ニュース
» 2022年09月17日 09時00分 公開

オスカー・ビンタ事件から半年 ウィル・スミスへのリアクションが日米で正反対だった理由 米国特有の“ロースト文化”とは(1/2 ページ)

「2人が癒され、話し合い、和解することを心から願う」とジェイダ・ピンケット・スミス。

[Yuki Machidaねとらぼ]

 2023年のオスカーの話へ移りつつある今でも、何かあるとTwitterトレンド入りするほど“終わっていない”感のある、アカデミー賞授賞式でのウィル・スミスによるクリス・ロックへのビンタ事件。直近では、クリスが次回の授賞式司会を打診されたが断ったと発言し、話題となっています。

 授賞式から半年たつ今も、人々が関心を寄せ続けるのはなぜなのでしょうか? 米国在住者の視点から、事件の根深さを振り返り、ウィル、クリス、ジェイダ・ピンケット・スミスという当事者それぞれのヒーリング・プロセス(傷を癒し、立ち直る過程)を追ってみました。

ウィルとジェイダ 仲むつまじいウィルとジェイダ。こちらは事件前の投稿映像(画像はジェイダ・ピンケット・スミス公式Instagramから)

オスカー・ビンタ事件とは?

 念のため、おさらいをすると、オスカー・ビンタ事件とは、2022年3月に開催された第94回アカデミー賞授賞式の壇上で、ウィルが妻ジェイダの短髪をジョークにしたコメディアンのクリスに平手打ちをした事件です。世界中で中継された映画界最高峰の祭典中に起きた出来事で、また当事者は大スターとあり、世界中の人々がさまざまな反応を見せました。

 特に、ジェイダが脱毛症に悩んでいたこと、妻を傷つけられたことへのウィルの怒りなどが理解されてからは、日本ではウィル擁護のムードが高まったように感じます。こうした中、米国ではウィルの行動への厳しい意見が大半でした。

授賞式前のウィルとジェイダ オスカー授賞式前のウィル&ジェイダ。事件はこの後に……(画像はウィル・スミス公式Instagramから)

対照的となった日米の反応 米国ではウィルの行動がアウトだった

 当時の米主要メディアはほぼ全て、「どんな理由であれ、暴力は許されない」というスタンス。あるニュース番組司会者は、「アメリカで子育てをしている親であれば、子どもたちへ常に、感情をコントロールして、絶対人に手を上げるなと言いきかせていると思います。また、特にアメリカでは、有色人種の男性は怒りをコントロールしにくいという長年の先入観に苦しんでいます。だから、長きにわたって愛されてきたウィルのような存在から、このような行動を見せられるのはつらい」とコメントしていました。

 また、オスカーを巡っては、2016年に俳優部門20枠を全て白人俳優が占めたことで「白すぎるオスカー問題」が取り沙汰され、会員構成、授賞式内容、ノミネート条件などにおける多様化が進められてきました。こうした中、2022年の授賞式は、プロデューサー陣をはじめ、有色人種のクリエイターによる制作チームが作り上げたもので、エイミー・シューマー、ワンダ・サイクス、レジーナ・ホールという女性3人が司会を務め、出席者や受賞者の顔ぶれも多様に。

女性3人が司会を務めた2022年のオスカー

 表舞台でも裏舞台でも「リプレゼンテーション(これまで人種や性的マイノリティーとされてきた人々も、人口分布と同じように作品で描かれ、画面に登場すること)」がまた一歩進んだと感じられる式でもありました。進歩が話題になるはずだった式で、最大のニュースが「誰かが誰かを殴った」ことであることが残念でならないという沈痛なコメントもありました。

 とはいえ、クリスの“ジョーク”の選択は無神経なものであり、ウィルの暴力は擁護できなくても、その気持ちに同意する人は多かったはず。多人種国家で常識も考え方もさまざまである米国では、当時も今も、ウィル、クリス、ジェイダ、それぞれの立場に共感し、その後の3人を見守る雰囲気も感じられます。

ウィルの“復帰”への道のり

 あの夜、ウィルが衝動的な行動に出てしまった理由は、「自分ならともかく、家族を傷つけられたこと」。その直後に主演男優賞を受賞した役柄は、テニス界のスター、ウィリアムズ姉妹の伝記映画「ドリーム・プラン」で演じた、ときに常軌を逸した方法ながら娘たちと家族を守り通す父リチャード役でした。しかしそのリチャード本人からも、「自己防衛でない限り、暴力は容認できない」とおとがめを受けることとなりました。

ウィルがオスカーを受賞した作品「ドリーム・プラン」

 事件後、ウィルはInstagramに謝罪文を投稿。自らアカデミー会員を辞任し、その後、賞を主催するアカデミーから10年間の授賞式出席禁止処分を受けました。7月29日には、ネット上の質問に答える形式で謝罪ビデオを公開。自分のやり方は完全に間違っていたこと、クリスに直接の謝罪を申し出たが、まだ話ができていないことなどを説明した上で、クリスの家族、ウィリアムズ一家、裏切ってしまった世界中のファン、晴れ舞台を曇らせてしまったノミニー仲間、自分の家族へ下記の言葉で謝罪しています。

 「私も人間です。過ちを深く後悔していますが、自分を恥じてクズだと思わないように努めています。皆さんを混乱、失望させてしまいましたが、この世界に光と愛と喜びをもたらすために、全身全霊を尽くすことを約束します。皆さんが見放さずにいてくれたら、また友人になれる日が来ると約束します

7月29日に公開されたウィルの謝罪ビデオ

 ウィルは世界的なスターであると同時に、ハリウッド業界内でも信頼されている人気者。米ソニー・ピクチャーズのチェアマン、トム・ロスマンは、今後のウィル起用について問われた際、「ウィル・スミスのことは長年知っている、彼がいい人間だということも。あの事件は、世界中が見守るなか、とてもいい人間が、とても悪い瞬間を迎えてしまった例。彼の謝罪と後悔が真摯(しんし)なものであると信じているし、許しと贖罪(しょくざい)を信じている」と語っています。

喜びと謝罪が入り交じった受賞スピーチ

 また米Appleがカンヌ史上最高額で獲得したウィル主演作「Emancipation」の公開は2023年に延期されましたが、世界中のファンもウィルの復帰を心待ちにしているのではないでしょうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」