窓の方から「ちりん、ちりん」、音がだんだん大きく…… 【夏と言えば怖い話! ねとらぼ怖い話特集・2023年】(第5夜)(1/2 ページ)

連続で5つの怖い話をお送りします。

» 2023年08月15日 21時00分 公開
[たけしな竜美ねとらぼ]

 夏といえば怖い話。とても古い時代から続く夏の風物詩で、もともとは「お盆に現世へと帰ってきた、少なからずいる浮かばれない霊へ対する鎮魂」という意味を持っていたそうです。

 そこで今年は「ねとらぼ怖い話特集・2023年」として、読者やライターが実際に体験した怖い話を、5夜連続で皆様にお届けします。過酷な暑さが続いていますが、ほんの少しでも涼を取っていただければ幸いです。

 さて、最後となる第5夜は、筆者(たけしな竜美)の体験談で締めさせていただきます。

近づく音

 何年も前の5〜6月ごろ、心霊スポットの本を作っていたときのお話です。

 時間はお昼過ぎぐらいだったかと思います。その日は100カ所以上の心霊スポットを巡り終えた後で、自室にて取材で撮影した写真などのデータをまとめていました。黙々と作業を進めていたところ、窓の方から「ちりん、ちりん」と、風鈴のような音がかすかに聞こえてきました。

 夏も近づいてきたし、きっとお隣さんが風鈴を吊るしたのだろうな、と特に気にもせず、引き続き作業を続けていたのですが……風鈴の音がだんだん大きくなってきたのです。

 風が強くなってきたのかな、と思ったのですが……しばらく後、どうにも様子がおかしいと気がつきました。風鈴の音がだんだんと大きくなり、窓に近づいてきているのです。音が聞こえている側の窓の前には隣の家が建っており、その間には人ひとりがやっと通れる程度の隙間しかありません。ですがその音は隣の家の向こうから、まっすぐに聞こえてきていたのです。

 しかもよくよく聞いてみれば、その音は絶対に風鈴ではなく……お坊さんが持っている錫杖を思わせる「しゃりん、しゃりん」という音でした。この音はどうやって近づいてきているのか、どこからやってきているのか。そんなことを考えているうちにも、どんどん音は大きくなり続けていて……つまりその音を鳴らしている「何か」が、部屋へ近づいてきているのです。

 本能的に「ここにいてはいけない」と察した私は部屋を飛び出し、家の外へと一目散に逃げ出しました。

 家の外に出て一息ついたところで、不思議なことに気がつきました。部屋の中では大きくはっきりと聞こえていた「しゃりん、しゃりん」という音が、家の外ではまったく聞こえてこないのです。

 しばらく後、来てもらった友人と一緒に部屋へ戻りました。家具の配置など中の様子はまったく変わっていなかったのですが……床に置いてあったペットボトルのお茶が倒れており、その水たまりから水の筋が伸びてぐるぐると、部屋の中で円を書いていたのです。

記事:たけしな竜美(@t23_tksn

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」