コトー先生おかえりなさい! 吉岡秀隆主演「Dr.コトー診療所」、12月に映画公開 16年ぶり“志木那島の今”が描かれる

視聴者待望の映画化!

» 2022年06月30日 12時37分 公開
[Yukaねとらぼ]

 俳優の吉岡秀隆さん主演の連続ドラマ「Dr.コトー診療所」(フジテレビ系)の映画化が決定。12月16日に公開予定です。コトー先生が16年ぶりに帰ってくる……!

「Dr.コトー診療所」吉岡秀隆ティーザービジュアル ティーザービジュアル

 同ドラマは、累計発行部数1200万部を超える山田貴敏さんの同名漫画が原作。へき地の離島である志木那(しきな)島を舞台に、東京から赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助(吉岡さん)と島の人々との触れ合いを通し、命の尊さを描くストーリーです。2003年にシーズン1、2004年に2日連続の特別編を2度経て、2006年にシーズン2が放送されました。

 同映画では島の舞台はそのまま、16年たった今も変わらず島の人々とともに生きるコトーの新たな物語が描かれます。ドラマシリーズを手掛けた中江功監督は“志木那島の今”について、たびたび吉岡さんと話をしていたとのこと。「コロナ禍に入って、人の生死について考えることがありました。そのなかで『もう一度このメンバーでDr.コトーを作りたい』という話になりました」と話がまとまり、脚本はじめ、撮影から音楽まで「Dr.コトー」チームが再集結し、映画化に向けて動き出したといいます。

 さらに2003年ドラマ放送時のビジュアルに近い構図で撮影された、映画のティーザービジュアルも解禁。今もなお島にある診療所の前にたたずむコトーがはかなげな表情浮かべており、16年の空白期間も、コトーの物語が島で紡がれてきたような、あたたかさと哀愁を感じる1枚となっています。

 映画化を知った視聴者からは「ずっと大好きで続編を願ってたドラマが16年ぶりに映画になって帰ってきた!!」「胸熱です ずっと待ってました」「あの名作の新たな物語…! 楽しみ!」「嬉しすぎます!」「コトー先生にまた会える」「絶対観るし、このコトー先生のコメントだけで泣ける」「この写真だけですでにいろいろなこと考えちゃう」「スタッフの皆さん、吉岡さん、ありがとうございます」と、感涙の声が多数。また、公式Twitterでは2003年ドラマ放送当時との比較ショットも公開されています。

吉岡秀隆さん

 「Dr.コトー診療所」は、それまで20年間純役を務めた「北の国から」が終わったタイミングで、連続ドラマが始まりました。中江監督が純のイメージを変えて、役者として新たな命を吹き込んでくれた作品なので、僕にとってはとても大事な作品であり、役でもあります。最初に今作の脚本を読んだ時は、本当に切なくて涙があふれました。この作品を映画にする意味や、16年の月日の流れも含めて、大事なものをスクリーンに映すために、監督、スタッフと一緒に作品を磨いています。

 与那国島でのロケは久々でしたが、自転車で少し走ってみたらお母さんと小さいお子さんが「コトー先生!」と呼びかけてくれて…。もう16年も経ってるのにこんなに幼い子がそう言ってくれるのがすごくうれしかったです。「ずっとこの島ではコトー先生はコトー先生なんだ」と思うと、とてもうれしかったですし、頑張らなくちゃいけないと思いました。いろんなものを背負っていて白衣はまだ重いですが、クランクアップまでの長い長い坂道を、信頼しているスタッフ、キャストの皆さんと一緒に上っていきたいと思います。


中江功監督

 2003年は「コトーが島の人に受け入れられる」、2004年のスペシャルドラマは「身近な家族が病気になり別の形のつながりが島の人たちとできていく」2006年は「一番近い存在が病気になって、より『家族』を思う」というテーマを元にそれぞれ作ってきましたが、正直「Dr.コトー」としてはやりつくした感がありました。その後も吉岡さんと会うたびに雑談も交えながら、続編をやるなら何をやるか、TVドラマでやるのか、映画でやるのかなど話していたんですが、大きなテーマが決まらず「さぁやろう!」とはなかなかならなくて、そんなときにコロナ禍に入りました。

 コロナ禍以降、会えなくなってしまった人が何人もいて、人の生死について考える時間も増えました。「やりたいことはやれるときにやらないと」と思いましたし、吉岡さんにも「もう一度同じメンバーで『Dr.コトー』をやりたい」という話をしました。「監督がやるなら…」とOKはしてくれたものの、やっぱりプレッシャーはありましたね。吉岡さんが「コトー先生は常に何かを抱えていないと、あの坂道で自転車のペダルを踏むことができないと思うんです」と言っていたのを覚えていたので。

 でも、「今回はこれをやろうか」という話ができてからは一気に話が動き出しました。映画になるまでの16年間も、島の人たちは相変わらず島で生きている、これからも生きていってほしい、というのが今回やりたかったことです。そして島の現在の美しい姿をスクリーンに映し出すというのももう一つのテーマになっていると思います。与那国島に久しぶりに降り立ったとき、島の皆さんに「おかえり〜」と声をかけていただけたのがうれしかったです。16年たっても変わらず暖かく応援していただいている島民の方々には感謝しかありません。16年ぶりの撮影だったので、吉岡さんがコトー先生になれるのか少し心配もあったのですが、初日の往診のシーンの表情を見て声を聞いて、一瞬にして戻っていることに「あ、大丈夫だ」と安心しました。まだまだ撮影中ですが、僕も、ファンの1人として、コトー先生が今どう過ごしているのか見届けたいと思います。


(C)山田貴敏(C)2022 映画「Dr.コトー診療所」製作委員会

関連キーワード

映画 | ドラマ | 医療 | 俳優


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」