宝塚をずっと見てる人って、これが理解できるんか? 星組メガファンタジー「JAGUAR BEAT−ジャガービート−」とは何だったのか(1/2 ページ)

宝塚初心者のライターが現役の“ヅカオタ”に聞きました。

» 2023年02月11日 21時00分 公開
[しげるねとらぼ]

 現在、東京宝塚劇場で上演中の舞台「ディミトリ〜曙光に散る、紫の花〜」「JAGUAR BEAT−ジャガービート−」。2月12日に千秋楽を迎え、ライブ中継も行われるこの2つの演目ですが、Web上ではTwitterを中心に「JAGUAR BEAT−ジャガービート−」の内容が「独特すぎて分からなかった」と話題に。

 宝塚観劇2回目にして、同じく「JAGUAR BEAT−ジャガービート−」の衝撃を浴びたライターが、宝塚ファンにその魅力と解釈を聞きました。

ディミトリ〜曙光に散る、紫の花〜 ポスター 現在東京宝塚劇場で上演中の「ディミトリ〜曙光に散る、紫の花〜」「JAGUAR BEAT−ジャガービート−」(公式サイトより引用)

2度目の宝塚、初めてのメガファンタジー

 昨年、おれは「HiGH&LOW −THE PREQUEL−」と、「Capricciosa(カプリチョーザ)!! −心のままに−」で、初めて宝塚の演劇を見た。これがもう、とても面白かった。あまりに面白かったので、このねとらぼで記事にしたくらいである。

 どうせならこれで終わりにせず、ほかの演目も見てみたい……神戸に住んでるから宝塚まですぐ行けるし……と思っていたところ、Twitterから出現した宝塚のオタクの人のお世話で、2回目の観劇のチケットがゲットできてしまった。その演目が星組公演「ディミトリ〜曙光に散る、紫の花〜」そして「JAGUAR BEAT−ジャガービート−(以下ジャガビー)」である。

 というわけで、昨年11月におれは再度宝塚の地を踏み、そして2本の演目を見た。「ディミトリ」は大変面白かった。「全然知らんけど、多分宝塚ってこういう悲恋というか、悲しくて美しい話が得意なんだろうな〜」というイメージ通りの内容。そこに12世紀のジョージアという大国間で振り回された国家の歴史がまざり、観劇2回目の自分でも全然面白く見られた。半ば人質としてジョージアに身を寄せているにもかかわらず、戦の中で愛する妻と国のため命をかける主人公ディミトリの一本気さはすごい。が、さらに印象的だったのは舞空瞳さん演じる女王ルスダンである。

 舞台が始まった直後のルスダンはキャピキャピしたプリンセスなのだが、母国ジョージアが戦乱に巻き込まれ、さらに諸事情あってめちゃくちゃ大変な時期に王位を継ぐことになってしまう。このキャピキャピしたプリンセスから覚悟を決めた戦時の女王への変化が、ものすごく上手かつシームレスに演じ分けられており、素直に「すげ〜!」と思ってしまった。見た目はキュートなままなのに、女王としての立場に立たされてからの毅然とした貫禄がすごいんである。いや、ほんと面白かったんですよ、「ディミトリ」は。

 しかし、困惑したのはジャガビーの方である。「ビッビッビッ! ビーッビッビッ!!」「マジ! マジ! マジック!」みたいなフレーズが延々と続く歌詞に「え!?」「何が!?」と戸惑い、壮大であることは理解できるものの具体的に何が起こっているのかよくわからない舞台上の出来事に唖然とし、突然出てくるルーレットや拳銃に呆然とし、昭和のパチンコ屋のような電飾と圧倒的な光量で光りまくる巨大な階段に目をやられた。なんであんなに「JAGUAR BEAT」の文字が出たり入ったりしてたんだ……?

 「わかんねえ〜」と思って宝塚歌劇の公式Webサイトを見ても、そこに書かれている作品のストーリーの文章が「名もない星のジャングルで生まれたJAGUARは、美しいCRYSTAL BIRDに恋をし、彼女に誘われて未知なる世界への旅に出る…。JAGUARに扮する礼真琴を中心とした星組生達の様々な魅力を、パワフルなビートで綴るメガファンタジー」という感じである。JAGUARが……? 旅に……? メガファンタジー……? ハテ……?? 宝塚をずっと見てる人って、これで内容が理解できるんか??

 というわけで、ジャガビーがあまりにもわからなかったので、今回はおれの希望で宝塚のファンのお2人をお招きし、完全初心者の不躾質問をぶつけまくらせてもらった。果たしてジャガビーとはなんだったのか。おれが勝手に辿り着いた結論まで、気が向いたら辿り着いてみていただきたい。

ジャガビーについて話をしにきてくれた二人のプロフィール

モモンガさん:宝塚が100周年を迎えていた2014年から、ほぼ10年にわたって観劇を続けているヅカオタ。元々サークルでミュージカルなどを演じていた経験もあり、宝塚の過剰さにロマンを感じてそのままハマる。現在は主に雪組を中心に公演を追っており、ジャガビーの作・演出を手がけた齋藤吉正氏のショーのファンでもある。

まうすさん:元々は某ビジュアル系バンドの追っかけをしていたが、好きなバンドマンが引退してしまって無趣味に。そんな中、好きな漫画の『シティーハンター』を宝塚がミュージカル化すると知り、鑑賞。同時公演のショー「Fire Fever!」の内容がよくわからず「もう一度見て確認しよう」とチケットを追加して鑑賞したところ、ムチャクチャ顔が好きなタカラジェンヌを発見してしまい、一気にハマる。演者ありきで観劇するスタイルのヅカオタ。


ジャングルの脱構築!? ファンでもわからなかった「ジャガビー」

──まずお二人にお聞きしたいんですが、正直ジャガビーってどうでした?

モモンガなんか「元気なヨシマサ」というか、大変齋藤先生(※)らしいショーだなっていう感じです。初日の後でTwitterがざわついてたんでかなり身構えて見たんですけど、いつものヨシマサにプラスして「今の星組はあんなこともこんなこともできるから、全部詰め込んじゃえ!」という気持ちが溢れすぎてましたね。だからジャガビーは突然変異的な内容というよりは、今までもあった要素がさらに過剰に詰め込まれていた……という感じです。

※「ジャガビー」の作・演出を手掛ける、宝塚歌劇団所属の演出家・齋藤吉正さん。宝塚ファンからの愛称は「サイトー」

まうす正直、自分はけっこう「わからんな……?」ってなりました。ジャガビーって一本通してストーリーがあったじゃないですか。クリスタルバードが羽をもがれて……みたいな。場面ごとになんとなくストーリーがある形式のショーは慣れてたんですけど、全体を通して話を追う形式って初めてだったんで、なんとかストーリーを理解しようとして「今羽がとれたけど、このあと何が起きるんだろう」っていう感じで見てしまって、結局「わからん……」となりました。ショーって基本、カッコよければオッケーみたいな、考えるより感じろというものだと思っていたんで、そこで若干の混乱がありました。

──やっぱり多少は混乱しますよね……。公式サイトの説明もなんか雲をつかむようなことが書いてあって、「メガファンタジーとは……?」と考え込んでしまって……。

モモンガショーに関して公式の説明文がいまいちよくわからないことはよくあるんですが、わからなさというか「何を言ってるんだ?」度合いでいえば今回のはかなりのものでしたね。ただ、ストーリー仕立てっぽいショー自体はたまにあるんですよ。「失われた宝石を求めて旅に出て……」みたいな。ですが、コンセプトというか「今回はこの国のこの音楽をモチーフにしよう」「この言葉をテーマにしよう」みたいなのがまずあって、モチーフやテーマの魅力を場面ごとに伝えるというのがスタンダードなショーなので、ジャガビーはやっぱり異色作ではあります。

──あまりによくわからなかったので『歌劇』(宝塚歌劇団の月刊機関誌)を買って、齋藤先生や他の出演者の方のインタビューを読んでみたんですよ。そしたらデヴィッド・ボウイの「ジギー・スターダスト(※)」が発想の一端にあると齋藤先生が言ってて。確かに公式サイトの説明を最初に読んだときは「グラムロック的なロックミュージカルみたいな感じなのかな」と思ってたんですけど、でもそれにしては光りすぎだったんですよ、全てが。なんかもう昭和のパチンコ屋みたいだったじゃないですか。なのにプログラム見たら「あの電飾はジャングルだ」って書いてあるし。

※異星から来たロックスターの成功から没落までを描くコンセプトアルバム。1972年発売。

モモンガそうですよね……今改めて、本当に「光りすぎだよな」と思いました。まあ、あれはジャングルの脱構築ですよね。ジャングルという概念の……猥雑さや乱雑さを……現代? いや現代か? 近未来でもないな? まぁそういう今ここではない時代で……再構築した……みたいな……。

──モモンガさんも途中からよくわかんなくなってるじゃないですか。

モモンガなんせメガファンタジーなので……。私も完全に理解できたわけではなくて、「なんかわかんねえな〜! ワハハ!」みたいな気持ちなんです……!

まうす「ジギー・スターダスト」的なグラムロック要素というと、THE YELLOW MONKEYの「ROCK STAR」で補ってるのかなという感じはしましたね。

──確かに、最初の方で歌ってましたね。

まうすあの曲が入っているアルバムってコンセプトがあって、「戦死した男が恋人の魂を探して彷徨う」みたいなストーリー仕立てになってるんです。だから、クリスタルバードがいきなりメガファンタジー感のない死に方をしたのも、ちょっと関係あるのかなと思ってて……。

──いきなり生々しい拳銃が出てきて、撃ち殺されてましたもんね。あそこは急にリアルになってました。

まうすですよね。撃たれて死んで、天国で再会した……みたいなデュエットダンスがいきなり挟まったんで、「おぉん!?」と思ったんですけど、ただそこにメガファンタジーが加わって何も読み取れなくなってしまった……。

THE YELLOW MONKEYの「ROCK STAR」。収録アルバムは「jaguar hard pain 1944-1994」と「ジャガー」つながりです
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」