たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ(2/3 ページ)

» 2023年06月23日 18時00分 公開
[ヒナタカねとらぼ]

 前作「ドロステのはてで僕ら」もまた、カメラが登場人物を追い続け、かつ「2分間でやるべきことをやらないといけない」制限があるリアルタイム進行だからこそ、彼らに心から同調できる「体感型ムービー」としての面白さがあった。そちらが擬似的なワンカットであったのに対して、今回は2分間で必ずカットがかけられるとはいえ、その2分間の間でスタッフとキャストが一丸になっての緻密な計算と試行錯誤、はたまた気が遠くなるほどのリテイクをしなければ完成しなかった映画であることは明白だ。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023

 実際、テイクが10秒オーバーや5秒ショートしてしまった場合は撮り直しになっていたこともあったといい、山口淳太監督は「時の牢獄の看守はこいつだ」と憎まれていたらしい。

計算が行き届いた勇気と希望がもらえる映画

 計算が行き届いているのは、もちろん脚本もだ。何気ない伏線が見事に回収されるので気持ち良いし、同じ時間をほぼ同じ場所で繰り返しているばかりなのにバラエティ豊かなギミックが満載でまったく飽きることがない。仲居や料理人が旅館を知り尽くしているからこその“地の利”、貴船神社を含む立体的な構造があってこそのアイデアも秀逸だった。ちなみに、ロケ地になった旅館「ふじや」は主人公を演じた藤谷理子の実家だったりする。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023

 それでいて漫才的なボケとツッコミの小気味良さにクスクス笑えて、時にはかなりダークかつホラー的な展開に戦慄できる(ここは賛否両論かも?)。登場人物それぞれが個性的で魅力たっぷりで、主人公のミコトの悩みにも共感でき、いつしか「みんな! がんばれ〜!」と心から応援したくなっていくアツさもある。さまざまなジャンルの面白さが混然一体となっており、「エンターテインメントとして、これ以上面白くできるだろうか!?」と思うほどだった。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023

 それでいて、現実的にはあり得ないタイムループを描くことで、現実での時間を大切にしたいと思わせる、うれしい教訓まで持ち帰ることができる。「あー超面白かったー!」と見終えることができるだけでなく、「何かをちょっとがんばってみようかな」という、勇気と希望がもらえる映画でもあるのだ。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023

 余談だが、本作は2023年1月の10年に1度と呼ばれる最強寒波直撃による豪雪で撮影中止に追い込まれるも、奇跡のリカバーで2月〜3月に追撮を行い、無事に完成したそうだ。詳細は実際に見てほしいので伏せておくが、本編ではその製作経緯というか撮影のトラブル(?)でさえも、とても面白いギミックになっていたので、ぜひ楽しみにしてほしい。

脚本家は実はマリオの映画にも関わっている

 最後に、こんなにも面白い映画を届けてくれた劇団ヨーロッパ企画はもちろんのこと、山口淳太監督を筆頭としたスタッフ、藤谷理子をはじめとしたキャスト、そして原案・脚本を手掛けた上田誠の名前をぜひ覚えていただきたい。

 上田誠が同じく脚本および原案を手掛け、2022年に劇場公開・Disney+で配信されたアニメ「四畳半タイムマシンブルース」は、Filmarksで4.2点のハイスコアを記録するなど、やはり絶賛を浴びている。こちらは元の舞台および実写映画「サマータイムマシン・ブルース」の面白さはそのままに、森見登美原作のアニメ「四畳半神話大系」の魅力的なキャラが見事に融合した快作だった。

「四畳半タイムマシンブルース」本予告60秒

 他にも、上田誠は現在興行収入120億円を超える大ヒット街道を爆走中の「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」の日本語吹替版脚本も手掛けている。そちらは良い意味でくだけた言葉使いが絶妙で、その会話のおかしみとギャグセンスは今回の「リバー、流れないでよ」でも大いに感じられたのだ。

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」最終トレーラー

 また、今回の「リバー、流れないでよ」では乃木坂46の久保史緒里が友情出演をしているのだが、それがまた「上田誠作品らしさ」を打ち出したキャラクターだった。その具体的な理由は秘密。ぜひ劇場で「あー超面白かったー(勇気と希望がもらえた)!」な映画体験をしてほしい。

「リバー、流れないでよ」上田誠・久保史緒里(乃木坂46)コメント到着!

ヒナタカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」