ニュース
» 2022年07月04日 19時00分 公開

13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝

発見できてよかったです。

[ねとらぼ]

 Instagramを始めたばかりの飼い主さんが、13歳の柴犬「かずさ」さんの動画を投稿したところ、寄せられたコメントがきっかけでかずささんの病気が判明。現在治療中で、順調に回復しているそうです。飼い主さんに話を聞きました。

 2008年生まれで13歳のかずささん。そんなかずささんのかわいい姿を投稿しようと、飼い主さんは5月下旬にInstagramを始めました。6月5日に投稿されたのは、かずささんがお部屋のなかで見せたある様子でした。

柴犬のかずささん 顔を伏せがちのかずささん

 かずささんはお顔を伏せて、今にも両目をつぶりそうな表情。しっかり立っていた4本の足ですが、カメラがズームすると後ろ足2本がぐらり。フラつき、倒れそうになる姿をとらえました。ウトウトと、懸命に睡魔と戦っているように見えます。

 このとき飼い主さんは、後ろ足がぐらついたのは寝落ちしそうになっているからだと考えており、「ゆっくり寝たらいいのに……」と思っていたそうです。

柴犬の表情 しっかり立っていた4本足ですが……
ふらつく柴犬 後ろ足がぐらりとフラつきました

 その後、すぐに体勢を立て直したかずささん。一見、立ったままウトウトしているかわいらしい姿に見えますが、この動画を投稿したところ「病気ではないか?」と心配するコメントが何件か寄せられたそうです。

 そこで飼い主さんがかずささんを動物病院に連れて行ったところ、「馬尾(ばび)症候群」だと診断されました。

柴犬 かずさちゃん 立ち寝 しっかり立ち直すかずささん

 かずささんはすぐに投薬治療を開始し、現在も通院が続いています。飼い主さんによると、担当の獣医師から「順調に回復中」といわれているそうで、治療を始めてからは尻尾の動きもよくなり、投稿動画のように立ったまま寝落ちする姿も見られなくなったそうです。

 「馬尾(ばび)症候群」とは一体どんな病気なのか。編集部は、ガイア動物病院(東京都杉並区)の院長 松田唯さんに話を聞きました。

ガイア動物病院 院長 松田唯(まつだゆい)

埼玉県生まれ。北里大学獣医畜産学部卒業後、千葉県内と東京都内の動物病院で勤務。

2019年7月、ガイア動物病院(東京都杉並区)開設、院長に。治療法や薬について分かりやすく説明し、治療法のメリット・デメリットを理解して飼い主様が選択できる診療を心掛けている。

 ――犬の「馬尾(ばび)症候群」とは、どのような病気でしょうか

 馬尾神経症候群は、脊髄の中でも尻尾の付け根に当たる部分が傷害されることで起こります(ちなみに、脊髄神経はお尻の方にいくと、一束だった神経が竹箒のように広がります。これが馬の尻尾のように見えるため馬尾神経と呼ばれています)。

 この病気は、「脊椎の中で一番動くところだから」というのが大きな原因とされています。ワンちゃんはうれしい、怖いなど尻尾で感情が分かります。感情の変化があるたびに尻尾を使うので、その繋ぎ目に負荷がかかり、中心部にある神経(馬尾神経)が圧迫されてしまうわけです。他にも、腫瘍や外傷なども原因となります。

 また症状も実にさまざまです。馬尾神経は、後ろ足や尻尾、膀胱、肛門の筋肉などを動かす働きがあります。そのため、この神経が圧迫されると腰痛や後ろ足の麻痺、尿失禁、便失禁などがみられます。

 慢性的なものになると、後ろ足の筋肉が衰えてくるのでフラついたり、すぐに座り込んでしまうという症状も出てきます。

――「馬尾(ばび)症候群」の治療法について教えてください

 治療法は大きく2つに分けられます。1つ目は保存的な治療法です。痛み止めを服用したり、短期間の運動制限を行ったりします。症状が軽度の痛みであったり、かなりの高齢、飼い主さんが他の治療法を望まない場合などに選択します。

 ただし、この病気は高確率で徐々に進行していくことや、不安定な関節が治るわけでは無いので根本的な解決には全くなっていないことを忘れないようにする必要があります。

 もう1つは手術(外科療法)です。脊椎を削ることで、神経の圧迫をとってあげる方法です。場合によっては不安定な関節をピンなどで固定することもあります。根本的な解決にはなりますが、麻酔が必要なことや進行度・重症度によっては治癒率が下がることなどもあります。どちらの治療法がいいのかは、獣医師さんの意見をよく聞いて、決めてもらうのがいいと思います。

――愛犬にどんな様子が見られた場合、馬尾(ばび)症候群が疑われるでしょうか。動物病院に行ったほうがよい目安などありましたら教えてください

 このような症状が自宅でも見られる場合は要注意です。

  • 腰や尻尾の付け根を触られるのを嫌がる
  • 尻尾を上げなくなった
  • 突然、「キャン」と鳴く
  • 階段を登りたがらない
  • すぐ座り込んでしまう

 これらの症状が見られても、さまざまな他の病気も考える必要があるので、必ずしも馬尾(ばび)症候群とは言えません。でも多くの場合に痛みを伴っているので、動物病院に行くことをおすすめいたします。

(了)

 かずささんの飼い主さんは「思わぬ方向からペットの病気が判明し、助けられ、インスタを始めて良かった…と思います」と語ってくれました。多くの人の目に触れるSNSに投稿したことで、早期に病気を発見できたかずささん。善意のコメントがきっかけになった今回のエピソードに、SNSの力を感じます。

 飼い主であるMikaさんのInstagram(@shibainu_kazusan)では、かずささんと家族とのほのぼのとした日常を公開中です。これからも末長く、幸せな日々が続きますように……!

画像提供:Mika(@shibainu_kazusan)さん

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい