ニュース
» 2022年06月23日 12時00分 公開

自分を変えるチャンスもあるー「神は見返りを求める」吉田恵輔×「空白ごっこ」セツコが明かす激動の時代の創作(1/3 ページ)

世代の異なる2人で違った見解も。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 「ヒメアノ〜ル」(2016年)や「BLUE/ブルー」(2021年)などの作品で知られる、吉田恵輔(「吉」はつちよし)監督の最新作「神は見返りを求める」が6月24日に全国公開されます。

 万引き疑惑のかかった少女の死を発端とした前作「空白」(2021年)から一転、カラフルでポップな印象を与える同作はYouTubeを舞台にした男女の悲喜劇。底辺YouTuber・ゆりちゃん(岸井ゆきのさん)の動画制作をひょんなことで手伝うことになった、イベント会社の中年社員・田母神(ムロツヨシさん)がある“出来事”をきっかけに豹変していく姿をカラフルかつ緊張感あふれる映像で描いていきます。

 また、ボーカリストのセツコさんを中心に、ボカロPのkoyoriさん(電ポルP)、針原翼さん(はりーP)の3人からなる音楽プロジェクト「空白ごっこ」も同作に参加。書き下ろしの挿入歌「かみさま」と主題歌「サンクチュアリ」は、ともに激しさと切なさがただよう楽曲へと仕上がっており、着地点が見えない2人の物語をグッと盛り上げています。

 吉田監督とセツコさんの2人に、両者が幸福な出会いを果たすまでのいきさつ、作品テーマのひとつでもある“クリエイターが創作する上で立ちはだかる壁”などについてうかがいました。

吉田恵輔監督と「空白ごっこ」セツコさん 吉田恵輔監督と「空白ごっこ」セツコさん

初コラボで「身構えていた部分も正直ありました」

―― 吉田監督の過去作、「純喫茶磯辺」(2008年)ではクレイジーケンバンド、「BLUE」では竹原ピストルさんといった“渋め”のベテランアーティストの楽曲が使われていました。結成3年目の「空白ごっこ」を同作で起用したいきさつは?

吉田恵輔(以下、吉田) 「空白」という重く暗い作品を撮った反動で、次作では振り切りたくなったんですよ。iPhoneでの撮影を導入したり、キモカワな着ぐるみを登場させたり、今までやったことのない試みをいっぱいやりたいと思った中で、自作に使ってこなかったアップテンポな挿入歌も入れてみたくなって。「君の名は。」の「前前前世」ぐらいの勢いがある曲を(笑)。

吉田恵輔監督の「神は見返りを求める」 存在感が強すぎる着ぐるみ

 映画に合いそうなアーティストを紹介してもらったところ、「空白ごっこが多分イメージにピッタリなんじゃないか」ということで曲を聞いてみたところ、「めちゃくちゃ期待値高いぞ!」って。スケジュールがタイトだったのですが、いい出会いができたなって思っています。

―― 同作に寄せた「空白ごっこ」のコメントでは、「楽曲についてディスカッションし、とても身の引き締まる制作期間だった」とありました。監督側から最初にお話をいただいたときの思いをうかがえますか?

「空白ごっこ」針原翼(以下、針原) 要望された楽曲のイメージが「19」だったんです。スタイリッシュな映画の雰囲気からして、やっぱり「カッコいい曲」「エモさ全開でガツンといく曲」を求められるかと思ったんですけど「そっちか!」って。「空白ごっこ」にとってチャレンジの意味もあっただけに、「これは難しいかも」と思いました。

「空白ごっこ」セツコ(以下、セツコ) 監督の今までの作品を見返したときに、クセの強さや皮肉っぽさをかなり感じつつ、大人向けっぽい部分もあるなと。「ちゃんといろいろ人生経験を踏んだ人たち」が見ているイメージを持ったので、身構えていた部分も正直かなりありました。

―― 「身構えていた」というのは?

セツコ 結構な要望が来るのでは、と思っていました。それだけに、どういう作品なのか知ったときは、「結構新しい方向性でいくんだな……」って。そもそも、作品の雰囲気が過去作品と違ってポップでしたし。

 やりとり自体も「自由にやっちゃっていいよ!」という空気感があって、思っていたよりわりと自由だなと。

針原 この“自由”が難しいんだよね。

セツコ (笑)。難しいですけど、監督とのファーストコンタクトの際、「あ、こんな感じでいいんだ!」って肩の荷が下りた分、よけいな力を抜いて思うようにできた気がする。

完成品から“本物の愛に近い”何かを感じた

―― グループにとって、「かみさま」「サンクチュアリ」は実写映画へ初提供した楽曲となります。自分たちが今まで作ってきたものと比べて、やり方などで違った点はありましたか?

セツコ 私はゼロからイチにするのがわりと苦手で。あるテーマを与えられて深く考えてみたり、相手とディスカッションしたりする方が好きなんです。だから、自分で無の状態から曲や歌詞を書かないといけない場合と比べて、主人公たちの思いになりきっての制作は案外やりやすかったし、面白かったです!

―― なるほど。吉田監督は2曲をもらったときの印象を覚えていますか?

吉田 いただいた楽曲をシーンに落とし込んだとき、田母神とゆりちゃんとの間にある距離がものすごく美しく、そこに一瞬「本物の愛に近い何か」が発生しているって思えたんですよね。

 楽曲がアップテンポなのにセツコさんの声と歌詞が切ないから、ワクワクドキドキさせつつどこか甘酸っぱさも感じられて。「俺が作った映画だけど、なんかすごい良いものになった」「すげぇいいの来た!」っていう思いです(笑)。「なんかアガる……!」って大事じゃないですか?(笑)。

―― 確かに(笑)。吉田監督が絶賛していますが、話を聞いていていかがですか?

セツコ 完成した作品を見るまでは「どうなるんだろう?」という思いがかなりあったんです。というのも、映像だけだったら2人の間柄が純朴でキレイに見える一方で、どこかよそよそしいというか、微妙な距離も感じてしまっていて。

 でも、映像と楽曲が組み合わさったものを見たとき、「ここからいい関係性に転じる2人になるのかも」っていう期待感が生まれましたね。監督と同じ感想なのですごくうれしいです!

「神は見返りを求める」に楽曲提供した「空白ごっこ」のセツコ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」