「垂れたお尻」「ポルノ行き」“SNSでの悪口”や“裸姿”をドレスに刺繍、伊音楽祭が騒然 ディオール手掛ける(1/2 ページ)

視聴率は62.3%だったとのこと。

» 2023年02月10日 20時45分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 イタリアのサンレモ音楽祭(現地時間2月7日から11日に開催)に登場した、企業家でインフルエンサーのキアラ・フェラーニが着用したドレスが話題に。ディオールによって制作された4着のドレスは、SNSでキアラに向けられた悪口が刺繍(ししゅう)されたものや、裸体が描かれドレスが透けているように見えるものなど、衝撃的な作品ばかりとなっています。

キアラ・フェラーニでSNSのヘイトコメントを刺繍したドレス着用 悪口ドレスで壇上に上がるキアラ(画像はキアラ・フェラーニのInstagramから)

 1着目は、SNSでキアラに対して反感を持つ人々が書き込んだコメントを白のドレスに黒のパールで刺繍した「ヘイト・ドレス」。Instagramでは、ドレスを着ながら挑戦的に中指を立て不敵に笑った写真を公開。「彼女の見た目や身体、そして何よりも女性として、母親として彼女が自由に感じることへの批判」をそのまま着てステージに立つと述べられたドレスに刺繍されたのは、「吐きそう」「おっぱいも整形したらどう?」「じきにポルノ行き」など、開放的な彼女への身もふたもない批判コメントばかり。それらのコメントをスクリーンショットした画像や、後ろを向いたキアラのお尻部分へ「フォトショップじゃん。垂れたお尻がリアル」と受け取った悪口が適所に刺繍されている画像もシェアするという徹底ぶりです。

 次に、“まさか!”とメディアや視聴者が騒然となった「恥知らずのドレス」は、女性の権利、女性身体をどのように扱い見せるかということを自分で決められない問題に対し一石を投じたという作品。

 ベージュのチュールドレスに裸体のだまし絵を刺繍し、まるで透けるドレスが身体にピッタリ張り付いているかのようにバストトップや凹凸、筋肉のラインなどの細かな陰影もリアルに表現されています。歴史上はじめて恥を感じるように仕向けられたイヴを表現しているとしてキアラの着用画の2枚目にはルーカス・クラナッハの「アダムとイヴ」からイヴの絵を投稿し、「暴力と禁忌に苦しむ世界中の女性、自分の身体が恥である、欲望の対象でしかなく罪を誘うといわれている全ての女性たちの声を伝えたい」とその衝撃的なデザインに込められたメッセージを写真とともに投稿しました。

 キアラはこのドレスを着用し、音楽祭の壇上で「ずっとこの先、あなたを誇りに思うと約束する。私がすることは全てあなたのため、私がかつてそうだった少女のためにするのです」とわが子へ向けた手紙を読む形でスピーチも披露しています。

 3枚目となる「鳥かご」は女性が陥りやすいジェンダーの固定観念から新しい世代を解放するという意味が込められており、ラインストーンが刺繍されたジャージー素材のジャンプスーツの上にチュールを張ったパニエを着用。未来の女性である少女に託す希望であり母から娘への願いだというコンセプトであるため、キアラは娘のヴィットーリアと一緒におそろいで着こなしお披露目しました。

キアラ・フェラーニと娘のヴィットーリア キアラがメッセージを送った娘のヴィットーリアとはおそろいのドレス「鳥かご」で(画像はキアラ・フェラーニのInstagramから)

 そして「マニフェスト・ドレス」と名付けられたドレスはブラックドレスに「Pensati libera(自由に考える)」と刺繍されたストールをまとうデザイン。女性が家父長制によって社会に課された役割から自由に踏み出しそうというメッセージが込められており、起業家であるキアラ自身も自分の成功に罪悪感を持たないと決めているといいます。

「マニフェスト・ドレス」を着用するキアラ・フェラーニ 「マニフェスト・ドレス」はストールで主張(キアラ・フェラーニのInstagramから)

 毎年イタリアの総合放送チャンネル「Rai 1」で放送されるサンレモ音楽祭。キアラが登場した第2夜は、ドレスがどのくらい貢献したかは不明ですが1000万人以上が視聴し、視聴率は62.3%だったとのことです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」