子猫を拾った高校生娘、「家を傷つけるから」大反対の母を“来客作戦”で丸めこみ…… アクシデントてんこ盛りな思い出にほっこり

「ペットロスとの寄り添い方」第10回は猫・蔵之介くんです。

» 2023年06月09日 20時30分 公開
[あだちまる子ねとらぼ]

 多くの飼い主が一緒に暮らす動物を“大切な家族の一員”として捉え、人生をともに歩んでいます。動物と暮らした時間は長くとも短くとも、深い愛情を持って接した分、飼い主にとって人生のかけがえのない一部となり、別れは深い悲しみとなって心身に押し寄せます。

 愛する動物との死別による喪失感や混乱、後悔など、抱えきれないほどの悲しみによって心身が不安定になる状態を指す「ペットロス」「ペットロス症候群」。2023年、20歳〜69歳のペットを飼っているまたは飼育経験がある391人を対象に実施された「ペットロス」に関する調査では、「約8割が『ペットロス』という言葉を見聞きしており、約4割が実際に経験している」と発表されています(サンセルモsorae調べ)。

 飼い主にとって非常につらい経験となり、カウンセリングを要するケースもあることから、「ペットロス」「ペットロス症候群」は今、メンタルヘルス上の大きな課題として多くの人が向き合っています。動物とのこれまでの日々を忘れたり、死を乗り越えたりすることはできないかもしれませんが、時間の経過とともに受け入れ、いつかふと思い出したときにあたたかい涙がこぼれるような“寄り添い方”はあるはずです。

ペットロス 第10回は飼い主・主スさん/猫「蔵之介」くん

 そこでねとらぼ生物部では「ペットロスとの寄り添い方」をテーマに、読者にアンケートを実施。寄せられたさまざまなエピソードから、愛する動物との思い出や別れ、当時の心境や救われた出来事をご紹介していきます。現在動物と暮らしている人や、悲しみの渦中にいる人に寄り添うヒントとなれば幸いです。

第10回 飼い主・主ス(553cat)さん/猫「蔵之介」くん

―― 蔵之介くんのプロフィールと出会い、思い出や印象的なエピソードを教えてください

主ス:高校生のときに近所で拾いました。家族が何度か見かけていて、「拾いたいな」と思った私は猫缶を買い、次に見かけたらゲットしようと備えていました。ある日、部活に行ったはずの妹が「あの子猫がいるから捕まえて!」と大急ぎで帰ってきました。私は猫缶を持って現場へ急行し、無事子猫をゲットしました。

猫 子猫のころの蔵之介くん

 母は「畳や障子を傷つけるから」という理由で猫の飼育に大反対でした。しかし私はどうしても蔵之介を家族として迎えたかったため、来客対応中の母に「この子すごく弱ってるから病院に連れて行きたい」と言って蔵之介を見せました。

 来客の前で「捨ててこい」とは言えないだろうと考えたからです(笑)。この作戦は大成功し、蔵之介を無事迎えることができました。

蔵之介くんとの出会いをまとめた動画

 蔵之介の印象的なエピソードは「ノミ事件」です。お迎え当初の夜、ケージに入れるとニャーニャーと鳴いて全然寝てくれず、抱き上げて膝に乗せると鳴きやんだので、私は毎日蔵之介を膝に乗せ、椅子に座ったまま寝ていました。

 すると、蔵之介の体にノミがたくさん付いていたらしく、私の膝からおなかにかけて大量にノミに刺されてしまい、ひどい目にあいました(笑)。ちなみにその後、動物病院で駆虫薬をもらって解決しました。

膝に乗る猫 ノミ事件、かゆそう……!

 蔵之介の嫉妬がすごかったことも印象に残っています。蔵之介を迎えたあとに猫を拾ったのですが、別の部屋から拾った猫の鳴き声が聞こえただけで蔵之介が嘔吐!

 その後、蔵之介は怒って机の下から出てこず、ごはんも食べなくなりました(笑)。本当はその子もお迎えしたかったのですが、蔵之介がとても受け入れられそうになかったので友人に譲りました。

嫉妬する猫 甘えん坊な蔵之介くん
添い寝する猫 飼い主さんを独占したかったのかな?

―― 蔵之介くんと別れてからの心境や、救われた出来事などがあれば教えてください

主ス:13歳で虹の橋を渡りました。最近の猫は20年くらい生きる子が多いので、まさかこんなに早くお別れがくるとは思っていませんでした。

 当時、私は実家を離れて東京で働いていたので、「蔵之介が危ない」という一報を聞いた翌日には会社に休職願いを出し、仕事を休んで看病のため帰省しました。

 最後の2週間は蔵之介とほぼずっと一緒に過ごしましたが、それでも死は受け入れがたく、葬儀の際も大泣きでした。

モフモフの猫 酸素室に入っている蔵之介くん

 仕事に復帰したあとも毎日悲しく、残業帰りに家まで泣きながら帰っていました。特に友人から「猫元気?」などと聞かれた際に「実は……」と虹の橋を渡ったことを伝えるのがとても辛かったです。お別れしてから2年半たちますが、蔵之介を失った悲しみや痛みは消えないです。

眠る猫 「蔵之介を失った悲しみや痛みは消えないです」

 「死をもって生を知る」という僧侶だった叔父の言葉には救われました。身近な存在の死は、私たちが普段意識していない「生きている」ということを教えてくれるという意味です。

 自分は生きているんだと再確認させてくれたことに感謝し、この悲しみも生きているからこそ感じられるものなのだと、悲しいと思う自分ごと受け入れることで少しだけ楽になりました。

カメラを見る猫 「死をもって生を知る」

―― 現在の心境を教えてください

主ス:今も思い出すと悲しいですし、会いたいなと思います。でも、「将来自分が生を全うしたあとにまた会えるからな」と思うことにしています。

―― 蔵之介くんに伝えたいメッセージ

主ス:くらのおかげで猫のかわいさを知り、今も3にゃんと楽しく暮らしているよ。ありがとう!

仲良しな猫たち 主スさん宅の「ココス」くん、「蓮子」ちゃん、「ネロ」くん
,

(了)

 「ペットロス」「ペットロス症候群」になった場合、その苦しみを閉じ込めたり自身を責めたりせず、家族や仲間と共有する生活に支障を来す場合は専門家のカウンセリングを受けるなど、焦らずに“死”を受け入れていくことが大切だといわれています。

 また現在動物と暮らしている人は、「いつかは別れがくる」と理解し後悔のないよう接すること、同じ動物と暮らしている友人や仲間を見つけ、喜びや悲しみを分かち合うことが、いつかくるそのときと向き合う心身の準備へとつながるかもしれません。動物と暮らす喜びをかみしめながら、心のよりどころとなる思い出や関係を作っていきたいですね。

 ねとらぼ生物部では、引き続き「ペットロスとの寄り添い方」をテーマにアンケートを実施しています。犬猫、小動物、爬虫類など、動物のジャンルは問いません。愛する動物との思い出や別れ、当時の心境や救われた出来事など、【こちら】までお寄せください。アンケート内容とお写真は部内で審査の上、記事で紹介する可能性があります。

  • 「保護動物のエピソード&お写真」応募フォームはこちら
  • 「あの謎を調べて!」応募フォームはこちら

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  2. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  3. /nl/articles/2406/21/news019.jpg “男は餌代0円で、大量の魚を釣り上げます” 驚きの釣果と予想外な料理への変貌に「この人凄いな〜〜」「てっきりお刺身と思いきや」
  4. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  5. /nl/articles/2406/22/news026.jpg 「ファッションなんか年齢関係無く自由だろ」 80代母の“好きを着る”姿が210万表示「カッコよすぎィィィイ!」
  6. /nl/articles/2406/22/news008.jpg 家族がランチを注文する中、おばあちゃんが頼んだのは…… 自分に素直な姿が1800万再生「私もあなたのおばあちゃんみたいになりたい」【海外】
  7. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  8. /nl/articles/2406/21/news151.jpg 「読める?」 セガが“謎の暗号”で挑戦状 → フォロワーがゲームのように“攻略”して盛り上がる 「画面傾けてみて」
  9. /nl/articles/2406/20/news203.jpg もしや「これは扉?」と思い手をかけたら…… 築100年超の実家での“まさかの新発見”に「すごい!」「隠れ家みたい」 現在はどうなったか聞いてみた
  10. /nl/articles/2406/20/news177.jpg なぜ作った……? “100時間”かけて制作した「コンクリキーボード」がもはや芸術 狂気の手作業が80万再生「笑った」「バカで最高」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」