「クイーン」4年ぶり来日公演終えたブライアン・メイの“Sayonara”に胸熱 「何もかも夢だったのだろうか?」「この特別な場所を愛している」(1/2 ページ)

“最後の来日”のうわさも。

» 2024年02月16日 20時00分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 2月4日から14日まで、2020年以来4年ぶりとなる来日公演を無事終えた英ロックバンド「クイーン+アダム・ランバート」。日本滞在中の詳細をサービス精神旺盛にシェアしてくれていたギタリストのブライアン・メイが15日、ついに日本のファンに別れを告げ帰国する様子をInstagramへ投稿しました。

来日公演を終えたブライアン・メイが帰国 ブライアン「日本の友達、こんにちは」(画像はブライアン・メイのInstagramから)

4年ぶり来日公演が終了「Sayonara」

 名古屋、大阪、札幌、東京の4カ所で熱いパフォーマンスを繰り広げたクイーン+アダム・ランバート。ブライアンはInstagramへ、空港へ向かう車内から輝く朝日を撮影した動画を投稿し、「そして突然、全てが非現実的に思えた。帰りの飛行機に乗るため、まぶしく、極端な早起きをした。何もかも夢だったのだろうか?」とまだ興奮冷めやらぬ気持ちを吐露。「ここ日本で、多くのものを与えてくれた全ての人に、心から感謝する。すばらしい、新たな思い出を持って帰ることができるよ。Sayonara」と感謝とともに別れを告げました。

 この投稿には、多くの日本のファンから「こんなに素晴らしい体験をさせてくれてありがとう! いつでも日本に戻ってきてね!」「もう飛行機は飛んでしまったかな? 寂しいなぁ。でもQueenが日本にいた素敵な日々をありがとうございました」「QUEENは永遠に不滅です」などの感謝と寂しさをあらわすコメントが多数寄せられています。

来日公演を終えたブライアン・メイが帰国 15日の早朝に帰国していったクイーン+アダム・ランバート(画像はブライアン・メイのInstagramから)

約3週間にわたって日本の各地を楽しんだブライアン

 今回の公演では、日本へのフライトから到着時、訪れた場所や食べたもの、会場や公演の様子、その感想をSNSを通じて逐一ファンにアップデートしてくれていたブライアン。まず1月29日に投稿した動画で今回のツアーロゴ入りのノートを見せつつ「日本の友達、こんにちは」と日本語であいさつし、その理由を「突然待ちに待った日本公演がやってきたからだ!」と興奮気味にコメント欄で説明することから怒涛(どとう)の日本滞在記投稿が始まりました。

 そして空港に到着したブライアンは、待ちわびていたファンたちがサインを求めて押し寄せる様子も投稿。「日本のファンたちはいつも僕たちをロックスターのように感じさせてくれるんだ!!!」と純粋な喜びを伝えつつも、「誰かをがっかりさせてしまうんじゃないか、みんなにお礼を伝えることができないんじゃないか、ということをいつも意識している。人生は完璧じゃない。ベストを尽くし、理解されることを願うだけだ。いつも感謝しているよ。ワオ! 日本はまだ輝きを失っていない!」と今でも謙虚な気持ちを忘れずファンへ向きあうプロとしての姿勢を示しています。

デビュー間もない時期から相思相愛だったクイーンと日本のファン

 1970年から活動をスタートしたクイーンは、現在のように世界中で偉大なロックバンドとしての地位を確立する以前、一番に絶大な人気を得たのが日本だったことは有名なエピソード。1975年に初来日した際にはやはり空港に大勢のファンが押し寄せ、今回と同じように歓声とともに出迎えられました。

 1991年にボーカルのフレディ・マーキュリーが亡くなったのち、ブライアンとドラムのロジャー・テイラーにアダム・ランバートを迎え「クイーン + アダム・ランバート」として活動する今でも、ブライアンの親しみ深い投稿は日本とクイーンの間には特別な絆が続いていると感じさせてくれるものでした。

 滞在中、焼きそばやラーメンを楽しみ、公演を成功させるためワークアウトに励み、富士山を眺めながら雪合戦をしたりと、文字通り目に写る全てを楽しんでいたブライアン。日本に到着してからは「日本を愛してる。この特別な場所を愛している。ここに立つだけで14時間かけてきた甲斐があった! マジック!」と日本への愛も示してくれ、最後は“Sayonara”とちょっぴり寂しい言葉を残していきました。

 しかし大阪公演を終えたあとの投稿では「Sayonaraは、GoodbyeではなくAu revoir(※フランス語で「さようなら」として使われるが直訳すると「また会おう」の意になる)の意味であってほしい」とつづっており、“最後の来日になるかも”とのうわさはあるものの、ファンとしてはもう一度来てくれることを願うばかりです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」