中学生YouTuberが総なめ「Z世代トレンドアワード2023」発表 「ひき肉ポーズ」が年間トレンド大賞に(1/2 ページ)

ヒト部門大賞に「やす子」、モノ部門大賞に「みそきん」が輝いた。

» 2023年11月29日 16時15分 公開
[ねとらぼ]

 バイドゥが提供するキーボードアプリ「Simeji」が、Z世代(2023年現在10〜24歳)男女6409人を対象に実施した「Simeji presents Z世代トレンドアワード2023」の結果を発表。チャンネル登録者数153万人超を誇る6人組中学生YouTuberグループ・ちょんまげ小僧のメンバーが挨拶代わりに披露するポーズ「ひき肉ポーズ」が年間トレンド大賞に輝いた。

Z世代トレンドアワード ひき肉ポーズ強し

 今年流行ったヒト・モノ・コトを調査した恒例のアワードで、ヒト部門では元自衛官という経歴を持つお笑いタレント「やす子」が大賞に。モノ部門ではマルチクリエイターHIKAKINが立ち上げたブランド「HIKAKIN PREMIUM」から発売された「みそきん」が大賞に選ばれている。そして、コト部門では中学生YouTuber・ちょんまげ小僧のメンバー“ひき肉”の挨拶をする際の癖のある言葉「ひき肉です」がトレンドワードとして大賞に選ばれた。

年間トレンド大賞「ひき肉ポーズ」

Z世代トレンドアワード

 「ひき肉です」というイントネーションに癖のあるセリフに加え、両腕を大きく広げるオリジナルポーズは真似しやすくプリクラやSNS投稿をする際のポーズとして話題に。スポーツ選手やタレントがマネしたことも拡散に寄与した。2023年7月時点で1000人程だったちょんまげ小僧公式YouTubeアカウントの登録者数は、8月に100万人に急増した。

ヒト部門:大賞「やす子」

 「はい〜!」という掛け声が印象的なお笑いタレントで、テレビで見ない日はないほどの活躍を見せた。「やす子の口癖が頭から離れない日が多かった」「『はいぃぃぃ』がとても楽しく挨拶で使っている」「クラスの男子がモノマネしてた」「ネタが個性的」「ときどき毒を吐くところが良い」「テレビとかで弱音を吐いてる姿を見た事がない」など人柄にハマる人も多かったようだ。

Z世代トレンドアワード やす子

モノ部門:大賞「みそきん(HIKAKIN PREMIUM)」

 カップラーメンとカップメシが5月に発売されてから数日で完売する店舗が続出するなど入手困難な商品として話題に。即日完売を受け全国で再販されたものの、やはり手に入れることができなかったと幻のレア商品と化してしまった。

Z世代トレンドアワード みそきん(HIKAKIN PREMIUM)

コト部門:大賞「ひき肉です」

 中学生YouTuber・ちょんまげ小僧のメンバー“ひき肉”の挨拶をする際の癖のある言葉「ひき肉です」が大賞に。とにかくマネする人たちが多く、タレントも動画にして投稿するなど拡がりを見せた。Z世代の自分たちと年齢がそれほど変わらない、もしくは年下のYouTuberグループがトレンドを作ったことに衝撃を受けたZ世代も多かったようだ。

ヒト部門:「トレンド芸人2023」「SNSトレンドアーティスト2023」

Z世代トレンドアワード

 「トレンド芸人2023」の1位に「やす子」、2位に「なかやまきんに君」、3位に「錦鯉」、4位に「ウエストランド」、5位に「ヨネダ2000」がランクイン。「SNSトレンドアーティスト2023」には1位に「#首振りダンス」で話題になった「新しい学校のリーダーズ」が、2位には素顔を見せないボカロ界の逸材「Kanaria」、3位に「なとり」、4位にクリエイターユニット「HoneyWorks」、そして5位に3人組ロックバンド「Conton Candy」が入っている。

モノ部門:「トレンドグルメ2023」「トレンド推し活グッズ2023」

Z世代トレンドアワード

 「トレンドグルメ2023」2位には10円の形を模した韓国発祥の“SNS映えスイーツ”「10円パン」がランクイン。「トレンド推し活グッズ2023」には、推しの缶バッジやキーホルダーなどでびっしりと覆い尽くした痛々しいバッグ「痛バッグ」が1位となっている。

Z世代トレンドアワード
Z世代トレンドアワード

コト部門:「トレンドワード2023」「トレンドポーズ2023」

Z世代トレンドアワード

 2位は疑問や理不尽に感じることを、角を立てず可愛らしく言い換えることができる言葉「なぁぜなぁぜ」が選ばれた。3位に「蛙化現象」、4位にスマートフォン「Google Pixel」の消しゴムマジック機能を紹介するCMからフワちゃんのセリフ「消しゴムマジックで消してやるのさ」がランクイン。推しに対して感情が高ぶった際に使われるインターネットスラングで、“尊い”という意味を持つ「てぇてぇ」が5位に。

 「トレンドポーズ2023」の2位にはネットではおなじみ、二人組であえて一緒にハートマークを作らずハートの片方を別のポーズ(親指を立てるのが定番)にする「片思いハート」が入った。3位には自分の顔がハートの中に入っているように両手で顔を挟む「ハートの中に入ったよポーズ」がランクインしている。

Z世代トレンドアワード

番外編:「AI機能が人気のトレンドアプリ2023」「今年を表す漢字2023」「トレンド顔文字2023」

Z世代トレンドアワード

 「AI機能が人気のトレンドアプリ2023」の1位はZ世代のスマホには必ずと言って良いほど入っているカメラアプリSNOW。「今年を表す漢字2023」の1位には「楽」が選ばれた。3位はなにげに「肉」。「トレンド顔文字2023」の1位は「それな」だった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」