トム・クルーズ、初のオスカー獲得あるか アカデミー賞候補を徹底解説 変革した部分と変わらないもの【第95回アカデミー賞】(1/3 ページ)

ノミネートの顔ぶれに見る今年の注目ポイント。

» 2023年02月07日 12時00分 公開
[Yuki Machidaねとらぼ]

 2022年に公開された映画を祝する第95回アカデミー賞のノミネーションが現地時間1月24日に発表となりました。ブロックバスター映画から外国語映画、快進撃を続けるインディ映画まで、近年まれに見る幅広い顔ぶれとなり、注目ポイントがいっぱいです。

オスカーノミネート画像 第95回アカデミー賞ノミネート発表の様子 (C)A.M.P.A.S.

ミニ特集連載 「第95回アカデミー賞

作品賞候補はバラエティー豊か

 作品部門で最多11ノミネーションとなったのは、アジア系移民の家族がマルチバースを飛び回り、家族の絆やアイデンディティに向き合う新感覚のSFアドベンチャー映画「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」(3月3日公開)。続く9ノミネーションで並ぶのは、第一次世界大戦の凄惨(せいさん)な戦場を舞台に、若きドイツ兵の成長と壮絶な体験を追ったドイツ映画「西部戦線異状なし」と、アイルランド内戦を時代背景に小さな島の人間関係をえぐるダークコメディードラマ「イ二シェリン島の精霊」です。

映画「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」本予告編

 パンデミック後の映画興行を救った2大ブロックバスター映画として、ジェームズ・キャメロン監督の意欲作「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」(1月末時点の世界興収21億ドル)、トム・クルーズ製作・主演作「トップガン マーヴェリック」(同約15憶ドル)も候補入り。「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が手掛けたエルヴィス・プレスリーのミュージカル伝記映画「エルヴィス」、スティーブン・スピルバーグ監督の自伝的映画「フェイブルマンズ」(3月3日公開)も名を連ね、通好みのラインアップが「一般の映画ファンが知らない作品ばかり」と批判されてきた近年に比べ、興行収入や知名度の高いエンタメ作品が多く候補入りしました。

映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」本予告編

 一方、ケイト・ブランシェット主演で威圧的な著名指揮者の盛衰を描くダークドラマ「TAR ター」、宗教的コミュニティーで抑圧に立ち向かう女性たちを描いた「ウーマン・トーキング 私たちの選択」、スウェーデン人監督リューベン・オストルンドが豪華客船の多様な乗客と乗務員のドラマを容赦なく風刺したカンヌ最高賞受賞作「逆転のトライアングル」(2月23日公開)もノミネート。作品規模からジャンル、テーマ、フィルムメイカーやキャストまで、あらゆる面で多様性にあふれる顔ぶれとなりました。

映画「ウーマン・トーキング 私たちの選択」英語予告編

多部門でアジア勢が大健闘

 多様性という点で2023年のオスカー最大のトピックが、アジア系作品やタレントの躍進です。「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」は、アジア系映画として、2020年のオスカーを席巻した「パラサイト 半地下の家族」と翌年の「ミナリ」の6ノミネーションを大きく上回る11ノミネーションを獲得。作品賞、監督賞、脚本賞などに加え、衣装デザイン賞にはシャーリー・クラタがノミネート。

 俳優部門では、主演女優賞に母役のミシェル・ヨー(アジア人女性初の主演女優賞ノミネート)、助演男優賞に父役のキー・ホイ・クァン、助演女優賞に娘役のステファニー・スーと“家族”全員がノミネートされたのに加え、唯一アジア人以外の主要キャストとして国税庁監査官役を演じたジェイミー・リー・カーティスに64歳にしてキャリア初のオスカー・ノミネートをもたらしました。ちなみに同作は、インディペンデント映画としては大健闘の世界興収1億ドル以上を稼ぎ、商業的にも成功を収めています。

エブエブ家族画像 「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」の“家族”全員がノミネート!(C) 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

 このほか、助演女優賞候補のタイ出身女優ホン・チャウ(「ザ・ホエール」)、長編アニメーション映画部門の監督ドミー・シー(「私ときどきレッサーパンダ」)、脚色部門のカズオ・イシグロ(「生きる-LIVING」)(3月31日公開)、インド映画「RRR」の劇中歌「ナートゥ ナートゥ」が歌曲賞候補となったM・M・キーラヴァーニ&チャンドラボースら、多くの部門でアジア勢がノミネートを果たしました。

歌曲賞ノミネートの映画「RRR」本編映像(魅惑の高速ダンス編)

#OscarsSoMale 監督部門に女性なし

 一方で、多様性の面で後退したと指摘されているのが監督部門に女性監督がノミネートされなかったことです。俳優部門20枠を全て白人俳優が占めたことで「白すぎるオスカー(#OscarsSoWhite)」と批判された2016年になぞらえ、「男ばかりのオスカー(#OscarsSoMale)」という声も上がっています。

 人種・性別・年齢などの多様化においてオスカーは少しずつ前進しており、監督部門では過去2年連続で女性監督がオスカーを獲得(「ノマドランド」のクロエ・ジャオと「パワー・オブ・ザ・ドッグ」のジェーン・カンピオン)。今回も「ウーマン・トーキング 私たちの選択」(2023年初夏公開)のサラ・ポーリー「SHE SAID/シー・セッド その名を暴け」のマリア・シュレイダーらが有力候補とされていましたが、ノミネートはかないませんでした。

映画「SHE SAID/シー・セッド その名を暴け」予告編

 もちろん、これは今回のノミネート監督たちに異議を唱えるものではなく、スティーブン・スピルバーグ(「フェイブルマンズ」)を筆頭に、リューベン・オストルンド(「逆転のトライアングル」)、トッド・フィールド(「TAR ター」)、マーティン・マクドナー(「イ二シェリン島の精霊」)、ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート(「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」)と多様な顔ぶれそろっています。

フェイブルマンズ画像 スティーブン・スピルバーグが監督賞にノミネートされた自伝的映画「フェイブルマンズ」(C)Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

 実際、「#OscarsSoMale」という批判の裏には、5枠しかないアカデミー賞監督部門を男性が占めたということよりも、2022年に興収上位100本の映画に起用された監督111人のうち、女性監督がわずか9%と前年比減となったことへの懸念があります(南カリフォルニア大学アネンバーグ・コミュニケーション・ジャーナリズム学部リサーチによるデータ)。オスカーの舞台だけでなく、映画制作の現場における女性の機会増加は、引き続き、ハリウッドの大きな課題なのです。

クァン! フレイザー! 2023年はカムバックイヤー

 再びポジティブなポイントとして、今回のオスカーには感情を揺さぶるカムバックストーリーがいくつか見られます。その筆頭はなんといっても、「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」で助演男優賞候補となったキー・ホイ・クァン。1980年代に「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」や「グーニーズ」の子役として活躍したものの、「エブリシング〜」の撮影と公開の間には俳優の仕事がひとつも取れず、収入不足で健康保険も失い、絶望していたことを米「ニューヨークタイムズ」紙のインタビューで語っています。同作の成功、賞レースを通じた映画仲間やファンのサポートは、クァンを再びカメラの前で祝することになりました。

キーホイクァン画像 助演男優賞ノミネートのキー・ホイ・クァン(「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」)(C)2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

 一方、主演男優賞候補である「ザ・ホエール」(4月7日公開)のブレンダン・フレイザーは、ヒット作「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」シリーズなどでスターダムに上り詰めながらも健康問題や個人的な事情により、キャリアが中断状態にありました。「ザ・ホエール」では、娘の幸せを願う肥満症の父親役を熱演し、圧巻のカムバックを遂げました。

ブレンダン・フレイザー主演の映画「ザ・ホエール」英語予告編

 2人の演技が素晴らしいことはもちろんですが、オスカー、そしてハリウッド自体が大のカムバックストーリー好きであることを考えると、2人とも各部門の最有力候補となりそうです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」