レビュー
» 2022年06月26日 12時00分 公開

テーマは「仮想空間」の大阪万博 妄想をイラスト化した同人誌『EXPO’70夢想 mini』 司書みさきの同人誌レビューノート

過去に戻れないなら、未来を想像すればいいじゃない。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 50年前って何をしていましたか? 懐かしく思い出される方もいれば、覚えてないな、生まれてないよ、という方ももう多いのではないでしょうか。過ぎた時代の中で、華やかに浮かび上がってくるあのとき……今回のご本は1970年に開催された大阪万博(日本万国博覧会)が、開催から50年以上を経過したいま大好きになった作者さんによる同人誌です。

今回紹介する同人誌

『EXPO’70夢想 mini』A5 16ページ 表紙・本文カラー

著者:目路楼


同人誌の表紙 やわらかで明るい線と色が表紙を彩ります

 作者さんは1970年開催の大阪万博に行ったことなく、その跡地である万博記念公園内の施設、「EXPO’70パビリオン」を訪れたことで、この催しのことが大好きになったのだそうです。しかしどんなに行ってみたくても、会期は50年以上前に終わっています……。行先を失ったエネルギーを、作者さんは「行ったつもりになって夢想・妄想する」という手段で発散することにします。

案内役は当時のホステスさんと未来のガイド役がそろい踏み

50年以上前の万博がもしも仮想空間でよみがえったら? なイラストが明るくきらめく

 ご本は「1970年の万博がもしも仮想空間でも開催されることになったら?」をテーマにしたイラストと解説がメインです。当時の建物や、案内役の制服などをベースに、「こんな新しい要素が追加されたら楽しいかも!」な部分が想像で足されています。

 実はこのご本の製作期間は1週間ほどだそうで、取り上げられている施設は3館、まだまだこれから描きたい部分があるとのこと。しかし、フルカラーのイラストはカラフルで華やか、イラストを挟んで前後にある説明のマンガもかわいらしく、短い製作期間での勢いと、見せたいところをきちんと両立して提示されています。わくわくするポイントが「注目した部分はここ」「こんな展開だったりして」とページのなかに織り込まれ、イラストでも、文章でも伝わってきます。大好きの表現の仕方として過去に浸っただけでなく、もう一歩自分なりに踏み出して構築したところに、かわいらしい画風が相まって、やわらかな明るさを感じました。

こちらは、制服からイメージしたタカラ・グループのパビリオン

過去の記録から未来へ進む。イベントが残したものの受け取り

 勢いのもとになったのは、作者さんご自身の中にインプットされた情報量の多さだったようです。公園で魅力を知ったのをきっかけに、書籍などから情報を得たとのことですが、過去に盛大に盛り上がったものでも、全く記録がなければ、50年後にふりかえるのは困難だったことでしょう。今に残るものをたどることで次の発展にアウトプットできたもとには、豊富な記録があったとも言えると思うのです。

 それでもご本の中では「当時の様子が掴み切れない」という部分が何度も出てきます。これがもし、詳細な記録に自由にアクセスできたら、もっともっと夢見る力は大きくなるのではないか……と、未来の会場を、仮想空間という情報が集合する場に設定されたイラストを見ながら思うのです。

 作者さんの「行ってみたい」という夢に読み手も一緒に乗せてもらうことで、ページの中でわくわくする新しい会場を共有できました。シンボリックな部分をとっかかりに、過去と未来を一画面で見せることで、“今”にも思いをはせる、そんなことが自然と楽しめるご本でした。

今後描きたいところもいろいろあるそうです!

サークル情報

サークル名:目路楼閣

Twitter:@yumekijiiro

Pixiv:目路楼

入手できる場所:BOOTHメロンブックス


今週の余談

 1970年の大阪万博の開催期間は3月15日〜9月13日だったそうです。私も当時のことを知りたくなって、当時のお天気を調べてみました。気象庁のサイトで公開されている情報によると、1970年6月26日の大阪は最高気温23.9度、最低気温19.2度の曇りの日だったようで、少し肌寒いくらいの過ごしやすい日だったのかしらと想像します。しかし前日は大雨で、2日後は最高気温30度まで上がっているみたい……! 今も昔も、初夏を迎える前の天気の慌ただしい変動を感じます。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい