ニュース
» 2023年08月31日 18時00分 公開

プリキュアファンが集うカフェバー「gimmick」に潜入してきた 店長が語る「子どもファースト」のプリキュア愛(2/2 ページ)

[kasumiねとらぼ]
前のページへ 1|2       

映画公開日の前日は徹夜で気分を高めてから映画館に

―― 映画公開のときはイベントをやっているとか?

音尾 プリキュア映画の公開日の前日に、徹夜で店を開けてみんなでプリキュア映画を見て語り合い、気分を最高潮に高めてから始発で大泉の映画館に向かう、というイベントを毎回やっています。今年のオールスターズFでもやりたいですね。

プリキュアファンが集うカフェ&バー「gimmick(ギミック)」 変身グッズもたくさんあります

宮崎勤の事件を思い出した「プリキュア着ぐるみ問題」

―― 「例のプリキュア着ぐるみ問題」についてお聞きしたいのですけど(※訪問時、ちょうど「非公式のプリキュア着ぐるみでの子どもへの接触」が問題となり、プリキュア公式がコメントを出していました)。

音尾 擁護するわけじゃないですけど、彼は本当にそういう目的(※子どもと接触したい)だったのか、と思うところがあって。

 もともとは「プリキュアになりたい」ってだけだったのが、ちょっとイキっちゃったのかなと。でも、やってしまったものは仕方がない。

 ただ、それによってプリキュアファン全員がそういう人だと思われるのが怖いんですよ。

―― と、いうと?

音尾 プリキュア公式がX(Twitter)でコメントを出したじゃないですか。

 そのリプを見ると「やっぱりプリキュア好きは変態が多いじゃないか!」みたいなことがたくさん書いてあるんですよ。

 正直、あれを見たときに平成初期の「宮崎勤事件のオタク迫害」を思い出したんです。あれがフラッシュバックしてきて「オタクがオタクであることを隠さなければいけない時代」がまた来たんだなー、って思っちゃって。

プリキュアファンが集うカフェ&バー「gimmick(ギミック)」

―― プリキュアオタクは隠した方が良いと?

音尾 女性はいいんですよ。男性は隠した方がいいんじゃないのかと私は思います。

 「自分はプリキュア好きなんです!」と全身で表現している人は、多分しばらくの間は危険視されると思うんです。正直こうなる前から危険視はされていたんだろうけど。

 ただ、実際いま一番めんどくさいことになっているのはかぶりもの業界で、オリジナルでマスクを作って楽しんでいる人なんです。一つ目のかぶりものでバーをやっている友人もいるんだけど、いらない波及が飛んでいて。俺が好きなプリキュア界隈(かいわい)がそちらに迷惑を掛けることになってしまって本当に申し訳ないんですよ。

プリキュアファンが集うカフェ&バー「gimmick(ギミック)」

プリキュアファンは法律ではなく道徳で生きてほしい

―― 今回の事件はテレビでも報道されるなど大きな問題となりました。これは「子どもの安全」に関することだからです。

音尾 個人の生き方に関することですけど、プリキュア好きならば「法律ではなく道徳で生きてほしい」と思うんです。

 僕たちプリキュアファンにとって一番大切なのは「子どもファースト」ですよね。コミケとか大人向けのイベントは何をやってもいいとして、イベント、映画など子どもと重なる場所では子どもの邪魔をしちゃいけないじゃないですか。

 これは過激派の意見ですけど「子どもがいる場所では性的な話をするな、お前ら一切口を開くな!」くらいの勢いでも良いと思ってるんです。

 「1に子ども、2に公式」を守らないとプリキュアというコンテンツは終わると思うんですよ。

 ここ数年オタクが認知されてきて愛を表現するのが当たり前になってきたけど、全てのコンテンツがそうじゃないんだぞ、子ども向けコンテンツに大人が入るときには何をしてもいいわけじゃないんだぞ、と。

プリキュアファンが集うカフェ&バー「gimmick(ギミック)」

プリキュア愛を叫びたければウチの店に来て

―― プリキュアの現場には子どもファーストが必要、ということですね。

音尾 子ども向けコンテンツだから俺らは好きになってはいけない、というわけではないんですよ。子ども向けコンテンツだからこそ、おこぼれで楽しませてもらっている、という考え方は絶対に必要だと思うんです。

 もちろんそんなに卑屈になることもないけど、メインターゲットにご迷惑を掛けてはいけない。何年かするとこちら側に来てくれる人もいるのだし、われわれの仲間を増やすためにも、メインターゲットの邪魔だけはしてはいけないんです。

プリキュアファンが集うカフェ&バー「gimmick(ギミック)」
プリキュアファンが集うカフェ&バー「gimmick(ギミック)」

―― 最後に、何か伝えたいことはありますか?

音尾 「俺たちはプリキュアのメインターゲットじゃないんだぞ」ってことをちゃんと理解して、それでも俺はプリキュアについて叫びたいんだ! って人はここに来いってことです。

 この店はメインターゲットが来ることはまずないので、好きなだけ大きな声でプリキュア愛を叫んでも大丈夫なんです。

 プリキュアが好きすぎて我慢できなくなったら、ぜひウチの店に来て愛を叫んでください。いつでも相手をしますよ。

プリキュアファンが集うカフェ&バー「gimmick(ギミック)」

 自分が訪問した日も、休日ということもあり多くのプリキュアファンで席が埋まっていました。

 プリキュア愛あふれる店長(音尾さん)とのトークを楽しむお客さん、ひっそりと一人でプリキュアを感じているお客さんなど、いろいろなお客さんが来店していて、どんな「プリキュア愛」をも受け入れる懐の広いお店だと感じました。

 女性客の1人が言っていた「ここのトイレに……住みたい……」って言葉が印象的でした。分かります。

プリキュアファンが集うカフェ&バー「gimmick(ギミック)」

gimmick(ギミック)

東京都新宿区歌舞伎町2丁目9-15

TEL:03-6205-6723

営業日:火曜〜金曜

昼営業12時〜16時

夜営業19時〜0時

土曜、日曜

12時〜0時

※18時からチャージ発生

定休日 毎週月曜(※月曜祝日の場合営業。その場合は翌火曜休業)


関連キーワード

プリキュア | アニメ | 東映


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」