ニュース
» 2022年08月01日 12時15分 公開

スタローン、「ロッキー」新作スピンオフ構想にまたまた激怒 プロデューサーを罵り盟友ドルフ・ラングレンの背信を嘆く

「金はもらっただろ」と言われ激怒したと明かしていました。

[城川まちね,ねとらぼ]

 米俳優のシルベスター・スタローンが7月30日(現地時間)、Instagramに「ロッキー」(1976年)やスピンオフの「クリード 炎の宿敵」(2018)など、同シリーズプロデューサーのアーウィン・ウィンクラーが作品の権利を独占していることを批判。新たなスピンオフ構想を巡り、盟友ドルフ・ラングレンの背信へ苦言を呈しています。スタローンは18日にも同様の投稿をしており(のちに削除)、同作のフランチャイズにおいて一切の権利を所有していないことを明かしていました。

シルベスター・スタローンが「ロッキー」の権利を要求 スタローンが投稿した風刺画像(画像はシルベスター・スタローンのInstagramから)

 スタローンは「ロッキー4/炎の友情」(1985年)にドルフが演じた役ドラゴをメインにしたスピンオフ作品の計画が進んでいるというニュース記事のスクリーンショットを投稿。「まただ、この94歳の救いようのないプロデューサーと愚かで強欲な2人の息子たちが、俺の作り上げたすばらしいキャラクターを勝手に使用している」と怒りのままにつづると、自身が彼らの思うままにさせていることをファンに謝罪。

 さらに「ドルフにはリスペクトしかないが、俺の預かり知らぬところで、彼のために俺が作り上げたキャラクターに何が起きていたのか、彼からは何も聞いていない。真の友人は黄金より尊いものなのに」と苦言を呈しています。なおドルフは2018年のスピンオフ「クリード 炎の宿敵」でドラゴ役を再演していました。

シルベスター・スタローンが「ロッキー」の権利を要求 スタローンが引用した「ドラゴ」スピンオフ制作を伝えるニュース(画像はシルベスター・スタローンのInstagramから)

 さらにウィンクラーを吸血鬼に例え、ロッキーの首筋に牙を立て血を吸うコラージュをはじめとした風刺画像を投稿。「アーウィン・ウィンクラーとその家族はロッキーを搾取した」「ハリウッドで最も憎まれ、才能がない、老いぼれプロデューサーと臆病なその家族が次の獲物に定めたのは……ドラゴ?」とつづり、あらゆる芸術でこうした搾取は行われて、それにより多くの芸術家が破壊されてきたと主張しています。

シルベスター・スタローンが「ロッキー」の権利を要求 権利を何ももっていないとのこと、現在は削除済みの投稿(画像はシルベスター・スタローンのInstagramから)

 第49回アカデミー作品賞を受賞した「ロッキー」は、当時俳優として苦境にあったスタローンが自ら脚本を書き上げ現在の地位を築くきっかけになった代表作で、スタローン自身が主人公ロッキー・バルボアを演じ、その後シリーズ6作でも主演と脚本を務めています。また「クリード 炎の宿敵」でも脚本を務め、「ロッキー2」「ロッキー3」「ロッキー4」「ロッキー・ザ・ファイナル」では監督としてメガホンを取っており、さまざまな作品に出演してきたスタローンにとっても代表作の1つ。「子どもに何か残したい」という言葉からも、思い入れが強い作品であることがうかがえます。

 スタローンは以前、米VARIETY誌とのインタビューで、自分にロッキーの権利が全くないことを明かしつつ「一言一句、一音節、文法的間違い、全て自分のせいだ」と自分の力不足で同作への権利を得られなかったことを認めつつ、「金をもらったんだから、何の文句がある?」といわれ、激怒したと告白。当時の自分にうまく交渉するだけのビジネスセンスがなかったことへの後悔を語りました。

 18日に公開し後から削除した投稿では、「47年間ロッキーを管理し続けて、いまはクリードも。あなたが“自分の子どもだけに”相続してしまう前に、俺の権利を少しだけでも返してほしい。それが93歳の紳士としてフェアな振る舞いなんじゃないかな?」と切々と訴えていたスタローン。「これは俺にとってつらいテーマで、魂がむしばまれてしまう。だってロッキーの何かを子どもに残してやりたいんだ。忠実なファンたちからの声はいつもうれしいよ。パンチし続けろ」とはっきりとプロデューサーを批判する理由を説明し、ファンへの愛で締めくくりました。

シルベスター・スタローンが「ロッキー」の権利を要求 ロッキー・ホラー・ショー風の投稿も、現在は削除済みの投稿(画像はシルベスター・スタローンのInstagramから)

 また、続けてプロデューサーとその家族と思われる5人の人物がおどろおどろしい様子で血にまみれているアートを「リアル『ロッキー・ホラー・ショー 』へようこそ!」と1975年の傑作B級ホラー映画に掛けた投稿(現在は削除済み)。アート中では1人が「ロッキーの権利」と書かれた巻物のようなものを持っており、スタローンはコメントでアーウィンとその家族全員が「50年近く『ロッキー』シリーズの全てをコントロールして」利益を享受していることを皮肉りながら、「どうぞ召し上がれ! パンチし続けろ!」と結びました。

 さらにスタローンはアーウィンの息子デビッドが出版した回顧録「The Arrangement: A Love Story」について、自分は読書が好きだがこの本は“最悪”と批判。もしアーウィンがいなければロッキーはさらにもう3作は製作されただろうと予測し、2015年に亡くなった同作もう1人のプロデューサーであるロバート・チャートフについては賛辞を送っています。

シルベスター・スタローンが「ロッキー」の権利を要求 血まみれのロッキー、現在は削除済みの投稿(画像はシルベスター・スタローンのInstagramから)

 トレーナーを演じた「クリード チャンプを継ぐ男」(2015年)ではゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞するなど演技面で高評価を得ていたスタローンですが、同シリーズ3作目への出演は辞退したと発表。スタローンが同作のフランチャイズ作品に出演しないのは初めてのことで、その理由を米Metro紙でスタローンは、同作が「別の方向へ向かっている」と述べていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい