“ニュー懐メロ”って何だ!? 渋谷に突然現れた謎広告の正体を、担当者とZ世代に聞いてみた【追記】(1/2 ページ)

平成後期の楽曲がフィーチャー。

» 2024年02月19日 20時31分 公開
[小西菜穂ねとらぼ]

 2月19日から渋谷駅の地下(道玄坂側)に「#ニュー懐メロ」をうたう広告が掲出されています。エモいコピーにでかでかと添えられているのは今も誰かの実家のどこかに眠っていそうな音楽プレーヤーの画像。実はしかけが施されていて、スマホでタッチすると液晶に“表示”されている楽曲の特集ページに飛び実際に曲を楽しむことができます(Spotifyではプレイリストが公開中)。

渋谷に登場した広告 「#ニュー懐メロ」って何だ!?

 ラインアップはワン・ダイレクション「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」、ファレル・ウィリアムス「ハッピー」、マーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」と平成後期を彩った洋楽ヒットソングばかり。ミレニアル世代の記者にとって2010年代の音楽は確かに懐かしい反面、“懐メロ”とくくるにはまだまだ新しいという感覚の曲が並びます。

「#ニュー懐メロ」ビジュアル 記者は電子辞書という響きも懐かしく感じるミレニアル世代

 同日に公開された特設サイトやコンセプトムービーでは、イヤフォンをつけてダンスやカラオケの練習をしたり、CDを貸したり借りたり、イヤフォンはワイヤレスが当たり前になって配信で音楽を聞くことが当たり前になった2024年を生きる私たちにとってちょっとだけ懐かしい光景がフィーチャー。でも有線イヤフォンはまだ使えるしCDは流通しているし、ワン・ダイレクションは活動休止していてもハリー・スタイルズらメンバーは現役バリバリのソロシンガーとして活躍しているのが現在です。

 2024年の今誕生した「#ニュー懐メロ」とは誰へ向けた言葉で、どんな思いが込められているのか。ソニー・ミュージックの担当者に話を聞きました。

「懐メロ」という言葉と向き合いなおす 担当者の視点から見る”#ニュー懐メロ”

「#ニュー懐メロ」メインビジュアル エモいコピーの添えられたキービジュアル

―― ニュー懐メロの定義とは? このコンセプトが生まれたきっかけから教えてください。

 リリースから何年もたっているにもかかわらず、いまだ継続的に聞かれている楽曲があり、それらがなぜ聞かれているのかを自社で調査し始めたのが本プロジェクトのきっかけです。例えばワン・ダイレクション(1D)の「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」などは現在でもストリーミング数が上昇しており、Z世代からの視聴が多いことがデータからも判明しました。

 また、調査を進めていくにつれワン・ダイレクションをはじめとする「2010年代前半の洋楽を群として聞いている」ことが分かったことや、それらを「懐かしいもの」と捉えていたため、その楽曲群と懐かしさを掛け合わせる形でZ世代に向けた懐メロを届けられないか、というところからコンセプトが産まれました。

今回の企画にも大きくフィーチャーされている1Dの代表曲

―― 懐メロとニュー懐メロの違いは何でしょう?

 「#ニュー懐メロ」は、<懐メロを、ひと世代分、新しく。>を掲げ、これまでの懐メロの概念をアップデートするプロジェクトです。考えてみると世代によって懐かしいと思う音楽は異なることに気付きます。懐メロという言葉そのものは1960年ごろから使用されており、約60年以上にわたるさまざまな音楽を内包していることになります。

 「#ニュー懐メロ」はその一部分の世代を切り取って、新しく符号をつけたものになるので「懐メロ」も「ニュー懐メロ」も対象となる世代以外に違いはありません。また、“懐かしさ”という感情も普遍的なものになりますので、そういった意味でも違いはないと思っています。

―― 今回の企画/広告掲示の意図は?

 今回はインターネット上だけではなく、街頭広告といったリアルの場でも接点を作れるようにしました。また、街頭広告には視覚的なアプローチだけではなく「体験」できる“しかけ”を施しています。

 持ち運べる音楽としてZ世代から注目を集めるミュージックキーホルダーなどを展開する「The Music」が採用しているNFC技術を活用し、「CDを実際に手に取った」「苦労して音楽プレーヤーに移行した」というリアルな“音楽に物理的に触れる体験”をリバイバルした演出も楽しむことができるようになっています。

 また、デザイン面においても各楽曲に対して懐かしさを想起させるようなキャッチフレーズを付け加えています。例えばワン・ダイレクションの「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」には「CDを手渡ししてきたあいつを、覚えているあなたへ」というフレーズを付けており、音楽にひもづいた情景をより思い起こせるような演出にしています。学生時代に使用していたものなどをちりばめることも細かいですがこだわったポイントになります。

渋谷に登場した広告 広告の一部、使われているのは2011年リリースの「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」

―― ここ数年で音楽を取り巻く環境はどう変化したか、今感じている課題があれば教えてください。

 ビジネスとして関わるようになったこの15年で直接音楽に関わる部分としてはCDや音楽ダウンロードから、ストリーミングサービスによる視聴が主流となってきたことです。少し前までは世界の話だったものが、ここ日本でもストリーミング市場は年々大きくなっており「CDやダウンロードを購入されたら終わりの時代」から「聞かれ続けなければいけない時代」になったことは、レーベルだけでなくアーティストにとっても大きな変化だったと言えるのではないでしょうか。

 音楽との接点で言うと、TVや雑誌、ラジオなどでしか情報を得られなかったものがさまざまなSNSの普及によりどこでも簡単に得られることができるようになりました。一方で得られる量が膨大になったことによる情報の取捨選択とプラットフォーム側によるアルゴリズムやパーソナル化が進んだことで、これまでの宣伝手法では難しくなってきた部分もあります。

 また、直近ではコロナ禍になったことも大きな変化ではありました。特に海外のアーティストにおいては来日できないという状態が数年続き、洋楽への接点が大きく減少してしまいました。もともと、日本国内のアーティストよりも距離が遠かった海外アーティストがより遠くになってしまった、という印象は日々感じておりました。

 こういった変化はとてつもなく早い速度で回っているので、変化に対して私たちがどれだけ素早く対応できるのか、そのためにどのような思考でいなければならないか、などが課題の1つとして挙げられます。

―― 今後このニュー懐メロという新しいカテゴリ/定義がどう育っていけばいいと感じますか?

 今回私たちがコンセプトの発信や定義づけをしていますが、これはきっかけにすぎないと思っています。思い出と共に心に残る楽曲は十人十色なので、自由に定義してもらえればうれしいです。また、現在は対象が洋楽だけになっていますが、邦楽にも広がることももちろんできます。「音楽」と「思い出」がセットで語られるようなものになれば良いですね。

 私たちとしては今回はZ世代を対象としていますが、α世代にも懐メロがあるはずなので、今後はそこへも広げていきたいと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」