ニュース
» 2022年07月01日 07時00分 公開

「今という時間がいかに尊いものなのか」 「バズ・ライトイヤー」が伝えたい“今を生きる”メッセージ 監督&プロデューサーインタビュー

日本公開より一足先に公開された米国ではソックスが大人気に。

[のとほのか,ねとらぼ]

 バズ・ライトイヤーの原点を描くディズニー&ピクサー最新作「バズ・ライトイヤー」が7月1日に公開されました。

バズライトイヤー ディズニー&ピクサー最新作「バズ・ライトイヤー」

 ディズニー&ピクサーとしては「2分の1の魔法」(2020年日本公開)以来、2年ぶりの劇場公開となる「バズ・ライトイヤー」。「トイ・ストーリー」シリーズで描かれてきたおもちゃとしてのバズではなく、本物の“スペース・レンジャー”として活躍するバズ・ライトイヤーが同作の主人公です。

ストーリー

 優秀なスペース・レンジャーとして活躍していたバズでしたが、ある致命的なミスで1200人もの乗組員とともに危険な惑星に不時着します。地球へ乗組員たちを帰還させるミッション完遂のために危険なハイパー航行に何度もチャレンジしますが、どれも失敗。ハイパー航行中の時間経過は、惑星で過ごす数年分にも相当するため、バズは62年の時間を失い、大切な親友も失います。強い責任感から他人を頼れず、深い孤独を味わうバズの“人間味”あふれる姿が描かれます。


 長年、多くの人に親しまれてきたバズの映画らしく、SFやアクションの要素をふんだんに盛り込みつつ、困難に直面する“人間のバズ”として成長する新しい発見も用意している同作。バズの頼れる親友・アリーシャやウッディよろしく相棒となる猫型の友達ロボット・ソックスや、新たな仲間・イジーなど個性豊かなキャラクターが周りを固めます。

 米国では、6月17日からすでに上映しており、公開週末興行収入は5100万ドル(約69億円)で、「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」に迫るスタートダッシュを切っています。

 日本でも、6月17日、6月24日の2週にわたって「トイ・ストーリー3」「トイ・ストーリー4」が金曜ロードショーで放送され、劇場公開へ向け盛り上がりが加速。一方、作中に含まれている同性カップルの描写を巡り、中東とアジアの14カ国が上映を許可しなかった報道がされると、多くの人が議論を交わすなど、多方面から注目を集めている作品でもあります。

 そんな同作の日本公開を目前に、これまで「トイ・ストーリー」シリーズに携わり、ピクサー入社当時からバズ誕生の物語へ思いをはせていたという監督のアンガス・マクレーンと、プロデューサーのギャリン・サスマンにインタビューを実施。一足先に公開された米国での反響についてや「サブキャラクターを主人公にする作業は挑戦だった」と語る、バズというキャラクターの描き方などについて話を聞きました。

バズライトイヤー サスマンプロデューサーとマクレーン監督

ソックスの人気ぶりに監督「ほらな(笑)」

――ディズニー&ピクサーとしては「2分の1の魔法(原題:Onward)」以来の劇場公開となりました。日本公開はこれからですが、現在の「バズ・ライトイヤー」のスタートダッシュをどのように受け止めていますか?

アンガス・マクレーン監督(以下、マクレーン監督) コロナ禍で観客と映画を見ることができなかったですよね。スタッフとも打ち上げ会があったときに初めて皆で見ることができましたし、ワールドプレミアもできました。皆さんがすごく楽しんでくださっているのが伝わってすごくうれしいです。

――海外の反応を見ていると、中でも猫型の友達ロボット、ソックスの反響が大きいと思います。この熱狂ぶりは想定内でしたか?

バズライトイヤー アリーシャがくれた万能過ぎる猫型ロボットのソックス。ピポピポピポピポピポピポ

マクレーン監督 そうですね、ある程度は分かっていたかな。

ギャリン・サスマンプロデューサー(以下、サスマンプロデューサー) でも、ここまで盛り上がるとは思っていませんでした(笑)。

マクレーン監督 ソックスがいると緊張感のあるシーンでも笑いをとれますし、雰囲気が和らぐので皆さんに愛されるキャラクターになるだろうとは思っていました。私自身もソックスが一番好きなキャラクターです。

 フィルムメーカーであるピーター・ソーンが声優を務めていますが、公開前に「めちゃくちゃ人気が出ると思うよ」と伝えたところ、本人は「そう? そんなことないんじゃない?」と言っていましたね。「ほらな」という感じです(笑)。

――バズもこれだけ人気があるキャラクターですし、再構築するのは、かなりハードルが高い作業だったと思います。そのプロセスの中で一番大事にしたことはありますか?

マクレーン監督 サイドキャラクターを主人公にすることは挑戦でした。主人公にするにあたって、もう少し賢く、重層的で、いろんな感情を表現しなければいけませんでした。

 バズが登場するこれまでの作品を通して共通していることは、周りが思う現実とバズが思う現実が同一ではない、周りが言っていることとバズが現実だと言っていることが違っているということ。「トイ・ストーリー」では、自分はおもちゃではなく、スペース・レンジャーだと言っているのと全く一緒で、その状況を「バズ・ライトイヤー」にも持ち込まなければいけませんでした。

 そこで、時間です。バズは、他の人たちと時間の経過が違う。他の人と見ている現実が違うということは、バズの今までの物語の資質を保っていると思います。

バズライトイヤー

――バズは、自分のミスに執着し、ハイパー航行で62年もの時間と大切な人を失いました。過失への執着から乗り越えるためには、時間がかかる、あるいは大きな犠牲が伴うというようなメッセージも込められているのでしょうか?

サスマンプロデューサー おっしゃっていることもありますが、人間は過去の思い出にひきずられ、今この瞬間という時間を生きていないということがありがちなんじゃないかと思います。バズも過去に犯した間違いをずるずると引きずり、未来にゴールを決め、そのことに夢中になってしまいます。

 今という時間がいかに尊いものなのか、今周りにいる人たちを大切にして、感謝の気持ちを持つことの大切さを伝えたいと思いました。

バズライトイヤー

バズの今後の冒険は続く? エンディングの意図とは

――お2人は、「トイ・ストーリー」シリーズにも携わっていらっしゃいましたし、十分バズを熟知されていると思います。制作期間だけで5年6カ月かかったとお伺いしましたが、バズと向き合った期間を経て、どういう人物だと認識していますか?

マクレーン監督 義務というものに取り付かれている。何に変えても仕事を完遂しなければいけないと思っている人物だと思います。それはバズにとって究極のゴールがミッションの完遂だから。

サスマンプロデューサー ヒーローとは斯くあるべしという概念を教え込まれた人物でもあります。何か問題があれば、自分1人でなんとかしなければいけないと思い込んでしまっている。そうではないということをバズは学んでいきます。

 バズが敬愛しているリーダーの1人で旧友のアリーシャは、いろんな人と一緒に自分も歩んでいくリーダーシップをとるキャラクターです。バズもそんなアリーシャの側面を敬愛していますし、自分もそうあるべきだと学んでいかなければいけないストーリーになっています。

バズライトイヤー 旧友のアリーシャ

――エンディングは今後を期待させるようなオープンなものでした。今後、バズ・ライトイヤーとしての冒険は続いていくのかどうか、構想があれば教えてください。

マクレーン監督 オープンな形のエンディングにするというのは最初から意図的でした。視覚的には、オープニングと呼応するような構図になっています。バズの今後の冒険については、やってみるのは楽しそうですね。でも今は何も考えられないです、この作品を完成させたばっかりで疲れちゃってるから(笑)

バズライトイヤー

(C)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

「バズ・ライトイヤー」7月1日(金)全国ロードショー

バズライトイヤー 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  9. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい