ニュース
» 2023年11月25日 10時45分 公開

音声SNS「Clubhouse」の今 声優・平野文が毎週配信を続けるワケ 「声は、すべてを看破します」(1/3 ページ)

招待制から始まりコロナ禍でブームになったあのSNSの今。定期的に活用しているユーザーたちに話を聞いた。

[城戸譲ねとらぼ]
Clubhouse 簡単にスマホ配信できることで話題になった(出典:PIXTA

 約3年前に一大ブームを起こした、音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」を覚えていますか。競合サービスの出現などで、話題を聞く機会も少なくなるなか、いまも定期的に活用しているユーザーがいます。なかには、誰もが声を知っているであろう、あの声優さんも――。

招待制から始まり、コロナ禍でブームに

 Clubhouseは2020年春に誕生し、当初はユーザーによる招待制でした。日本では2021年初頭から普及し始めて、ビジネスパーソンやタレントらを中心に火がつき、「有名人と直接しゃべれる」と注目をあびました。

 おりしも当時は、コロナ禍のまっただ中。リアルでのイベント開催ができないなか、音声で直接つながれる手段には、注目が集まりました。実際のイベントでは、なかなか難しい「聞き手を壇上に引き上げる」ことも簡単に行えるため、一般ユーザーとの交流を深める利用法が普及します。しかし、Clubhouseのブームは、一気に収束していきました。

競合「Xスペース」の登場、大幅な仕様変更

 2021年5月に、X(旧ツイッター)が競合サービスの「スペース」を開始すると、より利用者数の多いXへと移行するユーザーも増加。そして2023年4月には、スタッフの半数以上を解雇する方針も示されます。

 音声SNSをめぐる情勢変化にClubhouse側も反応したのか、この2023年9月に大幅な仕様変更が行われました。多数に向けて開かれた会話を行う、これまでの機能も保ちつつ、知人同士の音声チャットを追加し、そちらを主軸に据えたのです。

Clubhouse 画面も「友達とのトーク」をメインに据えるようになった(一部加工)

 Clubhouseのサービス、そしてそこに息づくコミュニティー。日本で話題になってから、まもなく4年が経過する今、ユーザーはどう感じているのでしょうか――。そこで今回は、いまなおClubhouseを定期的に活用している著名人に話を聞いてみました。

リスナーと直接会話する「金曜深夜の生番組」

 お話をうかがったのは、Clubhouseで「平野文のマイクの向こう側 #23club」を配信している皆さん。アニメ「うる星やつら」のラム役などで知られる平野文さんを中心に、2021年2月から毎週金曜日の23時から、アーカイブなしの生配信を行っています。

 配信は平野さんと、アルファブロガーの「ネタフル」コグレマサトさん(プロデューサー兼ディレクター担当)と、Webエンジニアのヤガーさん(ミキサー担当)の3人が分担。2023年11月10日の配信で、第140回を迎えた長寿コンテンツで、X上でもハッシュタグ「#23club(ふみクラブ)」をつけて、出演者や参加者がリアルタイムで交流しています。

 リスナー全員のアイコンを読み上げ、最速入室した方とトークするほか、全国各地をつないでのグルメ紹介、コグレさん・ヤガーさんのコーナー、平野さんによる朗読など、台本なしながら「配信というより番組という意識」で、毎週約70〜90分間配信しています。

ネットを飛び出し「オフ会」にも発展

 始まったきっかけは、コグレさんの「Clubhouseは文さんに合っていると思う」との呼びかけでした。ラジオの深夜放送をイメージしているとの打診に、「昔からリスナーさんとのやりとりがとても好きなので、すぐにお引き受けしました」(平野さん)。

 いまや「#23club」のコミュニティは、Clubhouseのみならず、オフラインにも活動を広げます。番組の区切りとなるタイミングでは、手書きのカードを送ったほか、これまで「オフ会」を3回行い、次回は150回記念での開催を予定しています。リスナー同士が、初対面ながら途切れず会話を続けていて、とても新鮮で感嘆したと平野さんは語ります。

仕様変更で「横のつながりが遮断された。ただし……」

 Clubhouseの機能面については、コグレさんに聞きました。アップデートによって「他の人の会話が見えにくくなったと感じています。横のつながりが遮断されたような印象を持っています」とのことで、話題になったサービスでも難しさを感じているそうですが、「ただし、それは表向きの話で」と続きます。

「我々のように『番組を配信したい人』向けならば、もっといろいろやり方があるのではないかと思っています。それこそミキサーやマイクなど、ハードウェアメーカーを巻き込んでの展開などもあるのではないかと。もちろんYouTubeは大きなライバルですが、われわれが他のアプリを使ってバーチャルに組んでいる『本放送』とは別の『スタジオ(副調整室)』の機能なども取り込むと面白いのではないかと」(コグレさん)

「わざわざ聞きに来る」Clubhouseだからこその濃密な関係

 X(Twitter)のスペース機能も、初期に試したところ、音質などはClubhouseの方が良いと感じたそうです。また、「通りすがりの人が大量に入ってくるのではなく、あえてアプリを起動し、わざわざ聞きに来てくださる人たちと濃密にコミュニケーションしたい/できる」ことを、いまもClubhouseを使い続ける理由として挙げます。今後については、なかなか代替サービスもないため「今あるものが変わらずに、粛々と続いてくれるのがありがたい」と願います。

 コグレさんは、平野さんがほとんどのリスナーの名前とアイコンのみならず、以前の会話や、Xのポストも記憶しているといい、「通常は100人弱くらいの方がリスナーとして参加されますが、1対Nではなく、1対1の関係性が構築できているのではないか」と、その魅力を分析します。

Clubhouse 「マイクの向こう側」には、毎週多くのリスナーが参加している(一部加工)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」