ニュース
» 2023年05月30日 06時30分 公開

ピンク・フロイド創設メンバー、ナチス風衣装でパフォーマンスし独警察が捜査 「悪意」であり「中傷」と反論

ロジャー・ウォーターズに批判の声が集まっています。

[城川まちねねとらぼ]

 英ロックバンド「ピンク・フロイド」創立メンバーの1人、ロジャー・ウォーターズが独ベルリンで行ったコンサート中、ナチスの親衛隊(SS)に似た衣装を着るなどしたことで多くの批判にさらされています。ロジャーはベルリン警察当局までが動く事態となった今回の騒動を受け、5月26日にSNS上で声明を出しこれらの批判を「悪意」であると訴えました。

元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズがナチス風の衣装着用で物議 ナチスのようとされた衣装を着るロジャーと、ダビデの星が刻まれた豚(画像はYouTubeから)

 「最近私がベルリンで行ったパフォーマンスは、私の政治的見解や道徳的規範に反対するために、私を中傷し黙らせたい人からの悪意を引き寄せています」と、今回自身へ向けられた批判は「悪意」であり、「中傷」し「黙らせること」が目的だとロジャー。問題となった自身のパフォーマンスは「あらゆる形態のファシズム、不正義、偏狭に反対する声明であることは明らか」であるとし、これらを別のものとして捉えようとすることは「不誠実で、政治的な動機に基づいている」としています。また、「1980年のピンク・フロイド『ザ・ウォール』以来、狂気のファシストである扇動政治家を描写することが私のショーでは特徴的」と長年続けてきたショーの特色にすぎないと述べました。

 さらにロジャーは自身が人生をかけて「権威主義や虐待を目にすれば、声をあげてきた」と明言。「戦後まだ子どもだった頃、わが家ではアンネ・フランクの名前をよく耳にしました。そして彼女はファシズムが野放しにされると何が起こるかを永遠に思い起こさせる存在となったのです」と、コンサート内で侮辱していると批判されたアンネ・フランクに敬意を抱いていることを説明し、「私の両親は第二次世界大戦でナチスと戦い、父は究極の犠牲を払いました」と自身の生い立ちに言及。ロジャーの父親は第二次世界大戦中、ロジャーが5カ月のときイタリアで戦死しており、それが自身の音楽性に強く影響していることもこれまでに何度も明かされてきました。

元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズがナチス風の衣装着用で物議 問題となった衣装(画像はイスラエル外務省のInstagramから)

 ロジャーはベルリンでのコンサート中「ナチスの鉤(かぎ)十字に似たシンボルが刻まれた赤い腕章と黒いコートを着用する」「観客に銃を向ける動作をする」「スクリーンにホロコーストの犠牲者アンネ・フランクの名前を映し出す」「会場内をダビデの星などが描かれた作り物の豚を飛ばす演出をする」といったことが問題視され、多くの批判が集中しました。

 24日にはイスラエル外務省がSNSで、問題となった衣装を身に着けステージに立つロジャーと、スクリーンに「アンネ・フランク」の名前が映し出された2枚の写真を投稿。「ベルリン(そう、ベルリン)での夜をアンネ・フランクとホロコーストで殺された600万人のユダヤ人の記憶を冒とくすることに費やしたロジャー・ウォーターズ以外のみなさん、おはようございます」と強い怒りをにじませるコメントを添えています。

 これらの事態を受け、ベルリン警察当局は26日、「ステージで着用した衣装がナチズムを美化あるいは正当化して公共の秩序を乱す恐れがあり、憎悪を扇動する疑いがある」としてベルリンでのコンサートに関して捜査開始したと発表しました。

元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズがナチス風の衣装着用で物議 アンネ・フランクの名前がスクリーンに(画像はイスラエル外務省のInstagramから)

 ロジャーのコンサートでの演出を非難する声はSNSにあふれかえり、「何てことだ。ユダヤ人のピンク・フロイドファンを失望させた」「ロジャー・ウォーターズは偏屈でユダヤ人嫌いの横暴な男」「被害者の声に耳を傾けて。自分勝手な扇動をやめて」などと、嫌悪感をあらわにするコメントが多く寄せられています。

 一方、ロジャーの出した声明に対しては、「どうしてこんなことが話題になるんだろう? 何十年ものあいだ、抑圧や虐待に対して声を上げてきたアーティストの作品だよ」「まず彼らは『ザ・ウォール』さえ見たことがないんだろう」「あなたのアートを知っている者たちは、あなたのことを理解していますよ」などとピンク・フロイドやロジャーの作品を愛しよく知るファンからの擁護するコメントが並んでいます。

コンサートの

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」