ニュース
» 2022年07月13日 19時00分 公開

「“小さな胸”にがっかり」 フローレンス・ピュー、丸見えシースルードレスを男性たちから攻撃され「クソくらえ」(1/2 ページ)

わざと見える写真をいっぱい追加投稿。

[城川まちね,ねとらぼ]

 7月10日(現地時間)、「ミッドサマー」「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」(2019年)「ブラック・ウィドウ」(2021年)などで知られる英俳優のフローレンス・ピューがInstagramに自身へのボディーシェイミングを一蹴する投稿をしました。ヴァレンティノのショーで胸がほぼ透けて見えるドレスを着用し、その写真を投稿したことで彼女の身体について書き込まれた攻撃的なコメントに対するものです。

フローレンス・ピューがボディシェイミングを一蹴 下着を付けずヴァレンティノのドレスを着た姿をSNSに投稿したら……(画像はフローレンス・ピューのInstagramから)

 7月8日(現地時間)に伊ローマのスペイン広場で行われたヴァレンティノ2022-23年秋冬オートクチュールコレクションに出席したフローレンスは、シアーなフューシャピンクのドレスで登場。下着は付けておらず、フローレンスは胸がほぼ透けて見える状態でした。

 彼女はこのドレスを纏ったショーでの写真をInstagramに投稿し、「厳密にいえば、カバーされてるよね?」と透けて見えていることは分かっているけれど、と茶目っ気を交え、「ヴァレンティノのドレスを着て、魔法にかかった気分」とそれを身に着けてとても良い気分であったことをファンへ伝えました。

 モードの世界でモデルが下着を付けないことや、シアーな素材から胸が丸見えになっているのはよくあること。しかし、俳優を本職とするフローレンスのこの投稿には「隠せよ。誰も見たくないんだ」「小さすぎ」「胸よりおなかだよ。おなかを隠した方がいい」「今まで見た中で一番大きな乳首……何で見せびらかしたいんだ?」とフローレンスの身体について、彼女を傷つけるようなコメントが相次ぎました。

 これに対し、「これがハリー・スタイルズとか男ならみんな大喜びするくせに、どうしてこんなにダブルスタンダードなの」「男性がやっていいなら、もちろん私たちもやっていい」「ポルノでなくこれはアートなのに」と主に女性たちの反論も見られましたが、「みんなこれが芸術だとか言ってるが、美術館に行って裸の彫刻を見てみろよ」とさらに攻撃的なコメントもつけられ、収集のつかない状態になりました。

 

 するとフローレンスはこの騒動を受け、胸がよく見える同じドレスを着たカットの写真をさらに数枚投稿。そこに付けたコメントで、「あのすばらしいヴァレンティノのドレスを着たとき、それにコメントされないわけがないって思った。否定的なものでも肯定的なものでも、私たちはみんな自分がやってることが分かっていた」と、攻撃的なコメントが来ることは予測した上でドレスを着用したことを告白。そして「私はあれを着ることにワクワクして、ひとかけらも不安がなかった。着る前も、着ている最中も、着たあとのいまも」とフローレンス自身がどれほどゆるぎない気持ちかを明かしました。

 そして騒動の中心で「男性にとって女性の身体を公然と、誇らしげに、みんな見えるようにしてグチャグチャに壊すことがどんなに簡単なことか」を興味深く見ていたというフローレンス。女性が自身の身体についてあれこれ言われることはこれが最初でも最後でもないとし、フローレンス自身は10代のときにはコンプレックスであった自身の肉体とは「完全に折り合いをつけて」満足していると述べます。

フローレンス・ピュー こちらも似合ってる昨年のヴェルサーチェの同色ドレス(画像はフローレンス・ピューのInstagramから)

 フローレンスは続けて「たくさんの人がどんなに私の“小さな胸”にがっかりしたか、“平らな胸”を恥ずかしく思うべきか、積極的に知らせようとした」とこれまでも多くのボディーシェイミングを受けてきた経験をつづります。しかし彼女が気になることは、「どうしてそんなに胸が怖いのか?」ということだと言います。

 映画業界に入って以来、自分の身体が性的魅力があるかどうか値踏みされるたびに「クソくらえ」とはねのけることが自分の使命だというフローレンスは「分かっているから、あのドレスを着た」と続け、「大人になって。周りを、身体を、全ての女性を、人間を敬って。人生はもっと楽なものになるから。約束するよ」と自身に攻撃的な言葉を投げかけた人へ向けアドバイスを送りました。

 そしてこの長いコメントとともに投稿された写真の3枚目は「1センチの黒っぽい肌が隠れてる方が快適な人のため」と、ドレスのうえから指で乳首を隠したユーモアにあふれるショットも公開しています。

 今回のヴァレンティノのショーは「Valentino Pink PP Collection」とタイトルされ、鮮やかなピンクの衣装が多く目立ちました。デザイナーのピエールパオロ・ピチョーリは米VOGUE誌で、単色使いやピンクを多用した理由を「雑念を取り除き」「色の持つ限定的な意味合い(例えば女の子らしさなど)を覆すため」であると述べています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい