ジョニー・デップの“ジャック・スパロウ”再び! 病気と闘う11歳の少年に「YouTubeとかいうやつ」でメッセージ(1/2 ページ)

マーゴット・ロビーの「パイレーツ・オブ・カリビアン」は中止に。

» 2022年12月16日 15時26分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 米俳優ジョニー・デップがシリーズ5作目まで主演した映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウ船長として再び姿を現しました。ジョニーは病気と闘う11歳の少年のため、動画で迫真の演技を見せてくれています。

ジョニー・デップが再びジャック・スパロウとして登場 やっぱりジャック・スパロウ船長ははジョニーにしかできないのか……?(画像はYouTubeから)

 数回の心臓移植と緩和ケアを受ける11歳の“コリ船長”が11月28日に開設したYouTubeチャンネル「Kraken The Box」で12月12日にアップされたのは、ボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュ」がアレンジしたジョニーによるビデオメッセージでした。

 完璧なジャック・スパロウの姿で動画に現れ、「コリ船長、見逃してて申し訳ない。言おうと思ってたんだが、言うの忘れてて、言わなかったんだが、今言った」と酩酊(めいてい)しているようなあの独特のしゃべり方で言い訳したジョニー。「YouTubeチャンネルとかいうやつがこの時代にはあると聞いて、俺はよく理解できないんだが、まあやったっていいだろう」と時代設定もバッチリ順守しています。

慣れないYouTubeで頑張るジャック・スパロウ船長

 また、ジョニー扮(ふん)するジャック・スパロウ船長はこの時代の“YouTubeチャンネルとかいうやつ”について「1つの空間に完全に一緒にいるが、遠く離れている、でも同時にすごく近くにいる状態にもなる、すばらしいエンターテインメントの専門的技術」と述べ、「興味深く、不朽で、奇妙なもの」と評価しています。

 さらにコリ船長のYouTubeチャンネルをフォローすると明言したジャックことジョニーは、この動画の最後を「君の幸運を願ってる。俺は君の一番ファンだよ」と少年へのエールで締めくくりました。

ジョニー・デップが再びジャック・スパロウとして登場 ビデオ通話に苦労するジャック・スパロウ船長(画像はYouTubeから)

 そして14日にアップされた別の動画は、コリ船長とジョニーが今度はビデオ通話をするというもの。ビデオ通話をどうやってするのかわからずソファの下をもぞもぞと探すなどをして、やっと少年を見つけるという細かな演技も織り交ぜたジョニーは、まるで同年代の友人のように親しい会話で少年を楽しませていました。

 “コリ船長”によって公開された一連の動画には、「これが彼のお母さんにとってどんなに大切なことだったかわかるよ」「この体験で、君がさらなる強さと喜びを得られますように」など、少年と母親に対する共感や応援の声が寄せられました。

今度はビデオ電話で友達みたいに

 また、ジョニーには「だから彼のことが好きなんだよ。本当に子どもに対する態度で人柄がわかる」「彼はただ最高の俳優というだけじゃないんだ」と少年に対する行動をたたえる声や、「僕たちの愛するジャック・スパロウ船長の復活を成功させてくれた」とずっと待ち望んできたジョニーのジャック・スパロウが再び見られてうれしいというコメントが殺到。「悪名高いジャック・スパロウを演じた彼の表情がいつも好き。今日は特別すてきだった」「ジョニーはもう一度自分がジャック船長であることを証明していて、ディズニーにはそれを奪うことなんてできない」と、やはりジャック・スパロウはジョニーの役であると主張するコメントが多く寄せられています。

 ジョニーは元配偶者の米俳優アンバー・ハードとのDVを巡る名誉棄損(きそん)裁判が始まってから、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウ役をはじめとするさまざまな仕事を降板。6月に裁判に勝訴した後もなかなかキャリアをもとのようなは軌道に乗せることができないでいました。

 2003年の第1作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」で始まり長期にわたる人気を誇る同シリーズは、2020年にオーストラリアの俳優マーゴット・ロビーが主演するスピンオフ作品の企画が持ち上がっていました。しかし2022年11月の米Vanity Fair紙とのインタビューで、この企画が中止されたことを公表。インタビューでマーゴットは「私たちはずっと前からアイディアがあって、完全にというわけではないけどもっと女性が主役級の、今までとはずいぶん違うストーリーのものを発展させてきたんです」と話し、マーゴットたちは「それをとてもクールだと思っていた」ものの、ディズニー側について「彼らはやりたくなかったみたい」と述べていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評