「インド映画にも出ようかな」 大和田伸也、70代でゲーム実況動画デビューできた“挑戦し続けるコツ”私の人生が動いた瞬間(2/2 ページ)

» 2023年03月08日 08時00分 公開
[のとほのかねとらぼ]
前のページへ 1|2       

自分を打破するきっかけになった高倉健の言葉

――大和田さんは、長いキャリアの中で不安や挫折をしたことはありますか?

大和田 僕は、NHK連続テレビ小説「藍より青く」(1972年)で国民的なブレイクをした後、いろいろな作品の主役を多くいただくようになったのですが、どれもそのときのイメージを引っ張っているような、誠実な日本青年の役だったんです。

 僕は、そういう似たような役ばかりをやるのではなくて、もっといろいろな役に挑戦したい。役者として、これからどんな成長をしていこうか、どうしたら自分を打破できるか悩んだことがあるんです。

大和田伸也 朝ドラで国民的なブレイク。そんな大和田さんが「カムカムエヴリバディ」でヒロインのおじいちゃん役に

――試行錯誤されていたんですね。

大和田 そんなときに昔から大ファンの高倉健さんが東映を退社されて、映画「君よ憤怒の河を渉れ」(1976年)を作られるというので、健さんと一緒に映画をやりたいと思ってですね、マネージャーを通さず自分で映画会社まで行って、プロデューサーと監督にお会いしたんですよ。

 そこで、監督が台本を持ってきて、<老刑事>と書いてあるところを消して、<若い刑事>にしてくださって、出演することになったんです。

――その場で変更されたんですか。すごいですね

大和田 そのとき健さんに「僕は、木であったら枝葉のようにいろんな役をやっていきたい」という話をしたんです。そうしたら健さんから、「伸也さん、役者っていうのは、枝葉だけをやろうと思ってもできない。大きな幹になりなさい。全てを、内包するような、大きな幹になりなさい」と教えていただいたんです。

 そこでハッと気が付いて、俳優だけではなく人間としても大きな幹になろうと、そこからはいろいろやりましたね。今思えば、朝ドラのヒロインの相手役でブレイクしたけど、「カムカムエヴリバディ」(※)ではヒロインのおじいちゃんの役までやって、ひとつの終結かなと思ったくらいでした。もういいやと思ったくらいうれしかったですね。

※カムカムエヴリバディ: 2021年11月から2022年4月まで放送された連続テレビ小説第105作。大和田さんは、御菓子司「たちばな」の創業者で、ヒロイン・橘安子(上白石萌音さん)の祖父・橘杵太郎役を演じた。

――大和田さんがいろいろなことに挑戦されているのは、健さんのそのお言葉がきっかけだったりするのでしょうか?

大和田 あぁ、そうかもしれないね。もともと好奇心が旺盛ということもあるかもしれませんが、舞台の演出をしたり、映画をつくったり、「ライオンキング」で声優をやったり、オペラまでやっちゃったしね。そういうのを、大変だなというよりも、全部ワクワクしながらやっていたんです。

 もちろん、大変なこともたくさんあります。オペラなんかはドイツ語を覚えるところから始めないといけませんし。でも、好奇心で満たされるのが楽しいですよ。

大和田伸也 70歳を過ぎてからオペラも始めました

――「ぐるナイ」で金髪にされたのも好奇心からですか……?

大和田 金髪は1回やってみたいと思っていたんですよ。そうしたら、外国の俳優さんみたいだって言ってくださる人もいてね、僕も自分の姿を見てびっくりしましたけど、「以外と似合うじゃん」と思ってね(笑)。

――バラエティーにもたくさん出演されていましたよね。特に、「絶対に笑ってはいけない新聞社24時」でのシーンは、世代的にすごく刺さっています。

大和田 バラエティーはもともと、「何か面白いことを言わなければ」と思って苦手意識があったのですが、「環境野郎Dチーム」(※)のプロデューサーが「大和田さんは面白いことを言おうとしなくていいんです。そのまま、自然に発する言葉が面白いんだ」と言ってくださってから、自然体で楽しくやれています。言われるがままにね(笑)。

※環境野郎Dチーム: 2007年4月〜9月までフジテレビ系列で毎週月曜深夜に放送されていた情報バラエティー番組。60歳前後の俳優たちが出演し、「環境問題」をテーマにさまざまな問題を討論し、コントも披露するシュールな演出が特徴的。

まだまだやりたいことはたくさんある 「インド映画にも出ようかな(笑)」

――新しいことに挑戦し続けるコツはありますか?

大和田 僕は20代から色紙などを頼まれたとき、夢と情熱という言葉を必ず書くんです。大きな夢じゃなくたっていいです。情熱を傾けることが大事で、それがあれば、夢が大きくても小さくてもかなわなくても、それがある限り、年齢は関係なくその人の青春は続くという考えでずっと生きてきたんです。それを続けていれば楽しくやっていけるんじゃないかな。

 僕は基本いろいろなことに興味があるから、まだまだ挑戦したりないことがたくさんありますよ。

――現在挑戦したいと思っていることはありますか?

大和田 若いころから外国映画に出演したいという思いはずっとあります。ドイツ映画とか中国映画にも出たことありますし、まだまだアメリカ映画にも出たい。インド映画にも出ようかな(笑)。

――インド映画! 躍りますか!

大和田 躍りましょうかね(笑)。そうやって、自分が面白いと思うものを見つけて、そう感じたのならやってみるということが大事なんじゃないですかね。年齢関係なく新しいことにチャレンジしていくということは、そういうことなんじゃないかな。

大和田伸也 キレキレのダンスを踊る大和田さんを楽しみにしています

取材協力

アソビバ Toys Cafe STUDIOKENSUKE

大和田伸也 大和田さんと健介さん、健介さんの奥様・はすみさんとの3ショット

住所:神奈川県横浜市港北区新横浜3-16-15 磯栄ビル新横浜 4F B

営業時間:13:30〜17:30

※営業日については、店舗ホームページやTwitterでご確認ください。

大和田伸也 大和田伸也 大和田伸也 大和田伸也 大和田伸也 大和田伸也 大和田伸也 大和田伸也
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」