仏セザール賞壇上に環境活動家が侵入 司会者が笑った写真に“嘲笑”と批判され抗議「操り人形にされるのは不愉快」

生放送は一時中断。

» 2023年02月28日 18時07分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 2月24日(現地時間)に開催された仏映画賞のセザール賞授賞式で、環境活動家の女性が壇上にあがり気候変動の危機を訴え、賞が一時中断される事態が発生。その際に撮影された、司会の仏俳優レア・ドリュッケールと仏コメディアンのアハメド・シラが場を取り繕おうと活動家の横で笑顔を浮かべた写真が切り取られ、「嘲笑(ちょうしょう)している」と批判されたことに、レアは27日、自身のInstagramで反論しました。

セザール賞壇上へあがる環境活動家と司会のレア・ドリュッケール、アハメド・シラ 表情が対照的な司会と活動家の写真(画像はレア・ドリュッケールのInstagramから)

 壇上で「あと761日しかない」と書かれたTシャツを身に着け真剣な表情をする活動家の横で、レアは不自然なまでに歯をむき出して笑う司会2人の写真を投稿。この写真によって自身とアハメドは「危険に気付かない人」として描かれた風刺画のように使われているとして、長いコメントを添えました。

 レアは、「私たちの笑いは困惑によるもので、嘲笑しようとしたものではありません。自分が困った状況に陥ったことを分かっているけど、不安を視聴者や会場に伝えたくないという笑いです」と動揺して笑うしかなかったことを説明。そして「みんなに楽しい時間を過ごしてもらおうとしていたとき、予想外のパニックに陥ること」と自分たちの立場へ想像力を働かせることを促し、「誰でも操り人形にされるのは不愉快なもの」だと、事実を確認せずにこの1シーンを切り取って使われることへの不当性を主張しました。

 今回壇上にあがった女性は環境保護団体「デルニエール・レノヴァシオン」のメンバーで、彼女が登場してしばらくすると、授賞式を生放送していた仏テレビ局Canal+は放送を一時中断。この判断にも多くの批判が集中しました。

 レアもコメントの中でこの判断が間違っていたとし「生放送が再開されたとき、視聴者は何が起こっていたのか、そして何が主張された行為だったのか知らされるべきでした。アハメドも私も、ニーナ(※壇上にあがった活動家)が何を守ってきたのか知らされなければいけなかった」と述べています。

 放送が中断されたあと、レアが活動家の女性に何か言いたいことがあるか聞くと、彼女はないと答えたとのこと。そして「彼女は私の目の前で横たわり、警備員に舞台裏へ連れていかれました」と壇上で起こったことを明かし、「もちろん私は気候変動の緊急性をわかっていますし、地球と子どもたちの未来を心配しています」と環境問題に対して無関心ではないことを伝えました。

 さらにセザール賞授賞式は、エンターテインメント性を残しながらもウクライナで行われている残虐行為やイラン現政権による不正など、政治的な主張も可能であるとし、しかし受賞者たちは女性への暴力や男女間の不平等、差別について語るが誰も環境問題については語っていないと指摘。それがどうしてなのか思考を巡らせている旨を述べています。

セザール賞壇上へあがった環境活動家 警備員に連れていかれる活動家の女性(画像はデルニエール・レノヴァシオンのInstagramから)

 このレアのコメントには、ともに司会を務めやはり批判にさらされたアハメドが「今回のこと君と分かち合えてとても誇らしいよ、レア」と賛同。仏作家で活動家のシリル・ディオンは「ありがとう。あなたたち2人に迷惑がかかってしまって残念。とても不快なことです」としながらレアのコメントが議論を発展させるとして感謝を述べています。

 また一般の視聴者からは「放送がカットされたことが問題なのであって、あなたたちの反応は問題ではありませんよ」と2人への批判は的はずれとする声や、「私たちは何年も前から気候変動をストップさせるためのデモを行ってますけど」と環境活動へは行動が起こされていないとするレアの意見は無知であるという声、さらに「国民に罪の意識を植え付けることには賛成できない。気候へ劇的な悪影響を与えるのは富裕層や政治家です」など、もっと大きな組織に訴えるべきだとする声が寄せられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」