レビュー
» 2022年07月10日 12時00分 公開

「推しの結婚どう思う?」に1300件超の回答 アンケート結果をまとめた同人誌が熱くて厚い司書みさきの同人誌レビューノート

きっかけは推しの「結婚したら……」との発言。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 「推し」という言葉も随分と広く知れ渡った気がします。誰かや何かに夢中になったり、応援したりするのはうれしく、心癒やされる時間です。ただ、気持ちが動かされるからこそ、揺れるときもあり……今回は「推しの結婚」についてのアンケートをまとめた同人誌です。

今回紹介する同人誌

『いつも応援して下さるファンの皆様へ』A5 102ページ 表紙カラー・本文モノクロ

著者:献立


同人誌『いつも応援して下さるファンの皆様へ』 推しがいる喜び、感動があふれるような桃色がまぶしいです

「推しの結婚」に向き合うアンケート1300件のまとめ

 このご本は、作者さんが応援している未婚の有名人の方が、ふとした折に「結婚したら……」という発言をしたことに端を発しています。「もしかしていきなり結婚発表があるの!?」と驚いた作者さんは、困惑するあまりにSNSを使って「推しの結婚についてどのように思うか」のアンケートを実施します。するとなんと1週間ほどで1300件を超える回答が! そしてアンケートを実施してから半年が過ぎたころ、作者さんの推しが本当に結婚を発表され……「やるなら今じゃね?」とアンケートの総括本を作るに至ったのだそうです。

同人誌『いつも応援して下さるファンの皆様へ』同人誌『いつも応援して下さるファンの皆様へ』 推しがいることでの感情の揺れが伝わってきます

アンケートから見える数と、自由意見が語りかける心の機微が行き交う

 今回のアンケートは推しの対象を「存命中の有名人」とし、フィクションのキャラクターは含まれません。また「現在好きな有名人がいる」方に向けて呼びかけ、2020年11月に実施、1週間で1300件を超える回答が寄せられたとのことです。ご本は、前書きのマンガ以外は、ほぼ文章と図で構成され、第一章ではアンケートの結果発表、第二章では自由意見の紹介が載っています。

 まず印象的なのは回答の多彩さです。そもそもアンケートの質問も相当細やかに設定されており、例えば「もし推しが『推しと協力して婚姻関係を営む力が申し分なく、確実に推しと2人で幸せになれるであろう自分以外の相手』と結婚(再婚)したら、祝福できると思いますか?」など、この件について考えられるさまざまな状況をできるだけ整理して、回答に臨んでもらいたいという配慮が感じられます。

 それに対する答えも一つの意見だけが突出するのではなく、拮抗(きっこう)しているのが図からも明確になります。さらに自由意見が幅広く、推しに寄せる感情、周囲の反応と自分の思いとのギャップ、ファンコミュニティーのなかでの振る舞いなど、「推し」が居て、うれしく楽しい時間を過ごしているからこその心の機微が誌面に表されています。

同人誌『いつも応援して下さるファンの皆様へ』 文字が中心のページが続きますが、文字サイズが大きめでゆったりした誌面です

受け止め方は一つじゃない。心の揺れを明らかにすることでの寄り添い

 いろいろな気持ちが浮かび上がるのを本の形にするときに、ガイドとなっているのが作者さんの文章です。多くの人が答えたくなるような質問の設定からも伺い知れるように、決して一つにまとめきれないたくさんの回答の交通整理が丁寧に行われています。

 最初から最後まで作者さんの目を通した解釈が添えられているのは、一冊まるまるが作者さんの「推しの結婚について考えた」結果でもあり、一人の方の思考をたどる読み物としても成り立っています。表紙込みで100ページにもなるご本の厚みも、おさまりきらないみんなの気持ちと、それに向き合う作者さんの姿の現れのように思います。

 読み進めるうち、アンケートの回答も作者さんの文章も、いろんな考え方の一つであり、読み手の私と全く同じ解釈になるなんてすごく珍しいことだな、と自然に感じていました。「おめでたい話だよね」「普通なら祝福するでしょう?」と思われそうな出来事に対して、多様な受け止めがあることがありがたく身に迫ります。

 いま、結婚そのものを公にすべきか、どこまでプライベートに踏み込むべきか、という部分や、婚姻制度そのものも、社会概念が急激に変わりつつあります。心の中に入ってくる問題をあえて明らかにすることは、同じように心の揺れがある人、これからあるかもしれない人、そしてもう揺れを体験した人にとって、得難い手掛かりになるのではないでしょうか。

同人誌『いつも応援して下さるファンの皆様へ』同人誌『いつも応援して下さるファンの皆様へ』 「結婚」から広がるさまざまなことがらが目次からもうかがえます

サークル情報

サークル名:HUNGER SQUAD

Twitter:@meshikuwasetaru

入手できる場所:自家通販

連絡先:meshikuwasetaru☆gmail.com(☆は@)


今週の余談

 一つの出来事に対して抱く感情はひとつでない、というのはごくごくあたりまえなのですが、冠婚葬祭は大きな出来事だからが、それに伴う気持ちの細やかな部分は、ときに少し隅に追いやられる時があるように思います。嬉しさのなかの衝撃、驚いたけど胸が温かくなったり……複雑な気持ち、そのままを大切にしたいです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい