ネズミ、リス、モルモット……意外な違いが面白い アニメーターの観察眼が光るイラスト解説本『げっ歯目のかお』元司書みさきの同人誌レビューノート

作ったきっかけは資料の少なさから。

» 2023年01月29日 12時00分 公開
[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 世の中にはいろいろな記念日がありますが、1月21日は「リスの日」だったそうですよ。特別な日でなくても、小さく愛らしい動物を見るとうれしくなりますね。今回のレビューはリスやネズミなどのげっ歯目の描き方本です。

今回紹介する同人誌

『げっ歯目のかお』A5 52ページ 表紙・本文カラー

著者:Maki


同人誌『げっ歯目のかお』 いろんなお顔集合!

ネズミ、リス、モルモット……げっ歯目動物の頭部の描き方を紹介

 こちらはげっ歯目の、特に頭の部分について詳しく描き方を紹介した同人誌です。ネズミ、リス、モルモットなどに共通するところ、またそれぞれに特徴のある部分を取り上げ、図とともに説明が載っています。アニメーターである作者さんは、げっ歯目を絵に描く資料の少なさを感じて、観察したり調べたりしてこのご本をまとめられたそうです。

 ページを開くと、正面から、横から、後ろから……シルエットや模様まで、いろいろな角度でネズミやリスの頭が次々と描かれています。本文ページもカラーなので、内側の骨格を意識するところなどのポイントが一目で分かるのもうれしいです。

同人誌『げっ歯目のかお』 ポイントが分かりやすく

観察と比較で“らしさ”に迫る

 ご本を読むと、げっ歯目ならではの姿が見えてくるのですが、印象的なのはさまざまなものと比較されている点でした。げっ歯目同士はもちろん、人の顔と比べてみたら? ウサギやハリネズミとはどう違うの? と、その差が絵で示されます。その上で目の位置や歯の生え方など、違って見える理由も添えられるので、漠然としていた“ぼんやりとしたネズミやリスっぽさ”から、げっ歯目らしい姿へと脳内でピントが合ってくる感覚がありました。

 作者さんは「本来絵には正解はない」と、デフォルメや現実と違う姿を選ぶことにも言及されています。それらも選択肢にありながら、“らしさ”をどう描いていくのかを意識的につかみ取ることができるのは、よく見て、違いを認識しているからこそではないでしょうか。

同人誌『げっ歯目のかお』 比べて差を知る

知ることから始まる生き物の重み

 描きたいものがあるときに、その対象の側に行き、質感や感触を知ると、ますます解像度が高くなります。けれどいつでもそれがかなえられるとは限りませんよね。ご本の中でも作者さんが、「人に触られるのを好まない個体もいるのではないか」と書かれているのですが、小さく愛らしくてもかわいい生き物でも、簡単に触って確かめられるわけではありません。 だからと言ってなんとなくぼんやりと“それっぽい生き物”を描き続けるのはもったいないんじゃないかと思えてきました。ポイントを押さえて描くといきいきするなら、そのノウハウを使わない手はない!

 観察の目と、知識の頭と、選択を表すことができる手。それらを維持している方が、こんなにもげっ歯目の頭部に力を注いで生まれたご本。知識を深めることは、二次元の絵に三次元のリアルさ、重さを魅せていくことにつながっていて……描き方の方法の本ですが、生き物を大切に思っていらっしゃるお気持ちが根底に流れているように感じました。

同人誌『げっ歯目のかお』 リスの耳ってもふっとしているんですね。知ってましたか?

サークル情報

サークル名:りすマニア

Twitter:@kroris_maki

Webサイト:https://sites.google.com/view/haphap

入手できる場所:AliceBooks


今週の余談

 頭部だけでこんなに違いが見えてるなんて、というのも今回のご本の驚きでした。同じ分類の個性、とても面白いです。

みさき紹介文

 公共図書館、専門図書館に勤務していた元司書。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」