高知県のスーパーで年末にずらっと並ぶ“ネオンカラーのようかん” その歴史は? 地元の研究家に聞いた(1/2 ページ)

どんな味?

» 2023年12月31日 09時00分 公開
[新谷翔ねとらぼ]

 高知県の郷土食である皿鉢(さわち)料理のおせちに添えられているビビッドなカラーのようかん。この季節になるとX(旧Twitter)などのSNSでちょっとした話題になります。このようかんについて高知県の郷土料理研究家に歴史や味などについて聞いてみました。

皿鉢料理(画像:PIXTA

 皿鉢料理は直径40センチほどの大皿に刺身や鰹のたたき、寿司や煮物を豪華に盛り付け、小皿に取り分けて食べる高知県の伝統的な食文化です。

 そこに添えられているのが、まるでピンクや緑のネオンカラーのような色彩の羊羹です。SNS上では「ゲーミングおせち」など他の地域出身のユーザーからは驚きの声が多く寄せられ、地元の人でも「とっても美味しいのに家族の誰も食べない」「『皿鉢の三色羊羹』と聞くと老若男女ほぼ厭そうな顔をするのに廃れない一品」と好みが分かれるようです。

 話題のようかんについてお話を伺ったのは、土佐料理の伝統を次世代に伝えようと活動している「土佐伝統食研究会」会員の三谷英子さんです。

カラフルようかんの歴史は?

――いつごろから、こうした色彩のようかんがあるのでしょうか。

三谷英子さん もともと、皿鉢料理は土佐藩の時代から続いているものですが、箸休め的なものとして、ようかんが入っている場合が多いです。このカラフルなようかんはニッキ水で着色したのが始まりで、昭和25年(1950年)にはあったという板前さんの証言もあります。

 皿鉢料理は鰹のたたきや煮物などといったものが多く、盛り付けに派手さを求めた料理人の着想だと思います。豪華なものをみんなで食べるというなかに驚きを演出したかったのでしょうね。

皿鉢料理(画像:PIXTA

――高知県のおせちとしては定番なのでしょうか?

三谷英子さん 普段も県内のスーパーで見かけますが、年末になると売り場が大きくなって、ずらっと並んだカラフルな見た目に他の地域の方からしたら驚かれるのかもしれません。ようかん自体は水ようかんですので、日持ちがあまりしないので高知県外には流通していないと思います。いろいろと面白いネーミングで呼ばれることも多いのですが、地元の方は「あの三色ようかん」と呼ぶことが多いです。

 お皿の中にあるとうれしいし、どこかほっとします。逆にないと寂しいですね。

――どんな味がするのでしょうか?

三谷英子さん ニッキが入っていますのでピリッとしていますが、その中にさっぱりとした甘さがあり、お酒と一緒にいただくという感じです。

 ただ、県内でも生産業者が減っていて、一本のようかんに三色が重なったものは今は1社しか製造していないようです。

 土佐料理の飲食店では皿鉢料理の盛り付けにこのようかんを提供しているお店も多くありますので、ぜひ高知県へお越しの際は食べていただきたいですね。


 年末年始に帰省する人も多いと思いますが、それぞれの故郷の懐かしい味に舌鼓をうちながら過ごすのも楽しみの一つではないでしょうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」