山田邦子がバッサリのさや香、M-1歴代王者&審査員も2本目に「優勝は目の前だったのに。。」「選ばれない理由を作っちゃった」(1/2 ページ)

一方で、一発勝負特有の難しさに理解も。

» 2023年12月26日 16時25分 公開
[レイノルズ村上ねとらぼ]

 お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんが12月25日にブログを更新。漫才日本一を決定するコンテスト「M-1グランプリ2023」の最終決戦で、お笑いコンビ「さや香」が披露したネタを「何だかなぁ。。」などと評しています。

お笑いコンビ「さや香」の石井と新山 さや香の新山さん(左)と石井さん(画像はさや香・石井 公式Instagramから)

ファーストラウンド1位の快挙も……審査員の支持失う

 12月24日開催のM-1決勝戦では、3巡目にネタを披露したさや香が658点を獲得し、ファーストラウンドを1位で通過。「ヤーレンズ」「令和ロマン」と争った最終決戦では、メンバー・石井さんと新山さんの熱量ある“掛け合い”を封印し、新山さんがほぼ一方的にしゃべり倒すスタイルで挑みました。

 2人が最終決戦で披露したのは、新山さん創作の演算方法「見せ算」をテーマにした漫才。おなじみの四則演算に加え、令和の時代に合わせて開発された見せ算は、式中の数字がお互いを見て「どう思うか」を考え、計算の結果として「眼(がん)」を導き出すという独特なものです。

 たとえば、「1見せ1」では、1がお互いを見て「恥ずかしい」(人間が同じ服装の人を見て恥ずかしがる感覚とのこと)と思うことから、1はそれぞれ立ち去り、眼は0。また、「1見せ2」のように違う数字を使う場合、1が自身よりも大きい数字となる2を見て「怖い」と思って逃げ去ることから、眼はその場に残った2となります。

 初耳かつとがった“計算法”をノンストップで解説する新山さんに、完全に“置いていかれた”視聴者も多く、X(Twittert)上では「さや香2本目捨てた?」「いつもの漫才で逃げ切れるのになぜ」などあ然とする声が続々。結果、さや香には最後の審査員投票で1票も入らず、結成5年目のコンビ令和ロマンが13年目の「ヤーレンズ」を1票差で破って優勝。

 最初のネタで98点をつけた審査員の山田邦子さんが「最後のネタ全然よくなかった」とさや香に指摘し、多くの媒体で取り上げられるほどトップ級の注目を浴びることとなりました。

劇場で披露したネタ「見せ算」

M-1王者・伊達さん「いやぁもったいないっ!」

 2007年のM-1王者でもある伊達さんは25日のブログエントリーで、「さや香。。2本目、もったいない!! 技術も雰囲気も完全なる優勝候補なのに、、優勝は目の前だったのに。。ネタのチョイスかなぁ、いやぁもったいないっ!」とさながらわがことのようにコメント。

 「関西の正統派漫才師が久しぶりに優勝するかと思ってたんですが。。」「でもなぁ、あのネタで優勝したかったんだろうな。2本目のネタはそうやって決めるもんね。このネタで負けたなら仕方ないっていう覚悟で漫才するから」とままならない結果に肩を落としつつ、M-1歴代王者としてコンビのとがった姿勢を理解も。

  1位通過した2人の最終結果に同情を寄せつつも、「さや香の漫才が好きな僕は、何だかなぁ。。」「その日の出来、不出来もあり。生放送の1発勝負だもんなぁ」と締めくくっていました。

サンドウィッチマンの伊達みきお サンド伊達さんは「いやぁもったいないっ!」(画像は伊達みきお オフィシャルブログから)

審査員の塙さん「攻めた根性はすごいなと思うんだけど……」

 また、2008〜2010年のM-1決勝進出実績を有し、現在では審査員も務める「ナイツ」の塙宣之さんも、25日のYouTubeチャンネルで本件に言及。

 「さや香はやっぱり、選ばれない理由を作っちゃったというか。攻めた根性はすごいなと思うんだけど、ちょっと何やってんのかよくわかんない感じだった」「なんであれやっちゃったんだろう、っていう風にみんななっちゃったし」とネタのチョイスに審査員観客の多くがポカンとしてしまったと指摘し、「ほんと惜しかったよな。わかんなくなっちゃう気持ちもすごくわかるよね。爆発するかもしんないし」と1発勝負に打って出たい“漫才師”の気持ち自体には寄り添う姿勢をみせていました。

お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之 「なんであれやっちゃったんだろう」と塙さん(画像はYouTubeから)
M-1グランプリ2023、ありがとうございました
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」