「ジュラシック・パーク」グラント博士役俳優、希少な血液がんとの闘病を明かす 発言切り取られ“瀕死”扱いには苦言(1/2 ページ)

現在は寛解状態にあるそう。

» 2023年10月19日 18時32分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 「ジュラシック・パーク」(1993年)のアラン・グラント博士役などで知られるニュージーランドの俳優サム・ニールが、10月16日に放送された豪ABCテレビのドキュメンタリーテレビシリーズ「オーストラリアンストーリー」に出演。現在76歳のサムは、2022年に診断されたとても珍しい血液がんの一種である血管免疫芽球性T細胞リンパ腫との闘病生活や、俳優としての仕事について語りました。

がんとの闘病生活を語るサム・ニール 闘病生活から寛解した現在の心境を語る(画像はYouTubeから)

 サムは2022年公開の出演映画「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」の宣伝中にリンパ腺の腫れに気付き、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫と診断を受けました。同年3月から化学療法を受けていたことを1年後の2023年3月に公表。同時に治療がとても効果的で、その時点で寛解していることも明かしました。

 同番組内で、「死ぬのは全然怖くない。最初から全く心配していなかった。でもまだやりたいことがあるから、イラつくだろうね」と治療開始から死への恐怖は皆無だったとサム。しかし治療中は、「どのくらい生きられるかも分からない」との思いから、子どもや孫に何か書き残しておいた方が良いかもしれないと考えたとのこと。「彼らに僕のことを理解してもらい、知ってもらうのはいいこと」と思ったそうです。

 幸運にもサムは治療のかいあって寛解状態が続いており「とても感謝している」としつつも、まだ病との闘いが終わったわけではないとし、2週間ごとに治療を受けなければならず、それは「ボクサーと10ラウンド戦うようなもの」だと表現します。

 そして医師からは、現在は効果がある薬も「いつかは効かなくなる」と告げられており、その覚悟はできていると穏やかに語ったサム。「僕は幾つか、いいこともしてきたと思う。全部が全部いいことではなかった。でも後悔は誰にでもあるもので、僕は自分自身と生き、自分自身と死んでいける」とこれまでの人生を振り返りました。

がんとの闘病生活を語るサム・ニール Instagramで誤解を解くサム(画像はサム・ニールのInstagramから)

 同番組が放送されると、一部のメディアではサムの言葉が切り取られ、まるで彼が死にゆくさ中にあるかのような報道もみられました。この誤解を解くため、サムは放送後にInstagramへ動画を投稿し「今日はとてもいい天気です」と陽光の中ファンに向け語り掛けました。「大丈夫、私は元気です」「番組でのひと言が文脈を無視して受け取られています」「私は寛解状態で、これからも寛解状態を維持するつもりです。安心してください」と説明しました。

 北アイルランドで生まれ、ニュージーランドで育ったサムは「オーメン」シリーズの完結編「オーメン/最後の闘争」(1981年)で、“悪魔の子”ダミアン・ソーン役に抜てきされ一躍注目の的に。同年公開のカルト映画「ポゼッション」でも傑出した演技を見せ高い評価を受けます。また、「007」シリーズ4代目ジェームズ・ボンドの有力候補でもありました(最終的にはティモシー・ダルトンが選出)。

 代表作はスティーヴン・スピルバーグが監督した90年代の名作「ジュラシック・パーク」で演じた主人公グラント博士で、「ジュラシック・パークIII」(2001年)ではファンからの強い要望もあり同役を再演。フランチャイズの完結編となる第6作「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」(2022年)でもエリー・サトラー博士役のローラ・ダーン、イアン・マルコム博士役のジェフ・ゴールドブラムとともに出演し華を添え、また2023年には第1作公開30周年を記念し3人で協力し記念アパレルをプロデュースしました。

 本格的に仕事を再開したサムは番組内で「引退は問題外」と言い切っており、この仕事にまだまた情熱を注ぐ意向であるもよう。30周年を迎えてもなお高い人気を誇る「ジュラシック・パーク」とともに、いまだ人気の衰えないサムの活躍も期待されます。

動画が取得できませんでした
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. /nl/articles/2407/14/news020.jpg 子どもが「エアコンつけたら咳が出る」と言うので掃除のプロを呼んだ結果…… 衝撃的な状態と結末に「言葉を失います」
  5. /nl/articles/2407/14/news046.jpg 「さすがワークマン」 6年前から“商品化”希望の声→発売された待望のアイテムに「ちょっと感動」
  6. /nl/articles/2407/14/news003.jpg 「せめて……」 有名中古品チェーンで1000円の商品購入→袋を開けて発覚した“衝撃の事実”に「変な声が出た」
  7. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  8. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  9. /nl/articles/2407/12/news075.jpg 【時間クイズ】「午後2時の9時間前」は何時?
  10. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」