読む人の“世界を変えてくれる存在”であれば―― DUSTCELLが小説『クロスの行方』& 『独白シネマ』に込めた切実な祈り(1/3 ページ)

「小説は日常に非日常を差し込んでくれる存在」。

» 2022年08月08日 12時00分 公開
[斉藤賢弘ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ボーカルのEMAさん、コンポーザーのMisumiさんによる2人組音楽ユニット「DUSTCELL」。2019年10月の結成以来、YouTube再生回数660万回を突破したデビュー曲「CULT」を皮切りに、「Heaven and Hell」「DERO」「火焔」などの人気曲を次々に発表し、2022年8月末には1stミニアルバム「Hypnotize」リリース、11月にはワンマンライブ「PREPARATION」も予定しています。

 快進撃を続けるユニットの楽曲を基にした「DUSTCELL×小説プロジェクト」もこのたびスタート。新人作家の中村紬さんが「CULT」や「izqnqi」など5曲を基にした小説集『クロスの行方』が7月22日に、「独白」MVを手掛けた映像作家の中絲悠さんが同曲を小説化した長編『独白シネマ』が8月26日に刊行されます。

 感動的なものからサスペンスフルなものまでさまざまなタッチの作品を収めた『クロスの行方』、犯罪絡みのすさんだ日々を生きている大学生・想を巡る奇跡と再生を描き切った『独白シネマ』を通じ、DUSTCELLが持つ幅広い世界観の一端が明らかになります。EMAさんとMisumiさんのお2人に、自分たちの楽曲の小説化へ抱いた率直な思いや、自分たちの活動に与えた影響などを突っ込んで聞いてみました。

『クロスの行方』『独白シネマ』が刊行されるDUSTCELL

「初の作品とは思えない」称賛された小説

―― 今回刊行される『クロスの行方』『独白シネマ』は、「DUSTCELL×小説プロジェクト」を基にして生まれたものだとうかがいました。プロジェクトのきっかけを教えていただけますか?

「DUSTCELL」Misumi(以下、Misumi) まず2021年の頭に、中絲(悠)さんに「独白」のMVの制作をお願いしたとき、企画書がいきなり「小説」の形で上がってきて(笑)。

 こちらが驚いて「今まで小説書いたことあるんですか?」と聞いたら、この作品が初めてだと。読んでみたら「初めて」というクオリティーじゃないなと思う出来で。

「DUSTCELL」EMA(以下、EMA) とにかく面白かったんです。

Misumi 「せっかくだから何か形にできないか」ってことで、小説プロジェクトが始まった形です。

―― 小説初執筆の中絲さんはもちろん、『クロスの行方』を担当した中村紬さんも新人作家ですね。2人を起用したきっかけは何だったのでしょう?

Misumi セカンドアルバム「自白」(2021年10月)のリリースを決めた際、「DUSTCELLの曲って物語と相性がいいんじゃないか?」と考えたんです。楽曲を短編小説にしたものをnoteを使って誰でも読める形にして、楽曲やMVの解釈をより広められたらいいなって。

 そこで、プロジェクトに適任な人を探した結果、中村さんに出会って『クロスの行方』が誕生した、という次第です。

 さっきお話しした中絲さんの小説も、そのタイミングで事務所の方が出版社の担当の方に中絲さんの話をして「独白」のMV企画書の小説を読んでもらったところ、「初めての作品とは思えない」という反応をいただいたそうで

―― 私もあっという間に読了したのでその言葉は分かります!

EMA 今まで読んできた小説と比べて何の違和感もありませんでした。

Misumi もともとは企画書として書かれたものなので、最初はもっと少ない分量だったんです。ただ、「独白」のMVもあれだけ壮大な世界観で作られていたので、長編にトライしていただくことになりました。

曲の“解像度”が小説化で高くなりました

―― ただただ驚きです……。DUSTCELLの楽曲を小説化するにあたって、「命の行方」や「izqnqi」のように元の楽曲やMVの世界と比べて、作者独自の視線がかなり加わったケースもありました。こだわりの楽曲を他者の解釈に預けるのは一見怖いようにも思えますが?

Misumi お2人の書いた小説を読んですごくいいなって。だから不安はなかったですね。

EMA 人に委ねることへの恐怖心よりも、自分たちの作った曲が小説という形で広がっていくことへの興味関心の方が強くて

 「そんなことができるんだ……!」っていう驚きとか、今までやったことがないことに対する新鮮さがあったので、僕としては「ぜひ見たい、読みたい!」っていう思いでした。

―― 「新しい何かを見せてもらえる」ということに対するワクワク感がはるかに勝っていた、ということでしょうか?

EMA 確かにワクワク感の方が大きかったかもしれないです。

Misumi ただ、歌詞の正解はひとつにしたくない思いがあるので、今回の小説以外の解釈が全て間違っているとは思わないでほしいです。解釈のひとつとして小説を読んで、MVを見返して、楽曲の解像度が高くなる体験を楽しんでもらえたらなと

河出書房新社 編集担当 Misumiさんが今お話しした“解像度”という言葉は、読んでくれた皆さんもYouTubeやTwitterで結構使われてましたね。編集した身としてはとってもうれしい反応でした。

EMA みんな同じことを感じていたんですね! MVがより鮮明に頭に入るというか。

―― とても興味深いお話です。小説は基本的には文字のみ、ひるがえって音楽は演奏やMVなどいくつかの要素から構成されるという違いがあります。2冊に接して、自分たちにはない面白さや興味深さを感じた点はありましたか?

Misumi 自分は曲を作るときにまずメロディーを考えて、次に言葉を当てはめていくやり方なんですけど。ある種、制限がすごくかかっているからこそ曲が作れる感覚もあって。

 一方で小説って無限の選択肢がある分、曲作りと比べてとても自由だなって感じます。逆に自由すぎる分、自分にはできないなと。

EMA 僕は『クロスの行方』の「izqnqi」が一番好きなんですけど、MVと歌詞両方から青春サスペンス的なストーリーを作り上げていて。

―― 確かにそういう内容でしたね。

EMA 「あのMVの2人を見て、こんなお話が作れるの!?」みたいな。

 なんだろう……。「MVと歌詞だけでこんなに物語の世界が広がるんだ」っていう驚き。そもそも、あのわずかな要素だけでひとつの物語を作るっていう行為自体にもう驚いてるし、本当に僕らにはできないことなので。

 だから、作品ができたこと自体がもうすごいなって感じです。

Misumi 自分は「命の行方」と「PAIN」が特に好きで。

 自分の曲のテーマとして“それでも生きていく”っていうのがかなり大きい気がしているんですが、小説の「命の行方」の中にも同じメッセージが強く込められていてビックリしたんです。

―― それは、中村さんの訴えたかったことと、Misumiさんが抱き続けていたテーマが意図せずしてリンクしたと?

Misumi そうです。自分が曲を通じて一番伝えたいことって、中村さんには確か話していなかった気がするんですよ。だから、小説という形で不意に伝わってきて、すごく面白かったっていうのがありました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」