ニュース
» 2022年07月11日 07時30分 公開

永野芽郁ぶちキレの「マイ・ブロークン・マリコ」、The ピーズ「生きのばし」がED曲に タナダユキ監督は“これ以上の楽曲はない”(1/2 ページ)

初めて曲に触れたときには「脳天に来た」。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 永野芽郁さん主演映画「マイ・ブロークン・マリコ」の公開日が9月30日に決定。ロックバンド「The ピーズ」の「生きのばし」がエンディング曲に選ばれた他、ポスタービジュアルも解禁されています。

「生きのばし」を「マイ・ブロークン・マリコ」エンディング曲に提供した「The ピーズ」 楽曲を提供した「The ピーズ」

 漫画家・平庫ワカさんによる『マイ・ブロークン・マリコ』は、「親友の遺骨を持って旅に出る」という斬新な物語設定と複雑な心理描写が評価され、2021年に文化庁が主催するメディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。他にも「輝け!ブロスコミックアワード2020」大賞受賞、「この漫画がすごい!2021年オンナ編」第4位ランクインなど、新人作家の初連載作にもかかわらず、多くの快挙を成し遂げたことで話題を集めました。

「マイ・ブロークン・マリコ」表紙 『マイ・ブロークン・マリコ』カバー

 実写映画化にあたって、永野さんが主人公のOL・シイノトモヨを、奈緒さんが親友マリコを熱演。5月に公開された特報映像では、大声で叫んで暴れるシイノが、マリコを虐待していた父親に包丁を突きつけ、奪い取った遺骨とともにベランダからはだしで飛び降りるというショッキングなシーンをフィーチャーしています。

 「生きのばし」を提供したThe ピーズは、フロントマンの大木温之さんを中心に1987年結成。「バカになったのに」「やりっぱなしでサイナラだBye Bye」など、どうしようもない人間の性(さが)を赤裸々に描いた楽曲が人気を博し、1997年から5年間活動休止した後、2017年6月には結成30周年記念の公演を日本武道館で実現させています。

 タナダユキ監督きっての希望でエンディング曲に起用された「生きのばし」は、活動休止後初となるオリジナルアルバム「Theピーズ」(2002)の冒頭を飾るストレートなロックナンバー。タナダ監督は同曲を初めて聞いた際、「死にたい朝 まだ目ざましかけて 明日まで生きている」という一節から受けた衝撃を「脳天に来たというか、ダイレクトに心に響いてきて」とコメント。

 「クソみたいな日常で、クソみたいな思いを抱えながら、でも、死ぬ時まではしょうがないからなんとか生きていくしかないじゃん、という。この作品の世界観を表現できる曲として、これ以上の楽曲はない」と、同曲を選んだ理由を自身の思い入れたっぷりに明かしています。

 また、同作のポスタービジュアルも併せて解禁。シイノの心情を表した「勝手に逝った、あんたのために。」というキーフレーズに添えて、うつろなまなざしでどこか遠くを見つめる奈緒さんを後ろから抱き締める鋭い表情の永野さんという、緊迫感にあふれた劇的な1枚に仕上がっています。

解禁された「マイ・ブロークン・マリコ」ポスタービジュアル 解禁成った「マイ・ブロークン・マリコ」ポスタービジュアル

(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

(C)平庫ワカ/KADOKAWA

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/16/news127.jpg がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/15/news132.jpg 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  4. /nl/articles/2208/17/news027.jpg いきがる新人子猫が兄猫に向かっていくと…… 優しくポンッとする姿に「手加減たまらない」「何度見ても笑っちゃう」
  5. /nl/articles/2208/16/news167.jpg アルピー酒井、2カ月10キロ減で中年太り克服 腹筋バキバキの肉体美に「かっこよすぎ!」「めっちゃ痩せてびっくり」
  6. /nl/articles/2208/16/news160.jpg 「にじさんじ」周央サンゴ、ついに志摩スペイン村から公式オファー 園内貸し切りで“限界突破”する激アツ動画に「言葉に表せない感動がある」
  7. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  8. /nl/articles/2208/17/news093.jpg 坂口杏里さんの夫、離婚発表から初めての長文投稿 「皆が温かくて涙が止まらない」「ありがとうしか言えない」
  9. /nl/articles/2208/15/news159.jpg ゲオのPS5抽選販売、「購入時にPS4売却」が条件で物議 「なぜPS4を手放さないといけないの?」ゲオに意図を聞いた
  10. /nl/articles/2208/16/news134.jpg 「5x+6=y」をxについて解け 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【算数・式の計算編】

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい