出汁や具材を選べる“カスタマイズできるお雑煮”専門店が「行ってみたい」と話題 そのアイデアはどのように生まれたか(1/4 ページ)

「銀座もちふじ」の代表にお話を聞きました。

» 2024年03月03日 11時00分 公開
[Tomoねとらぼ]

 お餅は焼く? 出汁は? 具材は――? “カスタマイズできるお雑煮”が食べられるお店が、X(Twitter)で注目を集めています。

 きっかけとなったのはXユーザーのカカオまめるしー(@kakaolove0420)さんの投稿。「東銀座に雑煮で喧嘩しなくて済みそうなお店出来てる」(「雑煮でケンカしてんじゃねーよ」という楽曲をもじったコメント)とポストした、お雑煮専門店「銀座もちふじ」(東京都中央区)のお店やメニューの写真が反響を呼びました。

お雑煮の専門店(画像提供:カカオまめるしー(@kakaolove0420)さん)

 「銀座もちふじ」では、お餅を「つきたて」「焼き」「揚げ」から選び、出汁を「かつおだし」「いり子だし」「白味噌」「赤味噌」から選び、さらに具材の野菜やお肉を選び……と、好みに合わせてカスタマイズできるお雑煮を提供しています(あらかじめ内容が決まっている定番メニューもあり)。

カスタマイズできるお雑煮(画像提供:カカオまめるしー(@kakaolove0420)さん)

 お雑煮は地方によってバリエーションさまざまで、人それぞれこだわりのある食べ物。それだけに、お雑煮をカスタマイズできるというコンセプトには「行ってみたい」というコメントが多く寄せられました。知らない地域の味を食べてみたいという意見や、「角餅がない」など自分が推す選択肢を望む声も。

なぜお雑煮なのか

 銀座もちふじは、銀座の寿司店「銀座くろ寿」の代表・黒須法明さんが2月14日にオープンした新業態。できあがりから「3時間以内」のつきたてお餅にこだわっているといいます。なぜお雑煮なのか? 人気のメニューは? ねとらぼ編集部は黒須さんに聞きました。

 寿司ではなくお餅の新業態をした理由について、黒須さんは新店のお知らせの中で「お餅が好きなんです」と述べています。また黒須さんの「食を通じて笑顔に貢献」という経営理念の大元にあるのが「父親の笑顔」であり、子どものころ、お正月に父親が磯部餅を笑顔で食べていた記憶が鮮明に残っていて、「その何気ない父親の笑顔が好きだったんですね。そこで『お餅』が出てくるわけなんです」――とお餅を選んだ背景についてつづっています。

 では、いろいろあるお餅の料理の中で、なぜお雑煮なのか。黒須さんは「ズバリ、美味しいからです。(わたしが好きなんです)」と答えてくれました。また、ほかにない業態であり、これまで(の寿司店)と違う分野で事業を立ち上げる本来の独立であること、食品ロスが極めて少ないことも挙げています(生ゴミ処理機を使い、自社で生ごみを処理しているとのこと)。

 「これからの飲食業で必要なのは、まず食品ロスを出さない事、働きやすい環境をスタッフに提供すること、伝統を重んじ、お客様にお料理をご提供し、喜んでいただけること。以上の観点から、お雑煮という料理を選択いたしました」(黒須さん)

お店のTikTokではもち米を蒸している様子も公開

 「カスタマイズできるお雑煮」のアイデアがどのように生まれたか、黒須さんは「誰しも意見があるという事(笑)」と語ります。

 「17年目になる小っちゃい寿司屋をオーナーシェフとして運営していると、見えてくるものがあり、食べたいものを好きなように食べたいと考えている方がいらっしゃって、いわゆる満足度をどのように上げたいのかを追求してゆくと『カスタマイズできるお雑煮屋』という落としどころになりました」と黒須さん。

 寿司店(銀座くろ寿)も現在はコースのような形で提供しているものの、昔ながらのお寿司屋さんのように「『今日はこれがいいよ!』みたいにする」ことを夢見ているそうです。ただ食品ロスが多く、クオリティが下がるため、まだハードルが高いのだとか。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」