トム・クルーズ、初のオスカー獲得あるか アカデミー賞候補を徹底解説 変革した部分と変わらないもの【第95回アカデミー賞】(2/3 ページ)

» 2023年02月07日 12時00分 公開
[Yuki Machidaねとらぼ]

トム・クルーズは主演男優賞ならずも作品賞で

 クァンやフレイザーとはスケールや状況が異なるものの、2022年のカムバック・ストーリーを「トップガン マーヴェリック」とトム・クルーズ抜きに語ることはできません。1986年の自身の出世作にして代表作「トップガン」を約35年ぶりによみがえらせたのみならず、自身でアクションを操り当時のファンを熱狂させ、新たなファンを取り込み、何よりパンデミックに苦しんだ世界中の映画館を蘇生させた偉業は、トムの実力と情熱、カリスマの大きさを証明しています。

トムクルーズ画像 映画興行の救世主となった「トップガン マーヴェリック」のトム・クルーズ (C)2022 Paramount Pictures.

 まだ、映画業界に配信が普及する前、1人の名前で興行を稼げる“現代の世界的スター”と呼ばれていたブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、ウィル・スミスが全員オスカーを手にしたなか、唯一まだオスカーを手にしていないのがトム。そのトムが主演男優賞候補入りしなかったことを、今オスカーにおける最大の残念な結果と位置付ける声もありますが、自身が製作を務めた同作は作品賞にノミネートされており、トムには作品賞受賞の可能性が残されています。バラエティー豊かな作品がライバルとして名を連ねる中で「トムにオスカーを!」と望むハリウッド関係者も多く、今後のキャンペーン次第では「トップガン〜」にも受賞チャンスがありそうです。

映画「トップガン マーヴェリック」ファイナル予告

エキサイティングすぎる主演女優部門

 最もエキサイティングな部門として注目を集めているのは主演女優部門。前哨戦では、「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」のミシェル・ヨーがゴールデングローブ賞、「TAR ター」のケイト・ブランシェットが放送映画批評家協会賞をそれぞれ得ていて、オスカーを占う指標とされるアワードを二分しリードしていますが、「フェイブルマンズ」で圧倒的な眩さを放つミシェル・ウィリアムズ「ブロンド」でマリリン・モンロー役を体当たりで演じたアナ・デ・アルマス、今回一番のサプライズノミネーション(詳しくは後述)となった「To Leslie」のアンドレア・ライズボローと、素晴らしい顔ぶれです。

 ヨーは、1月中旬のゴールデングローブ賞授賞式で、アジア人女優として活躍の場を見つけることに苦労したキャリア初期を振り返り、アジア人としても女性としても60歳としても「まだまだこれから!」と感じさせる力強いスピーチが感動的でした。今回のオスカーノミネーション発表後も、米業界紙「デッドライン」に「私のノミネーションによって、全てのアジア系俳優に『ほら見て。彼女にできるなら、私にだってできるはず』と思ってもらえることが、一番意味のあることです。私はとても普通の人間。ただ、とても努力をしています。たくさんの素晴らしい俳優たちに、自分の活躍の場があると知ってほしい」と語っています。

ミシェルヨー画像 主演女優賞ノミネートのミシェル・ヨー(「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」)(C)2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

 同じく有力なのは、アカデミー賞ノミネート歴7回、受賞歴2回のケイト・ブランシェット。「#Me Too」、キャンセル文化、芸術家の苦悩とさまざまなテーマを含んだ「TAR ター」(5月12日公開)で見せた天才指揮者リディア・ター役のブランシェットの表現は、1人の俳優がここまで幅広く奥深い演技ができるのかとため息が出るほどです。

映画「TAR ター」英語予告編

“ライズボロー・サプライズ”を実現したセレブたちの強力なキャンペーンとは?

 そのエキサイティングな主演女優部門で、最大のサプライズノミネーションとなったのが、アルコール依存症と闘い、人生を立て直そうとする主人公を演じた「To Leslie」(日本公開未定)の英国女優アンドレア・ライズボロー。オスカーに向けた賞レースは2022年の秋口に始まりましたが、当初は批評家や業界人の多くが作品名になじみがない状態でした。ノミネート直前まで予測を繰り広げていたアワード専門家たちも、「いったいどこから!?」とライズボローの突然の出現に驚きを隠せない様子です。

映画「To Leslie」英語予告編

 実はこのサプライズの裏には、“同僚”俳優たちによる強力なキャンペーンがありました。パンデミックさ中にわずか19日間で撮影されたという同作が初お目見えしたのは、2022年3月にテキサス州オースティンで行われたサウス・バイ・サウスウエスト映画祭でのこと。その後、同年秋の映画公開時に、米ラジオパーソナリティーのハワード・スターンが自身の番組で同作について語ったことでバズが起こり、シャーリーズ・セロンやリーアム・ニーソン、ジェーン・フォンダ、ローラ・ダーン、キャサリン・キーナー、ジーナ・デイビスら有名俳優がソーシャルメディアで賛辞を贈ったり、ハリウッド各所で試写会を主催したりと強力なサポートを得ました。

 グウィネス・パルトローやデミ・ムーア、コートニー・コックス、エドワード・ノートンらも試写会を開催。ケイト・ウィンスレットとエイミー・アダムスは、ライズボローの質疑応答イベントで司会を務めました。さらには、結果的に主演女優賞候補として肩を並べることになったケイト・ブランシェットまでもが、1月中旬の放送映画批評家協会賞の受賞スピーチで、ライズボローに賛辞を贈ったのです。異例の展開のあまり、米アカデミーがPRキャンペーンにおける規則違反がなかったかを調査する事態にもなりましたが、ライズボローのノミネーションが取り消されることはなく、授賞式までにさらに注目が高まりそうです。

レスリー試写 グウィネス・パルトロウ(右)と「To Leslie」の監督マイケル・モリス(右から2人目)、アンドレア・ライズボロー(左)(画像はグウィネス・パルトロウ公式Instagramから)

アカデミー賞の大切な存在価値

 賞レースと称して芸術作品における勝敗を決めることについては、常に賛否両論があります。それでも、アワードがなければ埋もれていたかもしれないライズボローのような存在に脚光が当たることこそ、アカデミー賞の一番の魅力ではないでしょうか。「To Leslie」の日本公開は本記事執筆時点で未定ですが、今回のノミネーションを受けて世界でどれだけの人が観ることになるのかを想像するとワクワクせずにはいられません。

 第95回アカデミー賞授賞式は、ジミー・キンメルの司会で米現地時間3月12日に開催されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評