「キャプテン・マーベル」「スタートレック」出演俳優、難病ALSにより49歳で逝去 5年半の闘病生活耐え「1日1日が贈り物」(1/2 ページ)

お悔やみ申しあげます。

» 2024年02月26日 14時16分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 SFドラマシリーズ「スタートレック:ディスカバリー」やマーベル映画「キャプテン・マーベル」(2019年)などで知られるカナダの俳優ケネス・ミッチェルが2月24日に49歳で逝去しました。難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)との闘病の末に亡くなったと家族が発表しています。

カナダの俳優ケネス・ミッチェルがALSにより49歳で逝去 最愛の子どもたちからキスを受けるケネス(画像はケネス・ミッチェルのInstagramから)

ケネスの訃報を家族が発表

 ケネスの家族は2月25日、X(Twitter)やInstagramで「最愛の父、夫、兄弟、叔父、息子、そして親愛なる友であったケネス・アレクサンダー・ミッチェルの死を謹んでお知らせいたします」と長文を投稿。娘のライラと息子のカラムから両頬にキスを受け、輝くような笑顔を見せるケネスの写真とともに公開しました。

 家族はケネスのこれまでの経歴、俳優として築いたキャリアやその人となりに触れ、「5年半ものあいだ、ケン(ケネス)はALSによる恐ろしい試練に直面していました」「彼は1日1日が贈り物であり、人間は決して1人では歩まないという主義を貫いてきました。彼の人生は、愛と思いやり、ユーモアと包容力、そして共同体とともに生きれば、人はどれほど満ち足りることができるかという、輝かしい一例です」とコメント。ケネスが闘病生活のあいだも一瞬一瞬が充実し楽しいものになるよう努力してきたとし、愛にあふれる言葉をつづっています。

 そして「ケンは、この旅路で共同体から受けた大いなる愛情と限りないサポートへ永遠に感謝しています。特に彼の並外れた妻、家族、友人が示した勇気、回復力、強さにです」とケネスが長い闘病生活において自身を支えてくれた人たちへ深く感謝していたこと、また彼の死後いかなる贈り物も、ALS研究か、子どもたちへの支援へ向けてもらうよう希望していたことを伝えました。

 ALSは日本では「指定難病2」に認定されている、運動のための神経系が変性し筋肉が徐々に縮み衰えていく病気。「難病情報センター」によると、この病気は原因不明で男性にやや多く見られ、発症から2〜5年で亡くなることが多いとされています。ケネスは2018年に診断を受けたのち2019年から車いすを使った生活をスタートさせ、2020年には病気を公表していました。

 今回家族が発表した声明では、「ひとたび彼の軌道に取り込まれれば、ケニーはその前向きさ、思いやり、思慮深さ、楽しさで包み込み、とても愛されてると感じさせてくれました」と、家族として友人として何ものにも代えがたい愛情深い人柄についてもコメントしています。

カナダの俳優ケネス・ミッチェルがALSにより49歳で逝去 「スタートレック:ディスカバリー」共演者らとケネス(画像はケネス・ミッチェルのInstagramから)

スタートレック公式も追悼文を掲載

 多くの人気ドラマや映画に出演してきたケネスは、特に2019年のマーベル映画「キャプテン・マーベル」で演じた主人公キャロルの父ジョセフ・ダンヴァース役や、人気SFドラマ「スタートレック」の実写ドラマ第6作目となる「スタートレック:ディスカバリー」への出演でよく知られています。

 「スタートレック」公式サイトはケネスの訃報に際し声明を発表。「StarTrek.comは、『スタートレック:ディスカバリー』でクリンゴン人のコルや、コルシャ、テナヴィク、アウレリオを演じたケネス・アレクサンダー・ミッチェルの訃報を深く悲しんでいます」「『スタートレック:ローワー・デッキ』(※スタートレックのアニメシリーズ第2作目)のエピソードでは、複数のキャラクターの声を担当しました」「2024年2月24日、ミッチェルは49歳でこの世を去りました」と述べています。

 さらに、コル役を演じた際にケネスは「クリンゴン人の文化に新しい視点をファンにもたらすことを願っていた」とし、「誰が善人か悪人か、全ては視点であり、文化を理解すること」との故人の言葉を伝えました。そして「スタートレック・ファミリーは、ミッチェルの家族、友人、愛する人、そして世界中のファンへ哀悼の意を表します」と追悼しています。

 この訃報に多くのファンは、「大変な喪失、ご家族とご友人のみなさまへお悔やみを申しあげます。今はお悔やみの言葉がホワイトノイズのように感じられることかと存じます。しかし、彼の魂はたくさんの人々の心の中で生き続けることでしょう」「私も多くのファンと同じように、この日を恐れていました。彼と彼の家族がこの旅路で経験したこと、想像もつきません。この残酷な病気の中、喜びと美しい思い出の日々がいくつもあったことを願います」など、彼の人柄に心を慰められた経験をつづっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」