとしたのど越しを楽しみたいですもんね。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

ジュワッと焼きたて、すっきりとした甘さながらもがっつり味の牛肉! 「鬼おろし肉ぶっかけうどん」

 まずは王者の「牛」から頂きます。注文が入ってからフライパンに牛肉とたまねぎ、特製の割り下を入れて火を通していくと……甘く香ばしい香りがカウンター越しにも立ちのぼってきます。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 そしてこちらがお待ちかね「鬼おろし肉ぶっかけうどん」。たっぷり盛られた鬼おろしが目を引くけれど、実は牛肉もかなりの量です。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR
【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 ぽん酢がかかった鬼おろしと焼きたて牛肉のハーモニーを、お口いっぱいに感じられる幸せ……! お肉はすっきりとした甘さに仕立ててあり、鬼おろしやうどんを一緒にほおばって食べ進める手が止まりません。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR
【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 がっつり味の牛肉がおいしい「鬼おろし肉ぶっかけうどん」は、たとえるなら“パワータイプ”かもしれません。暑い夏の日でも食べたらHPが満タンに回復しそうな、パワフルな夏うどんでした。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

ジューシー×さっぱりのギャップが至高! 「鬼おろし鶏からぶっかけうどん」

 お次はこちら、新作の「鬼おろし鶏からぶっかけうどん」。ごろっと大きな鶏ももから揚げ(以下、「鶏から」)と鬼おろしだけでなく、なすの揚げびたしまで乗っているのがうれしいポイント。また、「牛」の鬼おろしにはぽん酢がかかっていましたが、「鶏」の鬼おろしは特製ぽん酢だれと刻み柚子が添えられるスタイルです。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR
【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 店内で揚げられたばかりの鶏からは、とってもジューシー! こんなに大きな鶏からが3つも乗っているメニューですが、鬼おろしや刻み柚子の風味がアクセントになってくれるので、飽きることなく最後までおいしく食べられます。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 さらに食べてびっくり、予想の上を行くおいしさだったのがなすの揚げびたし。だしにたっぷりひたされて作られたので、軽く噛むだけでもジュワッと味がお口に広がります……! さっぱりなのに味わい深い、このシリーズでしか味わえない絶品トッピングです。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 鶏からのボリューム感と、刻み柚子やなすの揚げびたしのさっぱり感のどちらも楽しめる「鬼おろし鶏からぶっかけうどん」は、たとえるなら“バランスタイプ”かもしれません。さまざまな味わいがバランス良く楽しめる、ぜいたくな夏うどんでした。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

猛暑日の本命! ひんやり豚しゃぶがたまらない「鬼おろし豚しゃぶぶっかけうどん」

 そしてこちらも新作の「鬼おろし豚しゃぶぶっかけうどん」。豚しゃぶはひんやり、冷水で締めたうどんもつるっと冷たいので、“清涼感ではシリーズNo.1”の一品となっています。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 豚しゃぶはとってもやわらかい口当たりで、旨みもしっかり! 北海道産の真昆布や複数の削り節から引いた、風味豊かな特製のだしに漬けこんでいるのだそうで、シンプルな見た目でもお肉にはしっかり味が染みています。またこちらにも特製ぽん酢だれ・刻み柚子・なすの揚げびたしがついてくるので、さまざまな食感や味わいを楽しむこともできます。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR
【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 ひんやり豚しゃぶと冷うどん、とにかく暑いという日でもつるっと一気に食べられそうな「鬼おろし豚しゃぶぶっかけうどん」は、たとえるなら“スピードタイプ”かもしれません。冷うどんはトッピングなしのぶっかけ派という人にもぜひ一度食べてほしい! 一見シンプルだけれどだしの旨みが光る、いぶし銀のような夏うどんでした。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

こちらも要チェック! 「あさり冷やかけうどん」「青唐おろしぶっかけうどん」

 さらに夏うどんシリーズとして、3種の「鬼おろし」うどんの他にも、「あさり冷やかけうどん」「青唐おろしぶっかけうどん」の提供もスタートしています。価格は、「あさり冷やかけうどん」が(並)690円(大)810円(得)930円、「青唐おろしぶっかけうどん」が(並)470円(大)590円(得)710円です。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 「あさり冷やかけうどん」は、あさりがなんとこんなにどっさり! これはもう潮干狩りでは!? と言いたくなるほどのぜいたくな量のあさりをいただくことができます。毎年春に販売される温かい「あさりうどん」もだしがきいていておいしいですが、この「あさり冷やかけうどん」はあさりそのものの旨みをよりはっきり感じることができて、大満足の一品です。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 「青唐おろしぶっかけうどん」は、その名の通り青唐辛子がぶっかけうどんに乗っているうどんなので、かなりの辛いもの好きという方におすすめしたい一品……! 青唐辛子のつんとした刺激、すだちのさっぱりとした風味が、冷たいぶっかけうどんのシンプルなおいしさをさらに引き立てます。知っていると“通”ぶることができる、上級者向けの夏うどんかもしれません。

お気に入りの一杯を選ぶのじゃ――個性豊かな3種の「鬼おろし」を食べてみて!

 王道の「鬼おろし肉ぶっかけうどん」に加えて、新作の「鬼おろし鶏からぶっかけうどん」「鬼おろし豚しゃぶぶっかけうどん」が登場し、三つ巴の様相を呈してきた丸亀製麺の「鬼おろし」シリーズ。お肉が違うだけでしょ……とあなどることなかれ! 食べると全く違った印象で、その日の気分や味の好みによって食べ分けたい、個性豊かな3品となっていました。

【画像】  丸亀製麺  鬼おろし肉ぶっかけうどんPR

 暑い暑い夏の始まり、キミはどの夏うどんと冒険したい? 丸亀製麺でお気に入りの「鬼おろし」を見つけてみてくださいね。

・「鬼おろし豚しゃぶぶっかけうどん」「あさり冷やかけうどん」は7月下旬まで、「鬼おろし肉ぶっかけうどん」「鬼おろし鶏からぶっかけうどん」「青唐おろしぶっかけうどん」は8月下旬までの季節限定販売メニューです。

・「鬼おろし」シリーズ3商品は、お店により取扱商品が異なります。取扱店舗リストなど詳しくはこちらをご覧ください。

・「鬼おろし」シリーズ3商品および「あさり冷やかけうどん」「青唐おろしぶっかけうどん」は、持ち帰りにも対応しています。持ち帰りの場合は容器代として一杯30円追加料金がかかります。また持ち帰りは(並)(大)のみ対応しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」

提供:株式会社トリドールホールディングス
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2022年6月21日