ポール・マッカートニー、オノ・ヨーコは“邪魔”だった ビートルズ後期を振り返っての告白に共感の嵐(1/2 ページ)

解散したとき批判の的になったオノ・ヨーコ。

» 2023年10月17日 11時50分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 20世紀を代表するロックバンド「ビートルズ」の元メンバーであるポール・マッカートニーが、10月11日に配信されたポッドキャスト「A Life in Lyrics」で、ジョン・レノンがオノ・ヨーコをレコーディングセッションに連れてきたときの気持ちについて語りました。1970年に同バンドが解散(法的な解散は1971年)したとき、ヨーコは“ビートルズを解散させた”女性として世間から強い批判をうけ、現在でも彼女の名前はいわゆる“サークルクラッシャー”を意味する言葉として認識されています。

ジョン・レノンとポール・マッカートニー ジョン・レノンとポール・マッカートニー(画像はポール・マッカートニーのInstagraから)

 ポールは「ジョンとヨーコが一緒になったことは、グループの力関係に影響するものだった」と1966年に出会い、1969年に結婚した2人の関係がバンドに及ぼす影響を予測していたと述べます。「ヨーコが文字通りレコーディングセッションの真ん中にいるようなことには対処しなければならない。ジョンがこうなるべきと望むのなら、そうなるべきだという考えだった。そうしない理由はなかった」とジョンの考え方や望みを通すべきと受け止める一方で、ヨーコがスタジオに来ることには何かしらの対処が必要だったと明かします。

 そして「どんなものでも僕らの気をそらすものは、邪魔になる」とヨーコがスタジオにいることが仕事の妨げになったとポール。「僕たちは許し、騒ぎにしなかった」と当時は何も文句を言わなかったとするものの、「でも同時に僕らの誰1人、それが特に好きだったとは思わない。職場への妨害だった」と本音を暴露。「僕らには僕らの仕事のやり方があった。僕ら4人はジョージ・マーティンと仕事をした。それが基本だった。僕らはいつもそうしてきたんだ。だからあまり対立的にならず、ただ感情をため込んで、やり遂げたんだと思う」と気持ちを押さえ、黙々と仕事をこなしてきたのだといいます。

 さらに「これがビートルズの考え方だった。『これが僕たちの仕事だ』という、ただ真っすぐで現実的なもの。これが僕たちがやってきたこと。『僕たちはビートルズだ』という、それはつまり、ツアーがなければレコーディングをする。レコーディングをするなら作曲をするということだ」とビートルズの職業規範がどのようなものであったかを語りました。

ジョン・レノンとオノ・ヨーコ ジョン・レノンとオノ・ヨーコ(画像はポール・マッカートニーのInstagramから)

 「私も、職場に家族を連れてきてはいけないと思う。どんな仕事でも同じ」「確かにそうだし、解散に一役買ったのも確かだと思う」「それは本当に、人間関係の力関係が変わったように感じた。でも音楽はずっと変わらずすばらしいものだよ」と多くの人はポールが当時感じた気持ちに共感するようなコメントを寄せています。

 ジョンは1980年にこの世を去って以降も多くの人に愛され続けていて、ポールもやはりジョンとの友情をいまだに感じ続けているもよう。10月9日にはジョンの誕生日を祝い、「すばらしい友人、コラボレーターであるジョン・レノンの誕生日をお祝いします」と投稿。また、ジョンの残した音源からAIを使い、ビートルズ最後の曲を完成させ、友人の残した仕事を現在によみがえらせることにも力を注ぎました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」