ゼンデイヤの“C-3PO”ドレスが強烈過ぎて話題を独占 FFやジョジョに例える声の他、「顎が外れた」「共演者は気まずいだろうに」(1/2 ページ)

これはセクシーサイボーグ!

» 2024年02月16日 15時01分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 米俳優で歌手のゼンデイヤが2月15日、ロンドンで行われた映画「デューン 砂の惑星 PART2」のワールドプレミアに登場。いつも世間をあっと驚かせるような衣装を見事に着こなす彼女は今回、まるでスター・ウォーズに登場するドロイド「C-3PO」のようなメタルアーマーに身を包み話題を独占。米国のX(Twitter)では一時、ゼンデイヤ本人の名前に加え“C-3PO”までがトレンド入りする事態となりました。

ゼンデイヤ「デューン 砂の惑星 PART2」続編の衣装が話題 ミュグレーによる20周年記念コレクション(画像はミュグレーのInstagramから)

C-3PO以外のキャラにもたとえられる衣装

 ゼンデイヤが身に着けた「シルバーロボット」は仏ファッションデザイナーのティエリー・ミュグレー(2022年死去)が「1995-1996年秋冬コレクション」で発表したアイコニックな作品の20周年記念コレクション。まるでセクシーなサイボーグのようなシルバーのメタルアーマーに、胸や腕、おなか、太もも、お尻部分はところどころプラスチックがはめ込まれ肌が透けて見えるようデザインされています。

 スタイリングは過去に何度かコラボしているセレブ御用達のスタイリストロー・ローチが担当。メタルアーマーのインパクトに負けず大振りの豪奢なシルバーのネックレスを合わせ、髪はコンパクトにまとめられました。

ゼンデイヤ「デューン 砂の惑星 PART2」の衣装が話題 普段着感満載なティモシーとの2ショットもインパクト大(画像は映画「デューン 砂の惑星 PART2」のInstagramから)

 クセの強い衣装を完璧に着こなすゼンデイヤの姿には、「彼女の衣装クレイジーすぎる!」「顎が外れたわ」「ゼンデイヤは何でどんな衣装でも着こなせるんだろう?」「ゼンデイヤはまさに宇宙への贈物として地球に置いておかれているみたい」などと絶賛の声、さらに「ゼンデイヤはすばらしいよ! このアイコニックなスーツを着るとは」「ティエリーの才能が生き続けている」とファッション界隈からも賛辞が送られています。

 また、SNSではゼンデイヤのこのスタイルが投稿されるとトレンド入りまで果たしたC-3POのGIF画像などを投稿する人が続出。「3PO、君なの?」「クロスオーバーなのかな? 3PO、デューン続編に出てくる?」などやはりC-3POを想起させるというコメントのほか、「オズの魔法使いのブリキのきこりか……?」「映画『メトロポリス』のコスプレなんだろう」「ゼンデイヤは敵のスタンド使いだな」「空山基の描いたロボットみたいに見える」「ゼンデイヤがパワーレンジャーの悪役になっちゃったよ」「ファイナルファンタジーのキャラみたいなドレス」など、おのおの連想したキャラや作品を挙げる人が次々にあらわれました。

高すぎるファッション性に「?」となる人たちも

ゼンデイヤ「デューン 砂の惑星 PART2」続編の衣装が話題 ワールドプレミアに出席したキャストたち(画像は映画「デューン 砂の惑星 PART2」のInstagramから)

 しかし中には、「この“おっぱいアーマー”は女性たち絶賛してんの?」「リッチな人たちっていつも変な服着るよね……」とこの“ファッション”がどうにも理解できず周囲のテンションについていけないという層も。

 さらに主役のティモシー・シャラメがあまりに普段着のような格好だとの声も相次ぎツッコミの餌食に。ゼンデイヤとの2ショットは世界観がちぐはぐと捉えられ「もし僕がティミーだったらこの服でアートの象徴みたいなゼンデイヤの隣に立つのは恥ずかしいだろうな」「ティモシー、Tシャツはないわ」「こういうイベントはもっと男性陣の衣装も面白くするべきじゃない!?」との指摘が多数寄せられています。

 日本では3月15日から公開される「デューン 砂の惑星 PART2」は、2部作の第1作目「DUNE/デューン 砂の惑星」(2021年)の続編。フランク・ハーバートのSF小説『デューン砂の惑星』を原作とし、あまりに複雑で広大な物語であるため映像化は困難とされていたもののドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取った次第。興行成績の面でも批評家からの評価でも成功し、ポール・アトレイデス役として主演するティモシーも、ヒロインのチャニを演じるゼンデイヤも前作からの続投となります。

 今回のワールドプレミアにはゼンデイヤとティモシーのほかにも、ジョシュ・ブローリン、フローレンス・ピュー、レア・セドゥー、レベッカ・ファーガソン、スハイラ・ヤコブ、ステラン・スカルスガルド、オースティン・バトラー、アニャ・テイラー=ジョイと豪華な顔ぶれが勢ぞろいしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」