冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」(1/2 ページ)

もう寒くないよ。

» 2024年02月26日 21時00分 公開
[神奈川はなねとらぼ]

 寒い夜に現れた野良子猫を保護したときの様子が、YouTubeで紹介されています。記事執筆時点で子猫が現れたときの動画は29万回、保護したときの動画は54万回以上再生され、たくさんの高評価とコメントが寄せられています。

深夜、玄関の前で 必死に何かを訴える野良子猫
玄関に入ってきた野良猫を保護

保護猫活動に取り組むお宅の前に新顔の子猫が……

 投稿したのは、保護猫&数匹の地域猫と暮らしながら日々保護猫活動やTNR地域猫活動に取り組んでいる「ねこまるけ / Full of cats」さん。地域猫たちのために、自宅の車庫に餌場も用意しています。

 そんな投稿者さんの元に新顔の野良子猫が姿を見せたのは、2023年の年末でした。始めは遠くから餌場を見つめていたのですが、恐る恐る近付いてきて……。

 それから子猫は、毎日ごはんを食べに来るようになりました。体格や顔つきから女の子だと思われます。この子猫は、そろそろ妊娠が可能になる時期。TNRのタイミングを見計らっていたころに異変が起きました。

※TNR……Trap・Neuter・Return(トラップ・ニューター・リターン)を略した言葉。捕獲器などで野良猫を捕獲(Trap)し、避妊・去勢手術(Neuter)を行い、元の場所に戻す(Return)こと

玄関に入ってきた野良猫を保護 ごはんを食べにくるようになった子猫

何かを必死で訴える子猫

 この日、子猫は餌場である車庫には入らず、深夜から明け方にかけて、ずっと家の玄関の前で鳴いていました。家の中に入りたいのかと思い玄関を開けても逃げてしまい、しばらくするとまた玄関の前で鳴き始めます。

玄関に入ってきた野良猫を保護 玄関の前から動こうとしません
玄関に入ってきた野良猫を保護 何かを訴えているようです

 何かを必死で訴えていることは分かるのですが、どうしてほしいのかが分かりません。餌場の周辺をウロウロする日々が続き、近所に体の大きいオス猫が現れるのも気になるので、急きょ保護に取り掛かることに決めました。

玄関に入ってきた野良猫を保護 「おうちに入れて」って言ってるのかな……?
寒い夜、ニャーニャー助けを求める野良子猫が家に入ってきた!!

捕獲は深夜におよぶ長期戦に……

 家の中に入ってくれそうな様子だったので、捕獲器を使わずに呼び込むことに。子猫は無事に家の中に入ってきてくれるのでしょうか……?

玄関に入ってきた野良猫を保護 捕獲器を使わずに家の中に呼び込むことに

 辛抱強く待っていると、やっと子猫が家の中へ。ドアを閉めたいところですが、動くと逃げてしまいそうなために動けずにいると……やはりすぐに出て行ってしまいました。

玄関に入ってきた野良猫を保護 一度は入ってくれましたが……

 それでも子猫はどこかに消えてしまうことはなく、車庫の中にいます。休憩をはさみ、捕獲作戦は長期戦に。投稿主さんは「怖くて仕方ないけど勇気を出してきてるんだよね」と猫ちゃんの心境を分析します。

玄関に入ってきた野良猫を保護 長期戦になってきました

 何度目かの正直で、子猫が家の中に入ってくれた瞬間、すかさずドアを閉めました。物陰に隠れてニャーニャーと鳴く子猫を、なんとか2人がかりでネットで捕まえてケージの中へ。ノミ取りが終わるまでは車庫のケージですが、ヒーターと電気毛布があるのでもう寒さの心配はありません。

玄関に入ってきた野良猫を保護 再び入ったのでドアを閉めます
玄関に入ってきた野良猫を保護 不安そうに鳴いていました

投稿主さんの行動と子猫の勇気にあたたかいコメントが寄せられる

 落ち着いてから子猫を見てみると、なかなかの美人さん。一足先に娘さん夫妻のところに家族として迎えられた先輩保護猫の「たたみ」ちゃんにそっくりです。

 時間はかかりましたが、無事に子猫の保護に成功した投稿主さん。寒い中でドアを開けて、何度も何度も子猫に声をかける姿が印象的でした。まずはこれで一安心ですね。

玄関に入ってきた野良猫を保護 先輩猫の「たたみ」ちゃんにそっくり

 動画のコメント欄には「無事に保護して下さりありがとうございます」「ちっちゃい体で恐怖と戦い、そして勇気を出しておうちに入ってくれましたね」「諦めない心、尊敬します」といったあたたかい声が寄せられています。

 保護した猫ちゃんの様子はYouTubeチャンネル「ねこまるけ / Full of cats」の他、Instagram(@nekomaruke280)でも発信中。子猫ちゃんのその後やたたみちゃんの姿などを見ることができます。

【元野良子猫】家猫デビュー! たたみに似過ぎて 家族で大騒ぎ!
【臆病で引きこもりの猫】「猫のための家」に引越ししました!!
11.1kgの巨体猫を迎えて8ヶ月、驚きの変化!【超重量級ネコ】

画像提供:YouTubeチャンネル「ねこまるけ / Full of cats

ねとらぼ生物部オススメ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」