ニュース
» 2022年12月28日 07時40分 公開

台湾チアがやっぱり熱い! チュンチュンに次ぐ人気、楽天ガールズの"美人お姉さん"YURIを現地インタビュー(1/3 ページ)

台湾プロ野球人気チア投票で毎回上位にランクインするYURI。

[のとほのかねとらぼ]

 北海道日本ハムファイターズのマスコットガール「FIGHTERS GIRL」(ファイターズガール)による「きつねダンス」が、ユーキャン新語・流行語大賞のトップ10入りをする盛り上がりを見せる中、台湾プロ野球のチアリーダーにも熱い注目が集まっています。

YURI 「楽天ガールズ」に所属するYURI。台湾プロ野球人気チア投票で上位にランクインした美人お姉さん

 「中信兄弟」「統一ライオンズ」「富邦ガーディアンズ」「楽天モンキーズ」「味全ドラゴンズ」の5チームで行われている台湾プロ野球。2022年には、台湾の南部・清澄湖棒球場に本拠を置く「台鋼ホークス(台鋼雄鷹)」が加わることが報じられ、14年ぶりに6球団体制となることが話題に。今後の発展に期待が高まっています。

 そんな台湾プロ野球にとって欠かせない存在なのがチアリーダーたち。日本とは異なり、観客に近いスタンドで元気いっぱいにダンスを踊る応援スタイルが特徴的で、台湾プロ野球の名物と言っても過言ではありません。

 2020年には、台湾チアリーダー人気の火付け役とも呼べる「中信兄弟」のチアチーム「Passion Sisters」に所属しているチュンチュンを現地取材したねとらぼ取材班2022年10月13日から大幅な入国条件緩和(在宅隔離ゼロ+自主防疫7日)がされた台湾の地へ再び訪れ、台湾チアの魅力を現地からお届けします。

 第1回目(全3回)は、台湾プロ野球チア「楽天ガールズ」のYURIにインタビュー。台湾プロ野球人気チア投票で、チュンチュンに次いで上位にランクインする人気の美人お姉さんで、9月に日本の主要電子書籍サイトで配信された1st写真集『與你‧YURI:陳怡叡的南島寫真』でも、抜群のスタイルを披露しています。

YURI 1st写真集『與你‧YURI:陳怡叡的南島寫真』

台湾チアリーダー インタビュー特集


台湾でチュンチュンに次ぐ人気 美人お姉さんYURIとは

 もともと歌手やダンサーを目指していたYURI。オーディションを経てチアリーダーとなる人が多い中、スカウトされ、2017年から統一ライオンズの「Uni Girls」、ラミゴモンキーズ(2019年に楽天が買収)の「LamiGirls」と2つのチームを経験し、現在は「楽天ガールズ」のメンバーとして活躍。現地での人気は高く、台湾のケーブルテレビ局「TVBS」が運営しているニュースサイト「TVBS新聞網」によると、7月に台湾の人気SNS「Dcard」内掲示板で行われた台湾チアリーダーの人気投票ではチュンチュンに次ぐ人気を誇っています。

YURI バッサリとカットしたヘアスタイルで登場したYURIさん

――台湾での人気がすごいですね。TVBS新聞網の人気投票結果ではチュンチュンに次ぐ人気を誇っていました。

YURI 最初は、なぜこんなに人気になったのか信じられない気持ちでした。「えっ、私が?」という感じ。でも、だんだん応援してくれている人に自分の成長した姿を見てもらえるように、「もっと頑張らないと」と思うようになりました。

――日本でも台湾チアリーダーがすごく人気なのですが、ご存じですか?

YURI そうなんですね! 知らなかったです。新型コロナウイルス感染拡大前に日本に行ったことがあり、北海道日本ハムファイターズ球団のチアリーダーの方々と交流したことはあります。

――日ハムの「きつねダンス」がすごく人気なんですよ。

YURI (きつねダンスの振付をしながら)「What Does the Fox Say?」っていうやつですか? 台湾でも踊りましたよ! 日本のファンの方にもたくさん見てもらいました。

――台湾チアリーダーの方たちの踊りもすごくすてきでした。日本のチアリーダーにはどんなイメージを持っていますか?

YURI 台湾とは踊りの種類が違って、日本はすごくパワーがあって、エネルギッシュなイメージ。日本のチアリーダーはダンスがすごく上手で、スピードもすごく速い。とてもパワフルですね。

――YURIさんはチアリーダーになって6年目とのことですが、もともとは何をされていましたか?

YURI それまでは、演技指導を受けたり、歌ったり踊ったりしていた練習生でした。そこで自分を表現することを学んだ後、球団からチアリーダーに誘われたんです。普通はチアリーダーになるためのオーディションを行いますが、そのときはすごくラッキーでしたね。

YURI 取材日、日本をイメージしたという私服で現れたYURI

――その後、YURIという名前でチアリーダーになるんですね。

YURI はい。チアリーダーになるときにイングリッシュネームをつける必要があったので、チームに入ってからYURIという名前をつけました。私の中国語の名前「怡叡(Yi-Ruei)」の発音に似ていることが由来です。

――現在は「楽天ガールズ」ですが、その前に2つのチームを経験されています。台湾チアリーダーの世界で移籍はよくあるのですか?

YURI だんだん多くなってきましたね。チームを移籍した理由の1つが、当時の球団は台湾南部の台南にあったのですが、他の仕事は台北だったため、時間的に両立することが難しかったからです。以前のチームを離れるときは、球団のファンの方から残念だと悲しむ声がたくさん挙がっていて、私もとても寂しかったです。

ねとらぼ編集部のためにダンスを披露してくれたYURIさん

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/08/news148.jpg DAIGOの姉・影木栄貴、ノーメイク姿の姉弟ショットで美形ファミリーぶり際立つ 「目元瓜二つ」「すっぴんでも綺麗」
  2. /nl/articles/2312/07/news024.jpg 生まれて間もなく捨てられていた保護子猫が“真っ白なエビフライ”に おなかいっぱい食べられるおうちで過ごす姿に心あたたまる
  3. /nl/articles/2312/08/news124.jpg 元・成宮寛貴ら、豪華メンバー飲み会に“元芸能人”が偶然登場 衝撃の身なりに「都内でこの格好ヤバっ」
  4. /nl/articles/2312/08/news109.jpg 小木博明の妻、52歳のサプライズ誕生日会に「負荷などありましたが嬉しくて」 “母”ら豪華メンバー集結に「みなさんいい笑顔」「ハッピーで最高」
  5. /nl/articles/2312/08/news023.jpg 赤いアロワナ(紅龍)を買ったら色が変化、「もしかして騙された?」と思ったら…… 劇的に変化した理由が興味深い
  6. /nl/articles/2312/05/news021.jpg 柴犬が見つけた瀕死の子猫、最後の力で立ち上がり…… 優しさが救った小さな命が600万再生「感動と感謝です」
  7. /nl/articles/2312/08/news026.jpg 子猫を保護して2週間、最初は警戒していた先住犬たちも…… みんなで団子寝する仲睦まじい姿に「なんて幸せな光景」「愛にあふれてる」
  8. /nl/articles/2312/08/news141.jpg 「感心しまくりでたーくさんGET」 神田うの、“初ZARA”での爆買いに感動「リーズナブルでビックリ」
  9. /nl/articles/2312/08/news147.jpg 寺田心、最新の“細マッチョ”姿に驚きの声が集まる 「体が逆三角形」「筋肉系になっていたとは」
  10. /nl/articles/2312/08/news017.jpg 柴犬、飼い主の「行ってくるね」にジワジワと表情がくもっていき……? 豊かな感情のゆれ動きに「切ない……」「押し寄せてる」
先週の総合アクセスTOP10
  1. オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  5. 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  6. マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  7. 伊藤沙莉、“激痩せ報道”の真相暴露→広瀬アリスの株が上がってしまう 「辱めったらない」告白に「アリスちゃん、ええ人や〜」
  8. 「あなたは日本人?」突然送られてきた不審なLINE、“まさかの撃退方法”に反響 「センス良い」「返しが秀逸」
  9. “鬼ダイエット”で激やせの「Perfume」あ〜ちゃん、念願の姿に「着れる日が来るなんて」と大喜び
  10. 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」