「CSI:ニューヨーク」マック役俳優、33歳息子の死去を公表 「愛する人を失った全ての人へ」5年半の闘病生活つづる(1/2 ページ)

代表映画作品に「フォレスト・ガンプ/一期一会」ダン中尉役など。

» 2024年02月28日 19時29分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 米俳優ゲイリー・シニーズが現地時間2月27日、息子のマッキャナ・アンソニー・“マック”・シニーズが1月5日に33歳で亡くなったことを公式SNSとWebサイトを通じて公表しました。ドラマシリーズ「CSI:ニューヨーク」の主人公マック・テイラー役や、映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」(1994年)「アポロ13」(1995年)などへの出演で知られるゲイリーは、退役軍人や救急隊員、その家族を支える慈善団体「ゲイリー・シニーズ財団」を運営。息子マックは同財団の教育・アウトリーチを担当するアシスタントマネージャーとして活動していました。

ゲイリー・シニーズの息子が33歳で亡くなる 33歳の若さで亡くなったマック・シニーズ(画像はゲイリー・シニーズのInstagramから)

2018年にがんと診断 妻も同時期に病が判明

 ゲイリーの声明によると、マックはゲイリー・シニーズ財団の一員となった約半年後の2018年8月8日、脊柱に発生する非常にまれながん「脊索腫」と診断されたとのこと。マックが診断される2カ月前には、ゲイリーの妻モイラ・ハリスもステージ3の乳がんと診断されており、そのとき受けた衝撃を「母と子2人のがん患者が2カ月のうちに発生するとは?」と振り返っています。

 マックが診断を受けた際、ゲイリーは「脊索腫」という病気を全く知らず、「100万人に1人の割合で発生する」「70%のケースでは最初の腫瘍を摘出すれば寛解するが、30%のケースでは再発する」など自ら調べ学んでいったことを明かしました。

 そののち、妻モイラは治療のかいあって寛解し、再発もなく元気になったものの、マックの病は2度の手術後2019年5月に再発し、広がっていることが判明。「これが長い闘病生活の始まりで、時間がたつにつれ彼はどんどん身体の自由が利かなくなっていった」と長くつらい日々を回想しました。

バンドとして親子共演も 音楽活動に熱心だったマック

ゲイリー・シニーズの息子が33歳で亡くなる マック32歳の誕生日に投稿した“親子セッション”の写真(画像はゲイリー・シニーズのInstagramから)

 マックが財団に加わった際、「感激し興奮した」というゲイリーは、「彼が財団とともに成長する姿を見守りたい」と父親として感じていた気持ちをつづります。またマック自身も財団での使命に喜びを感じていたとし、2019年5月の病気再発から、同年11月の手術までは財団の事務所に通えていたこと、その後自宅療養に移行してからも財団のポッドキャストを立ち上げるなど、2020年1月まで財団へできる限り貢献していたとしました。

 さらに9歳からドラムをたたいていたというマックは、ゲイリーが出演作「フォレスト・ガンプ/一期一会」で演じた役の名を冠したバンド「ゲイリー・シニーズとダン中尉」で、ドラマーの都合がつかないときは代役を務め、父と息子との共演を何度も果たしていました。病気の影響で胸から下がまひしてからも、音楽制作に喜びを見いだしアルバム作りにまい進。完成させたアルバム「Mac Sinise: Resurrection and Revival」がプレスされたことを家族が確認した同じ週、2024年1月5日午前3時25分にマックは息を引き取り、23日に埋葬されました。

「親として、子どもを失うことはとてもつらいこと」 ゲイリー・シニーズのコメント

 マックを含む3人の子の父親としてゲイリーは、「親として、子どもを失うことはとてもつらいことです。同じような喪失に苦しんだ方、また愛する人を失った全ての方へ心よりお見舞い申し上げます」と喪失を経験した全ての人の気持ちへ寄り添うコメントを発表。5年半にわたる闘病生活は時間がたつにつれ困難が増したこと、また家族はマックを失い深い悲しみを感じる一方で、彼がもう苦しまなくてよいことに安堵(あんど)し、彼が病気との闘いをどのように乗り越えてきたかに勇気付けられ感動しているとの率直な気持ちも吐露しました。

 長く静かな文章で息子の功績と戦いを伝えたゲイリーは、「私は彼の父親であることを、とてもありがたく、幸福で、誇らしいと思います」と、これまでマックと過ごした時間を写真とともに公開しながら、息子をしのびました。公開されている写真は、まだ元気なころの姿や財団で活動する姿、まひにより車椅子を使うようになってからも音楽制作に励む姿や、母モイラや2人の姉との姿など、マックが人生で大切にしてきたものが凝縮されていると感じられる数枚です。

 マックの物語を読んだ人々は、「彼の驚くべきストーリーを分かち合ってくれてありがとう。これを読み、心が引き裂かれるようです」「彼の思い出がいつでもあなたを慰めてくれますように」など、心を強く揺さぶられたとし、ゲイリーら家族に深い哀悼の意を表しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」