ニュース
» 2023年11月22日 12時00分 公開

片岡愛之助が本気で挑む“壮大な茶番劇”は「真剣にやればやるほど面白く」 スケールアップした「翔んで埼玉」の世界観を埼玉県民が聞いてみた(1/2 ページ)

埼玉県人の解放から4年。

[やまもとゆかねとらぼ]

 前代未聞の“埼玉ディス映画”として、埼玉県民はもちろん日本全土に衝撃を与えた「翔んで埼玉」が2019年に公開されてから4年。関東を飛び出して大幅にスケールアップした続編「翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜」が11月23日(木・祝)から全国で劇場公開されます。

 代表作『パタリロ!』で知られる漫画家・魔夜峰央さんが埼玉県に住んでいる時期に執筆した『翔んで埼玉』は、「埼玉県人は東京へ行くのに通行手形が必要」「埼玉にはいまだに奉行所がある」といったトンデモ設定から成る快作。原作を踏襲しつつオリジナル要素をふんだんに盛り込んだ映画1作目は、東京都民からさげすまれる埼玉県人を救うべく「埼玉解放戦線」のメンバーらが戦うというストーリーでした。

 舞台の中心を関西に移した今回の続編は、大阪・京都・神戸から成る上級関西人が滋賀県人・奈良県人・和歌山県人を虐げる構図で、その筆頭として圧政を敷く悪逆非道な大阪府知事が登場する全く新しい物語を展開。関西人なら一度は聞いたことがある「関西人あるあるネタ」が、随所に盛り込まれた作品となっています。なお、おなじみの“埼玉ディス”はもちろん健在です。

 ねとらぼでは、今作最大の敵として新たに登場し、主人公・麻実麗(GACKTさん)や滋賀解放戦線のリーダー・桔梗魁(杏さん)らを苦しめる大阪府知事・嘉祥寺晃役を演じる片岡愛之助さんにインタビュー。生粋の大阪人である愛之助さんの役作りやお気に入りの“大阪ネタ”、作品や世界観の魅力を、埼玉県民の記者が聞きました。

片岡愛之助さん 片岡愛之助さん

壮大なスケールで描く茶番劇 唯一無二な「翔んで埼玉」の世界

―― 2019年に公開された前作「翔んで埼玉」は、興行収入37億円を超える大ヒットを記録。前作の印象はいかがでしたか?

片岡愛之助(以下、愛之助) 僕は『パタリロ!』を読んで育ってきた世代ですし、亡くなった父(二代目・片岡秀太郎さん)も『パタリロ!』が大好きだったんです。魔夜先生の現実離れした世界観が好きなので、前作も拝見していました。GACKTさんや二階堂ふみさん(壇ノ浦百美役)をはじめ、登場する皆さんが美しくて、特殊な世界観でも全く違和感がないですよね。白塗りをして劇場という別世界に立つ歌舞伎に近いものも感じました。あと、やっぱり京本政樹先生(埼玉デューク役)は美しかったです(笑)。

作中シーン 違和感ゼロなGACKTさん&杏さん

―― キャスト発表時のコメントでは、「役者人生の中で3本の指に入る名作」とおっしゃっていましたが……。

愛之助 本当に名作ですよ。「迷作」と間違っちゃいけない(笑)。僕は武内監督に「大河ドラマを撮るときの感じでやってください」と言われて、ものすごく真剣に演じたんです。こういう作品は、真剣にやればやるほど面白くなると思っています。

作中シーン 唯一無二の世界観が魅力

―― 武内監督をはじめ、皆さん真剣に作品に向き合っていたんですね。撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

愛之助 本当に毎日が楽しかったです。あまり働いている気がしなくて、毎日お祭りでした。監督は撮影中いつも笑っていて、「これが正解でいいんですか?」と聞くと毎回「最高です!!」と返してくれて、とても楽しい現場でした。

作中シーン 大阪府知事・嘉祥寺晃

関西を牛耳る大阪府知事・嘉祥寺晃 

―― 自身の役「嘉祥寺晃」について詳細を知ったときはどう感じましたか?

愛之助 最初に「知事の役」と聞いたときは「意外と普通の感じなのかな?」と思いましたが、台本を読んだら「これは本当に知事かな?」という感想を持ちました(笑)。最初から最後まで荒ぶっている役でしたね。

片岡愛之助さん

―― 役作りについてはいかがでしょうか。原作漫画には登場しないキャラクターを演じるにあたって、どういった解釈をされましたか?

愛之助 実は……実際に大阪府の吉村洋文知事とお話する機会がありました。まさかこんな悪役とは言えませんでしたが、大阪府知事の役を演じることを話して「絶対怒らないでくださいよ!」と言いました。

 あとは台本を読んで監督とディスカッションして、前作を見返したり……。現場に入って派手な大阪の街のセットやメイクを見たら自然と世界観を感じましたし、個性的なせりふを台本で読むだけでもイメージがわきました。

―― 奥様である藤原紀香さんも神戸市長役で出演。初共演が各所で話題になっています。

愛之助 話題になってるんですか? まだ本編を見ていない人は「ただ夫婦共演してるだけ」と思うでしょうが、あんな展開になっているとは……たぶん衝撃だと思います。2人とも前作は見ていたのでオファーはうれしかったのですが、「イチャイチャする役だったらやめておこう」と話していました。夫婦で共演してただ仲良くするだけの内容だったら誰も見たくないだろうと。

 結果的に共演が実現しましたが、クライマックスに近づくシーンの掛け合いを読んだときは「いいぞいいぞ」と思いましたし、演じていてものすごく楽しかったです。

作中シーン みどころが詰まった合戦シーン

―― 愛之助さんならではの、歌舞伎や日本舞踊のエッセンスを感じるシーンもありました。ネタバレにならない範囲であの場面について語っていただけますか?

愛之助 あのシーンは、エキストラの皆さんも含めてすごいなあと思いました。僕個人の振り付けに関しては現場で突然変更になることもありましたし、そもそも舞うのに適した靴ではないですし、音楽も歌舞伎の三味線とは違うので合わせるのに苦労しました。バランスを良くするために、僕から提案して追加した要素もありますよ。

片岡愛之助さん
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」