楽しみながらネコ助け! 日本最大級の保護猫イベント「ネコ市ネコ座」に行ってきた 愛猫家・藤あや子さんも登場!(1/3 ページ)

みんなで猫助け!

» 2023年07月05日 19時30分 公開
[かのんねとらぼ]

 6月24日〜25日に東京ドームシティギャラリー アーモで行われた保護猫イベント「ネコ市ネコ座」。「楽しみながら猫助け」をモットーに、さまざまなステージや猫グッズのお店などで構成された、猫好きの猫好きによる猫好きのための同イベントに、ねとらぼ生物部もお邪魔してきました!

ネコ市ネコ座フライヤー ネコ市ネコ座@東京ドームシティ

 保護猫カフェの運営などを行っている「ネコリパブリック」と「BS東京」の協賛で開催された今回のイベントは、保護猫問題の解決策を楽しみながら知ってもらう場として2014年にスタート。その後全国各地で開催していましたが、コロナ禍によるイベント自粛で近年は開催が見送られていました。今回の東京ドームシティでの開催は2019年以来、4年ぶりとなりました。

ネコリパブリック

 2014年開業。「この世の全ての猫に安心して眠れる場所とお腹いっぱいの幸せを与えたい」を目標とし、地域の保護猫団体と協力、保護された猫の里親探しを行いながら、猫とおしゃれですてきなライフスタイルを提案。ビジネスとしても「自走」できることを目指す新しいスタイルの「自走型保護猫カフェ」や食堂、オリジナルグッズ販売店の運営や、イベントなどの企画・実施を行っている。

 筆者がイベント初日、24日の昼過ぎに会場に到着すると、予想以上の入場待ちの人々の大行列が! ざっと50人以上並んでいるのでは……と、すでに大盛況のもよう。その行列の横、会場の入り口には「ピュリナの譲渡会バス」が停まっており、中にはずっとのおうちを待つ保護猫さんたちと、おうちに猫を迎えたい人たちによる譲渡会が行われていました。

ネコ市ネコ座会場入り口 会場入り口
ネコ市ネコ座会場入り口 長蛇の列が!
ネコ市ネコ座譲渡会バス ピュリナバスで譲渡会

 そして会場に入ると、猫関連グッズのお店が立ち並び、たくさんの猫好きな来場客が! 客層は猫を飼っているとみられる夫婦や家族をメインに女子同士のグループなど。さまざな年代の人たちがときに真剣に、ときに笑顔を見せながら会場内を巡り、ステージを楽しんでいました。14時の段階で2000人ほどの来場があったそうで、保護猫に感心を持つ人やイベントの主旨への賛同者がたくさんいることに感銘を受けました。

ネコ市ネコ座場内 にぎわっている会場内

 入り口の横のスペースでは「ねこ縁日」を開催。ねこボールすくい、ねこヨーヨー、ねこお面づくりなどの催しが行われていました。また、入口はいってすぐの場所に、もう1つの譲渡会場である猫テントがあり、こちらもかわいい保護猫さんの姿が。予約者が交代で数人ずつ中に入り、猫さんたちと触れ合っている様子が見られました。ずっとのおうちが見つかった猫さんがたくさんいるといいな……と思いながら、会場を巡ることに。

ネコ市ネコ座ねこ縁日 ねこ縁日開催
ネコ市ネコ座ヨーヨー釣り 楽しむ家族連れ
ネコ市ネコ座猫テント 猫テントでも譲渡会が

 場内の壁面にはさまざまな展示物が掲示されていました。ネコリパブリックの猫カフェでずっとのおうちを待つ猫さんたちのプロフィールや、卒業した猫さんたちのその後の幸せ報告、2024年3月に行われる「猫検定」のお知らせ、「猫と人の完全共生マニュアル」などをたくさんの人が足を止めて見ていました。

ネコ市ネコ座掲示物 壁面には掲示物
ネコ市ネコ座保護猫写真 ネコリパの保護猫さんたち
ネコ市ネコ座卒業猫写真 ネコリパ卒業猫の幸せ報告も

 そして立ち並ぶ猫関連グッズのお店の数々。売り上げの10%をネコリパブリックの「ホゴネコ基金」に寄付するという趣旨に賛同し、出店したお店は80店舗。アクセサリーや食品、衣類、雑貨、陶器、ペット用品など他種なお店がずらっと並び、その姿はまさにお祭りの市。猫用品から猫モチーフのグッズまで、たくさんの商品にワクワクしました。

ネコ市ネコ座アクセサリー アクセサリーのお店
ネコ市ネコ座キャットフード フードのお店
ネコ市ネコ座猫グッズ ICカード入れなど
ネコ市ネコ座Tシャツ Tシャツも
ネコ市ネコ座ステッカー ステッカーかわいい

 イベントの目玉として、場内奥にはステージが設置されさまざまな講演が行われていました。24日午前中にはご当地ねこキャラの撮影会、俳優であり保護猫活動もしている川上麻衣子さんのトークショー。

 そして筆者が到着した午後からはまずネコリパブリック代表・河瀬麻花さんによる「保護猫セミナー 猫塾」が開催されました。保護猫とは? 殺処分を減らすには? ネコリパブリックの活動の内容とともに「猫助け」のための河瀬さんの熱い思いを、応援にかけつけたゆるキャラのふにゃっしー(@funyagoro2256)/(千葉県船橋市)、にゃかつがわくん(@nyakatsugawa)/(岐阜県中津川市)とともに会場のお客さんに伝えていました。

ネコ市ネコ座河瀬代表とゆるキャラ 「猫塾」河瀬代表とにゃかつがわくん
ネコ市ネコ座ふにゃっしー 「猫塾」スクリーンと化すふにゃっしー
ネコ市ネコ座河瀬代表とゆるキャラ 「猫塾」熱い思いが伝わりました

 次に、猫と一緒にヨガをしよう! 「猫ヨガ」の講座。残念ながら会場には本物の猫さんは来場していませんでしたが、ネコリパブリック御茶ノ水店でのレッスンの様子がスクリーンで紹介され、“猫がヨガマットを占拠したら避けて動きましょう”という猫ファーストで体を整えるという猫ヨガの方針を説明。座ってできる動きをインストラクターのSeikoさんが紹介していました。両手をグーにして上にあげる“にゃんにゃん”のポーズがとてもかわいらしい!

ネコ市ネコ座猫ヨガ講座 「猫ヨガ」にゃんにゃん
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」