「好みの男がいないなら、自分で育てりゃいいじゃない」 世界最強の年上ヒロインたちが最弱少年を理想の恋人に育成するマンガに「あらたな史上最強の弟子、爆誕!」の声(1/3 ページ)

頑張れクロス君!

» 2024年02月07日 17時00分 公開
[西尾泰三ねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 世界最強の年上ヒロインたちが最弱少年を理想の恋人に育成するレベルUP育成ファンタジーマンガ『最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場』がX(旧Twitter)で話題となっています。

最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場

 テレビアニメ化もされた『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』の赤城大空さんが『ガガガ文庫』から刊行しているライトノベルを、『ブレイブ・ストーリー〜新説〜』の小野洋一郎さん(@AXE416)がコミカライズした同作は、裏サンデーで2021年から連載。2022年1月にコミックス1巻が刊行されました。

 2023年12月のコミックス最新巻(6巻)発売に併せ、小野さんがX(旧Twitter)にマンガを投稿すると、3万を超えるいいねと1150万件のインプレッションを獲得。「あらたな史上最強の弟子、爆誕!」などと反響が起こりました。

 本記事では、作画を担当する小野洋一郎さんへのインタビューと併せて、マンガ本編を第2話まで掲載します。

『最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場』作品紹介

 物語は、「剣と魔法の世界」を舞台に、3人の“女傑”が“弟子探し”の道中で1人の男と会うところから始まります。

最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場

 男は、大陸一のヒゲ騎士とうたわれる実力者。自らの武勇に自信があるのか、言動は強者のそれ。しかし、3人の前に、秒で撃沈してしまいます。

 軽々と男をしりぞけたのは、山をも吹き飛ばす拳の威力を持つ龍神族の戦士リオーネ、一撃で数万の兵士を消し飛ばす魔法を操るハイエルフの魔道士リュドミラ、回復魔法と補助魔法で人を殺せる意味不明女で最上位吸血族の聖職者テロメア。人呼んで、歩く天災、魔神の再来、地域によっては邪神扱いの世界最強クラスと称される女傑たちだったのでした。

最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場
最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場

 そんな人外の強さを誇る3人が、手に入れられないもの。それは、「男」。恋人にするなら自分より強いかせめて同格、という高すぎるハードルは、「好みの男がいないなら、自分で育てりゃいいじゃない」という天啓により、未来の旦那候補弟子探しを行っていたのでした。

最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場

 その後3人がやってきたのは、世界最高峰の冒険者学校が存在する“冒険者の聖地”。勇者の末裔(まつえい)が冒険者学校に入学すると耳にし、勇者の指導だとうそぶいて会わせるよう学長に詰め寄ります。

 そんな中、突如、国軍出動レベルの超高位モンスターが街に出現。このままでは未来の旦那候補が死んでしまうと心の声を外に漏らしつつ、3人は討伐に向かいます。

最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場

 強力な反撃もあり、状況が悪化する中、「私がトドメを!」とさっそうと現れる1人の戦士。強力な技を繰り出すも、超高位モンスターにとらわれてしまいます。街の人が「勇者さま」と呼ぶその戦士は、まさかの女性でした。

最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場

 未来の旦那候補である勇者は男だとばかり考えていた3人は驚きと、期待に反する現実に脱力しつつも、その場を収めようとしますが、ふと目に入ったのは、剣を手にヨタヨタと超高位モンスターの方に向かっていく少年の姿。3人は、その少年のパラメーターが「レベル0」「スキルなし」「ステータスオール0」の最弱少年だったことに再び驚きつつも、少年を援護し、少年も自らの命を振り絞って超高位モンスターの撃滅に成功。少年を魔法で治療する3人は、「見つけた」という思いを抱くのでした。

最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場
最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場

 その後、3人全員の弟子となる最弱少年。世界最強の年上ヒロインたちによる理想の恋人育成計画が展開されることになります。物語としては『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』や、女性師匠版『史上最強の弟子ケンイチ』のような印象もある同作の今後の展開が楽しみです。

最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場

『最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場』漫画・小野洋一郎さんインタビュー

――― 『最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場』で特に力を入れているところ、こだわっているポイントはどんなところでしょうか?

 コミカライズなので、あくまで「漫画という媒体」として、原作の魅力を可能な限り翻訳したいと思って制作しています。

 原作の文章をそのままなぞるのでなく、読んだ際の興奮や迫力、読みやすさやテンポ感など、「感動」の再現を重視しています。

 小説と漫画は、例えラノベであっても全く違う媒体なので、そのままなぞってしまうとどうしても違和感が出てしまい、漫画としての読み味が死んでしまうので、時にはせりふをカット・改変したり、話の流れを前後させたりといった調整が必要になります。

 そうやって漫画としての違和感をなくし、されど原作の内容やキャラ、世界設定を極力変更することなく、かつ最大の効果を発揮すべく、正しく「コミカライズ」していこうと思っています。

 感覚としては、小説という言葉で魅せる言語を、漫画という白黒の絵とコマ割りで魅せる言語に翻訳しているイメージです。

 それと、小説を読んだ方の脳内イメージを超える絵を入れられたら良いなと思いながら描いています。

――― 作品のストーリーやキャラクターで、ご自身の中で気に入っているポイントは?

 いろいろありますが、やはり主人公のクロス君が謙虚で、周囲への尊敬を忘れないので、割と殺伐とした世界の中で濃いキャラたちに埋もれず、抜群の存在感を発揮しながら成り上がっていくというのが、意外と新しい気がしています。

 それと、最新の6巻でギムレットという貴族が、ちょっと思いもよらぬ形でとても魅力的なキャラになったことです笑。

――― うれしかった読者からの反応・感想などありましたら、お教えいただけますと幸いです

 やはり漫画から入って原作小説を購入したという声があるとうれしいですね。

 「続き! 早く続きを!」と言ってもらえるのが、ストーリー漫画の連載として読者の皆さんと一緒に盛り上がっていると感じるので。

――― 読者へのメッセージをお願いします

 いつもたくさんの応援をいただき、本当にありがとうございます。

 これからも原作の魅力を漫画として引き出せるよう、精進してまいりますので、よろしくお願い致します。

 真面目すぎる答えになってしまい、逆にすいません。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
本記事は制作段階でChatGPT等の生成系AIサービスを利用していますが、文責は編集部に帰属します。

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」