ニュース
» 2022年08月04日 12時00分 公開

「使いやすいんじゃないの?」 大河に紅白、引く手あまたの男が自問する“なぜ大泉洋なのか” 「ザ・マスクド・シンガー」S2インタビュー

やりたいことは「お芝居がしたいか笑わせたいか」の2択と大泉さん。

[小西菜穂ねとらぼ]

 いまや北海道のみならず日本でも随一のスターとなった、大泉洋さん。俳優だけでなく、司会、タレントと幅広い活動を継続し、メディアでその顔を見ない日はないほどの売れっ子となりました。

「ザ・マスクド・シンガー」MCの大泉洋 大泉洋さん ヘアメイク:白石義人(ima.)、スタイリスト:九(Yolken)

 2度目の「紅白歌合戦」(NHK)からスタートした2022年、春期には大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)で主人公を食うほどの好演を見せる傍ら、フジテレビ系ドラマ「元彼の遺言状」でも主演。「ぜんぶ大泉のせい」「またしても何も知らない大泉洋さん」といったネットミームもTwitterでトレンド入りの常連となっています。多忙を極める大泉さんは、引く手あまたの理由をどう考えているのか。本人に聞いてみました。

「いたら便利じゃないですか」 売れっ子が自ら分析する抜てきの要因

「ザ・マスクド・シンガー」MCの大泉洋 ヘアメイク:白石義人(ima.)、スタイリスト:九(Yolken)

―― “なぜ大泉洋なのか” ズバリご自身として、引く手あまたの理由をどうお考えですか?

大泉洋(以下、大泉) あはは! どうなんでしょうかね。(長く考えて)確かに収録時期はちょっと忙しかった。いろいろ重なっちゃったなっていうのはありましたけど。自分で言うのもなんですが、使いやすいんじゃないかと思います

一同笑う

大泉 おじさんだけどそんなにうるさくいわないし、いたら便利じゃないですか。「なんかそれなりに盛り上げてくれるだろう」って。

 司会者としては、MC業をたくさんやっているわけではないし、新鮮さがあるのかも。僕自身も司会者としてやっていきたいかというと、そういうわけでもないから自分の立ち位置は気にするところ。「あんまりやりすぎても」という思いもあるんです。

―― 俳優やタレントのお仕事をそれぞれどれくらいのバランスで、という考えはあるのでしょうか?

大泉 特にない。そこは自分の気持ちへ素直にやるしかないのかな。正直に言えば役者をやるには、他の仕事は一切しない方がいいと思うんです。演技を見ているのに、それ以外の面がちらついてしまうこともあるでしょうから。司会をしているときの私とか、バラエティー番組での私とか、どうしたって演じているときには邪魔になる。

 でも、やりたいんですからしょうがない。私はどうしたって人を笑わせたい気持ちがものすごく強い人間で、バラエティーはやめられないだろうし、司会だって僕にとっては笑いの延長。その番組を見た人に笑ってほしい。僕が笑わせたいということではなく、「SONGS」(編注:NHKで放送されている音楽番組)もそうですが、僕とアーティストがからむことによって生まれる笑いが提供できればいい。

―― 根っこにある「笑わせたい」思いは変わらずということでしょうか。

大泉 根っこには、やりたいことが2つ。お芝居がしたいか笑わせたいか。お芝居で笑わせたいのももちろんある。「鎌倉殿の13人」だってコミカルなシーンもあれば、シリアスなシーンもあるわけで。やっぱり根底には笑わせたい思いが常にあるってことですかね。

一声でバレた小林幸子からの反省 シーズン2の参加者たち

「ザ・マスクド・シンガー」MCの大泉洋 ヘアメイク:白石義人(ima.)、スタイリスト:九(Yolken)

 大泉さんにとって最新出演作となる「ザ・マスクド・シンガー」(Prime Video)は、マスクで顔を隠した著名人がパフォーマンスで競い合う一方、視聴者を巻き込みマスクの下の正体を探る音楽ライブエンターテインメント。2021年9月配信のシーズン1に引き続き、8月4日配信開始のシーズン2でもMCを担当する大泉さんは「仕事とはいえ本当に素晴らしいショーを見に行っているような気持ち。またあの番組をやれると楽しみにしていました」と喜びを語っています。

『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2 『ROAD TO THE STAGE』 | Amazonプライムビデオ

―― 大泉さんが考える「ザ・マスクド・シンガー」の楽しさと難しさを教えてください。

大泉 目の前で、お金のかかったステージングで、歌のうまい方々が見事なパフォーマンスを見せてくれる。それを見るのは楽しいの一言に尽きます。

 難しさは、相手がどなたか分からない中で、話を聞いてある程度失礼なことを言っていくのは勇気が要ること。ひょっとしたら大先輩かもしれない。私の場合、笑いの作り方として多少失礼なことをせざるを得ないキャラクターなものですからスリリングでしたね(笑)。

 シーズン1だと一声聞いただけで正体が分かってしまった小林幸子さんとか。分かっているんだけど延々「えーと……」とやらなきゃいけないものだから難しかったですね。(パネリストの)MIYAVIさんも小林さんには困っていて「どうしたらいいんすか?」ってトイレで会ったときによくこぼしていました(笑)

―― お察しします……! シーズン2を一足先に試聴しましたが、どなたかさっぱり分かりませんでした。近くで見ていてどうでしたか?

大泉 圧倒的に(難易度が)上がりました。全く分からないと思います。僕もほとんど分からなかったですから。

 やはりそこはシーズン1の反省を踏まえたんじゃないですかね。歌声に特徴のある方が多かったり、ヒントのVTRでちょっと出しすぎていたりとか。2はグッと難しくなっちゃいましたね。

 シーズン1でマスクドシンガーだった土屋アンナさん、水野美紀さん、小林さんら参加者の心境を分かる方たちがパネリストとして参加しているのも見どころとなっています。「いまシンガーたちはどういう心境なんでしょう?」というのが分かるし、裏話を聞かせてもらえました。

 前シーズンでは話せなかったトーンの話もしているので楽しめるはず。結構文句も噴出するんですよ。「前回よりも待遇が良くないですか?!」「私たちのときにこれはなかった!」という文句も面白い。

―― 英語が堪能な方までいて、国際的な顔ぶれを予想しています。大泉さんが気になる出演者は?

「ザ・マスクド・シンガー」シーズン2 シーズン2の顔ぶれ、さっぱり分かりませんでした

大泉 どの方も本当に素晴らしい。中でもヴィーナスは本当に歌がお上手だったんですけれど、時々僕を誘惑してくるんです。そのつもりはないのかもしれないけれど、彼女と変なところで目が合う気がして。僕はずっと「この人、僕のこと好きなのかな?」と勘違いしながら収録していたので、果たしてヴィーナスは僕を誘惑していたのか、視聴者の皆さんに見ていてほしいですね。僕は勝手にドキドキしていました。あと、スパイダーは僕が昔からファンだった方が中にいたのでびっくりしましたね。

司会とマスクドシンガーの兼任も「あり得る」 今後の展開予想

「ザ・マスクド・シンガー」MCの大泉洋 ヘアメイク:白石義人(ima.)、スタイリスト:九(Yolken)

―― 米国版では司会者がマスクドシンガーに紛れていた展開がありました(※シーズン5)。大泉さんも2021年末の紅白歌合戦や、「SONGS」の山崎育三郎さん出演回で、たびたび歌声を披露されていますよね。米国版と同様に大泉さんが参加者を兼ねるという展開は期待できるのでしょうか?

大泉 へー! なるほど、アメリカじゃ司会者も出たんですね。今シーズンで、あるかもしれませんよ?

 私はやぶさかじゃないです。こうして取材を受けていると、「大泉さんなら何を歌う?」「どんなコスチュームで?」と聞かれますが、その線も捨てきれないものですからあまり言いたくない。いざ出たときにバレるじゃないか! って話になりますからね。

―― 視聴者は大泉さんだと気が付くと思いますか?

大泉 いや、私が出たとしたらバレないようにします。シーズン1で「トレンディエンジェル」の斉藤(司)さんが本業の笑いを捨てて、俳優の水野美紀さんがドカドカ受けていたように、なんとかバレないように出たい。

―― 反対に、もしTEAM NACSのメンバーが出場していたとしたら、大泉さんは気付くでしょうか?

大泉 100%当てられます。これまで散々彼らの歌を聞いていますから。トークの部分は機械で変わっちゃうけれど歌声を聞けば絶対に。明らかに歌声が不安定な連中も結構いるんでね。「この微妙な外し方は!」と。

 ただ、彼らは「歌いたい!」と思っている人たちではないので、出てこないと思う。出てきたらびっくりするでしょうね。

公開情報:『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2

「ザ・マスクド・シンガー」シーズン2 「ザ・マスクド・シンガー」シーズン2

Prime Videoで8月4日20時から独占配信。本編9話。初回3話配信で以降は2話ずつ毎週木曜20時から順次配信


MC 大泉洋が語る!舞台裏 特別映像

『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2 『MC 大泉洋が語る!舞台裏 特別映像』 | Amazonプライムビデオ

プレゼントキャンペーンのお知らせ(終了)

ねとらぼエンタの公式Twitterをフォローし、本記事を告知するツイートをRTしてくださった方の中から抽選で1名に大泉洋さんの直筆サイン入りチェキをプレゼントするキャンペーンを実施します。リプライでの感想もお待ちしています!

Twitterキャンペーン応募方法

(1)ねとらぼエンタ公式Twitterアカウント(@itm_nlabenta)をフォロー

(2)本記事の告知ツイートをRTで応募完了

リプライでの感想もお待ちしています!

注意事項

  • 締切期限は8月18日正午
  • 当選者には編集部よりDMにてご連絡いたします。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください
  • いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処分します
  • ご応募完了時点で、アイティメディアのプライバシーポリシーへご同意いただいたものと致します。応募前に必ずご確認ください

(C)2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」