ジャスティン・ビーバー「疲弊しきって」ワールドツアー中止を発表 顔面まひのリハビリから復帰した1カ月後(1/2 ページ)

11月には日本公演が迫っているところでした。

» 2022年09月07日 15時10分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 9月6日(現地時間)、カナダのシンガー・ソングライター、ジャスティン・ビーバーが健康上の理由で現在行っている「ジャスティス・ワールド・ツアー」をキャンセルすることを発表しました。ジャスティンは6月に顔面まひを伴うラムゼイハント症候群によりいくつかの北米公演のキャンセルと7月のツアー延期を発表。リハビリを経て、7月31日にツアーを再開していました。

ジャスティン・ビーバーが健康上の問題でツアーをキャンセル ツアーから離れることを告知(画像ジャスティン・ビーバーのInstagramから)

 ジャスティンはInstagramにテキスト画像を投稿し、ファンへ向けてメッセージを発信。「今年初め、僕は顔の一部がまひするラムゼイハント症候群と闘っていることを公表した。この病気でジャスティス・ワールド・ツアーの北米公演を完遂することができなかった。そのあと医師や家族、チームと相談して休養を取り、ツアーを何とか続けるためヨーロッパへ行った」とツアーを延期し、再開するまでのいきさつを報告。そしてツアー再開後、ヨーロッパへ向かい6公演でパフォーマンスしたものの「これは本当に大変だった」と実情を正直に明かしました。

 さらに、この週末にブラジルのリオデジャネイロで開催されるロックフェスティバル「ロック・イン・リオ」に出演。「ブラジルの人々へ僕の全てを捧げた」とのことですが、「ステージを降りたあと、疲弊しきってしまい、今は自分の健康を優先させる必要があると分かった」とまだ本調子でないことを告白。

 そして「差し当たってツアーから離れることにした」とファンに告げ、「大丈夫だと思う。だけど休んで回復するための時間が必要」と自身の現状にどれだけ休息が必要かを説いています。

 続けて、「この“ジャスティス・ワールド・ツアー”のショーとメッセージを世界中に届けられてとても誇りに思ってる」とし、ファンの祈りとサポートに感謝しつつ「みんなを熱烈に愛しているよ」と締めくくりました。

ジャスティン・ビーバーが健康上の問題でツアーをキャンセル ツアーを再開してとても幸せそうな様子だった(画像ジャスティン・ビーバーのInstagramから)

 この投稿にに多くのファンが「愛している」というメッセージで、ジャスティンにただ愛を示すコメントを送りました。「休んで良くなって。私たちは決してあなたから離れないからね」「あなたに何があっても愛している」「健康が第一だよ」と気遣う声や、「日曜日にあなたはブラジルのために祈り、今日はブラジルがあなたのために祈るよ」とジャスティンが限界を感じたというロック・イン・リオに参加したファンからの声も寄せられました。

 一方、「これはヨーロッパのツアーについて? それともすべての公演がキャンセルされて、払い戻しされるの? メールも来ないし、誰も答えてくれない」と連絡が行き渡っておらず、事務手続きの不備を嘆く声なども。「たぶん来ないと思う。3カ月前にキャンセルされたNY公演について、まだ私も連絡を受けてないの」「フィラデルフィアもだよ。娘の誕生日に送ったものだったのに」と共感の声がいくつも寄せられ、このワールド・ツアーを延期しキャンセルすることがどれだけの混乱を招く大事だったかが想像されます。

 また、「あなたが良くなるように祈っています。でも公演前日にキャンセルを発表するのは間違ってる。私はあなたに会いにペルーから来たのに」「交通費やホテルの予約は払い戻しされないよね。この夢に向かってお金を貯めてきたのに」と失望を隠さない声も並びました。

 

 ラムゼイハント症候群を明かした際には顔面まひの様子も動画にはっきりと映し、ファンに真摯(しんし)な姿勢を示したジャスティン。リハビリ後にイタリアで公演を再開させたときは本当にうれしそうな様子を動画に収め、SNSに投稿していました。

 なお、11月には日本公演が予定されており、多くのファンが来日を待ち望んでいるところでした。

9月9日10時2分 追記

 11月に予定していた日本公演については、ジャスティンの決定を受けて公演を運営するAEGXがコメントを発表。日本公演を含む「アジア地区公演については現状予定通り開催の方向」とジャスティンは予定通りの日程で来日することを告知しました。

 ジャスティン・ビーバーはツアーから一旦離れることを決めたとコメントがありました。ジャスティンの一日も早い回復を願うとともに、健康を第一に考えた彼の決断を尊重します。
また彼がツアーに復帰するのが待ちきれません。 ただアジア地区の公演に関しては現状予定通り開催の方向です。
皆様方にはご心配をおかけし申し訳ございません。また進捗があり次第お知らせいたします。

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」