ニュース
» 2022年06月21日 21時00分 公開

「職人技だ」「これは狂気w」 極限まで削った鉛筆の芯がもはや凶器レベルの細さでビックリ(1/2 ページ)

ここまで折れず削れているのがすごい……!

[宮原れいねとらぼ]

 鉛筆の芯を極限まで細く削った結果に「職人技」「極めとるw」とTwitterで驚きの声が上がっています。人の手でここまで鋭くなるのか……。

 Twitterユーザーのみっきぃ(@mickeiiiiiiy)さんが「鉛筆の芯削るのが趣味な友達が送ってきたw」と、現役中学生の友人から送られてきた鉛筆の写真を投稿しています。思わず「凶器すぎるだろwww」とツッコんでしまうレベルの削りっぷり!

鉛筆の芯 削る 凶器 針 趣味 鉛筆の芯がすごいことに……!

 もはや一本の線にしか見えないほど先が細くなっており、さらにその細い部分が想像以上に長いのが衝撃的です。ちょっとでも力を入れたら折れてしまいそうなのにすごい……。

 コメントでは「注射針に見えた笑」「工具かと思った」と見間違える声から、「暗器だコレ」「必殺仕事人が使うやつ!」なんて声が上がり、かなりの集中力がいる作品に「芸術的」といった声も上がっています。

 制作したみっきぃさんのご友人によると、鉛筆の芯を削る趣味は、以前に「1本の鉛筆の芯からできた鎖」の作品をなにかで見て、「自分もやりたいな」と思ったのがきっかけだそうです。ちなみに芯から鎖を作る作品は、プロ鉛筆彫刻家の山崎利幸さん、鉛筆彫刻人・シロイ(@shiroi003)さんらが制作しています。

 今回の長い針のような作品は、ヤスリとティッシュで削って制作。ティッシュは芯を軽く包むようにして、摩擦で少しずつ削ったようです。繊細すぎる作業ですが、やり直しはせずに30分くらいで完成したとのこと。これは極めてる。

鉛筆の芯 削る 凶器 針 趣味 ティッシュを使って芯を削るときの持ち方

 削ったあとの芯は、今のところ「その辺に置いてそのままにしてます」と、特に飾ったりはしていないようです。他の作品では、鉛筆の芯が刀身のようになった作品や、一定間隔で穴を開けた作品なども。

 また作るきっかけとなった“鉛筆の芯の鎖”にも挑戦しているそうで、今後さらに狂気(褒め言葉)な作品が生まれる予感がしてワクワクします。

鉛筆の芯 削る 凶器 針 趣味 これまでの作品。作った本人曰く「少し細かいもの(右)は鎖を作ろうとしていて失敗してしまったもの」とのこと
鉛筆の芯 削る 凶器 針 趣味 一定間隔で穴を開けた作品。鉛筆の芯じゃないみたい……!

画像提供:みっきぃ(@mickeiiiiiiy)さん/作者さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/05/news120.jpg オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. /nl/articles/2312/05/news138.jpg 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  3. /nl/articles/2312/05/news025.jpg 子犬が“お手”を拒否した結果、完全に石化してしまう 450万再生の姿に「静止画かとw」「やっぱり笑っちゃう」
  4. /nl/articles/2312/05/news121.jpg 元テレ朝・富川悠太さん、ジュノンファイナリストの16歳息子と“イケメン親子”ショット 「顔ちっちゃ!」「美形DNA受け継がれてます」
  5. /nl/articles/2312/05/news040.jpg 愛犬たちが、手術を乗り越え1カ月の入院から帰ってきたママを見つけ…… 喜びと愛爆発のお出迎えに「無償の愛が最高」「泣ける」
  6. /nl/articles/2312/05/news060.jpg 「クリスマスシーズンなのに」 神田うの、12歳娘から“禁止のリクエスト”→全身黒コーデで表情一変 過去には派手服に痛恨の一撃「ママダサい」
  7. /nl/articles/2312/05/news123.jpg 日本発“クギが打てる”「メタルバナナ」がなぜか台湾で人気爆発 注文集中でメーカーも「急いで生産中」
  8. /nl/articles/2312/04/news055.jpg 七五三のお祝いで記念写真→全員“ジョジョ立ち”だと……!? ノリノリの3人家族に「最高すぎる」と祝福の声
  9. /nl/articles/2312/05/news038.jpg チンチラの見たことない姿が560万再生! 忍者のような身体能力に「空中ウォークみたい」と海外からも反響
  10. /nl/articles/2312/04/news164.jpg 田中みな実、大谷翔平選手との“結婚説”に「あえてラジオとかで言及しなかった」 結婚発表は「ここでするから」
先週の総合アクセスTOP10
  1. オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  5. 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  6. マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  7. 伊藤沙莉、“激痩せ報道”の真相暴露→広瀬アリスの株が上がってしまう 「辱めったらない」告白に「アリスちゃん、ええ人や〜」
  8. 「あなたは日本人?」突然送られてきた不審なLINE、“まさかの撃退方法”に反響 「センス良い」「返しが秀逸」
  9. “鬼ダイエット”で激やせの「Perfume」あ〜ちゃん、念願の姿に「着れる日が来るなんて」と大喜び
  10. 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」