ニュース
» 2022年07月01日 15時40分 公開

「ハリポタ」イベントがJ.K.ローリング絡みの質問を“無関係”と遮断→作者サイドのワーナーは対応を「完全に間違い」

“名前を言ってはいけないあの人”となってしまったJ.K.ローリング。

[城川まちね,ねとらぼ]

 6月21日(現地時間)、映画「ハリー・ポッター」に関するイベントで、英Sky Newsが原作者J.K.ローリングに関する質問をしたところ、「別の質問に移るよう」シャットアウトされたと明かしました。その後、同シリーズを製作・配給する米ワーナー・ブラサーズはその対応を「遺憾に思う」と、トランスジェンダーに関する発言で同シリーズから排除されつつあるローリング側に立つ声明を発表しました。

トム・フェルトン 質問に答えることを許されなかったトム・フェルトン(画像はワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン-メイキング・オブ・ハリー・ポッターのInstagramから)

 当該イベントは、作中で使われたセットや小道具などを展示する施設「ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン-メイキング・オブ・ハリー・ポッター」に、新しく7月1日にオープンする“スプラウト教授の温室”を紹介するもの。

 参加していたドラコ・マルフォイ役の英俳優トム・フェルトンに対するインタビューで、Sky Newsは“彼やほかの人たちがハリーポッターのフランチャイズで活躍し続けているのに、ローリングがイベントに参加しないことについて”質問しようとしたとのこと。そこへイベントの広報が割って入り、トムは発言することを許されなかったそうです。

 Sky Newsは、“トムはそのあと少しきまりが悪そうな様子で「ここから500メートル離れたところでオーディションを受けたんだよ」と話すことを許された”と、トムもこの出来事に居心地が悪そうであったことを伝えています。

トム・フェルトン 「ハリー・ポッター・ファンダムはどこへも行かない」とトム(画像はワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー・ロンドン-メイキング・オブ・ハリー・ポッターのInstagramから)

 その後Sky Newsは「なぜ質問が遮断されたのか」と説明を求めたところ、広報からメールで、「J.K.ローリングはワーナーともトム・フェルトンとも無関係であり、チームとしては記事とも関連性がないと思われた」という回答があったとのことです。

 このメールでの回答が公開されたのち、ワーナーは声明を発表し、これを「完全に間違っている」ときっぱり。ワーナーとJ.K.ローリングは過去20年間に渡る「充足したパートナーシップ」を築いており、「いまもこれから数10年先も」その関係は続くとしています。また、そのイベントで起こったこともスタジオは「遺憾に思う」と意に反する出来事だったと述べました。

「ハリー・ポッター」シリーズから排除されつつあった原作者J.K.ローリング 原作者でありながらハリポタから排除されつつある(画像は映画「ファンタスティック・ビースト」のInstagramから)

 ローリングはある記事のタイトルで「月経のある人」という表現に対し、「昔はそういう人を表すための言葉があったはず」と「女性」という言葉が使われなかったことを暗に批判するようなツイートをしたことなどで、近年トランスフォビアであると強く非難されていました。「ハリー・ポッター」シリーズの英俳優ダニエル・ラドクリフ、英俳優エマ・ワトソン、映画「ファンタスティック・ビースト」主演の英俳優エディ・レッドメインもローリングの立場に反対する声明を出しています(関連記事)。

 この発言からローリングは「ハリー・ポッター」シリーズのイベントが中止になったり、「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001)の20周年を記念し米HBO Maxで1月1日より配信された同窓会特番「ハリー・ポッター20周年記念 リターン・トゥ・ホグワーツ」に参加しなかったりと、いわゆる「キャンセル・カルチャー」によって同シリーズから排除される傾向に。また、ロバート・F・ケネディ人権団体からも批判を受け、2019年に授与された「希望のさざ波(Ripple of Hope)」を返還するなどといったこともありました。

 なお、今回の質問を受けたトムに関しては、ローリングのトランスジェンダーに関する質問には批判も擁護もせず、回答しないという姿勢を取っています。

ワーナーによる声明全文

ワーナー・ブラザーズは過去20年間、J.K.ローリングと創造的で生産的、そして充足したパートナーシップを築いてきました。彼女は世界で最も熟達したストーリーテラーの1人であり、私たちはいまもこれから数10年先までも、彼女のビジョンやキャラクター、物語に命を吹き込むスタジオであることを誇らしく思っています。月曜日に、第3者であるメディアからこの意向へ反するような声明が出されました。この声明は完全に間違っており、ワーナー・ブラザーズ・スタジオ・ツアー・ロンドンは、その日のメディアイベントの一環で起こった出来事を遺憾に思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  3. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  4. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  5. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  6. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい