ニュース
» 2022年07月17日 17時00分 公開

「蛙亭」10周年で地元ライブ イワクラ&中野がインタビューで明かした10年の関係性(1/2 ページ)

仰天ハプニングから“切実なお願い”まで。今だからこそお互いに言えること。

[Yuka,ねとらぼ]

 イワクラさんと中野周平さんから成る男女のお笑いコンビ「蛙亭」が10周年を迎え、8月13日にイワクラさんの故郷・宮崎県小林市での凱旋(がいせん)ライブ開催が決定しました。

蛙亭10周年宮崎お笑いライブ イワクラさんの故郷・宮崎県小林市で「蛙亭のハッピーサマーライブ」

 お笑い界のビッグ賞レース「キングオブコント」に2011年から毎年欠かさず出場し、2021年ファイナリストとして一躍名をはせた蛙亭。2015年からは「M1グランプリ」にも毎年出場。イワクラさんのネタに中野さんがアドリブで応じるスタイルで、下ネタをフックに人間の切なさを描く、お笑い界でも異質なネタに年々注目が集まっています。

 今回10周年インタビューに、「10周年なんだなぁ」(中野)「10年やってきた感覚が本当にない」(イワクラ)と実感がまるで湧かない2人。しかし話し出すと息ピッタリの掛け合いで、衝撃のアドリブハプニングや、相方への“切実なお願い”、「IPPONグランプリ」時のそれぞれの思いなど、10年の絆を感じさせる濃いエピソードが続出。宮崎アニバーサリーライブに込めた思いや、大きな節目を迎えた蛙亭のこれからを2人に聞きました。

「目標は今まで通り」「イワクラは垢抜けた」 10年で変わらないこと&変わったこと

蛙亭イワクラと中野、10周年宮崎お笑いライブ 蛙亭。左が中野周平さん、右がイワクラさん

ーー 10周年にあたり、まずは率直な思いを聞かせてください。2人は蛙亭10周年をどのように捉えていますか?

中野 10年という認識はなんとなくありましたが、“10周年”という言いまわしは自分からは湧いてこなかったです。マネージャーさんに「10周年ということで、いろいろやろう」と言われて気付きました。人ごとのような感じでしたね。10年あっという間だった気がします。

イワクラ 1年目の後輩から深々としたあいさつをされますが、私は1年目のときの気持ちからずっと変わっていないので。あっという間に10年たってしまった感じです。時が止まっているけど、10年はたっているんだって。

中野 自分が1年目のときにいた10年目の先輩のようにはなれていないなという。置き換えられない。

イワクラ 当時の10年目の先輩って、すごかったんで。

中野 ジャルジャルさんとか。

イワクラ 比べたときに、あんなにかっこいい先輩ではないなと。同じにならなくてもいいんですけど、ここから頑張っていこうと思いました。

中野 今後また10年、あっという間にたつんだよ。

ーー 決意を新たにされた蛙亭の今の目標は?

イワクラ 目標は今まで通り「キングオブコント」優勝。これまでと変わらず、賞レース優勝が目標です。優勝できたら全国ツアーをして、いっぱいネタを作っていきたい。ネタ番組に都度呼んでもらえるコンビになりたい思いがあります。

 賞レースで決勝に出場して、テレビのお仕事をいただけるようになったことで、過去の優勝者からネタを褒めてもらったり、「こうした方がいいんじゃない」と貴重なアドバイスをもらったりできるようになりました。パワーアップできた感じはあります。今すごくいい環境で、ありがたいです。

中野 ありがたいね。

ーー 周りの環境に助けられながら変化されていると。お互いの印象は10年でどう変化しましたか。

中野 根本的には変わりませんが、当時のイワクラは田舎者丸出しだったので、だいぶ垢抜けたんじゃないかと。性格が変わったわけではなく、いろいろ経験して表情が明るくなりました。仲間内でしゃべるときの雰囲気でさえ変わりましたね。お笑いの人たちは楽屋でもみんなを笑わせようとするので、自分も含めて良い影響を受けました。

イワクラ 中野さんはJRで働いていた社会人で同期に入ってきたので、みんなから「しっかりしている」と思われていましたし、実際にしっかりしていました。

 でも、どんどん「頼りにならないんだな」と気付き出して、最終的に「この人に頼るのはもうやめよう」と。ポンコツとまではいかないですけど、「しっかりしている」のは見せかけだったんだなと。

中野 ポンコツよりたち悪いな! 中途半端!

イワクラ しっかりしていそうで、しっかりしていないところが面白いので、そこを生かしてネタを作ろうと考え方が変わりました。早めに気付けて良かったです。

中野 面白いって言われたら怒れないですよね。ずるいなぁ。

「変な空気に」イワクラ仰天 アドリブだからこそ起きた中野のハプニング

蛙亭イワクラと中野、10周年宮崎お笑いライブ

ーー イワクラさんが考えたネタに、中野さんがアドリブで応じるスタイルを結成当初から一貫していますが、10年間でアドリブならではのハプニングはありましたか?

イワクラ 真っ先に思い付くのがあって(即答)。「ルミネtheよしもと」の舞台で、待ち合わせをしている私の元に、中野さんが「マッチングアプリで出会った変人」として来るネタを披露したときのことです。「出身地どこですか?」「どこどこです」「フフッ、どこやそれ」みたいに、中野さんのアドリブに私が笑うスタイルのネタで。

 最初に私が「もしもし? 今『喫茶店』で、マッチングアプリの人と待ち合わせしてるの」と電話の会話で、お客さんに設定を伝えているんですよ。そこに中野さんが登場して「マッチングアプリの人〜?」って大声で探すんですけど。何を血迷ったのか、登場するや否や、中野さん「ここが『ルミネtheよしもと』か!」って。

 「喫茶店」で待ち合わせしている設定なのに、「ルミネtheよしもと」って! 「え、やば、こいつ」って思いました。会場、めっちゃ変な空気になりました。

中野 (思い出して笑う)。いつも舞台に出るときに「何か1個、新鮮なことやろう」と考えるんです。せっかくルミネだから、ルミネを生かして何か言えるなぁと思って。気付いたらそう言っていて。

イワクラ 「『ルミネの喫茶店』は人が多いなあ」だったら、まだアドリブとして成立するんですけど。

中野 そう! 本当はそういうの言いたかったです! 結局、“イワクラがネタしている「ルミネtheよしもと」に入ってきた変な奴”になっちゃった。

イワクラ ネタ、破綻しちゃって。フォローしようがないんですよ。だって、私が待ち合わせ相手だって、まだ気付いていない状況でやりやがったんで! あれ、怖かったです。お客さん、びっくりしたと思います。

中野 アドリブ、もろ刃の技ですよね……。

ーー でもアドリブのスタイルは、今後も変えないと。

イワクラ (笑顔できっぱり)はい、そうですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい