「サッポロ一番」最大の謎が解明? メーカー側もよくわかってない「切り胡麻フォント」のレイアウトに関わったとする投稿に注目集まる(1/3 ページ)

「切り胡麻」だけなぜか筆文字。

» 2024年03月21日 19時30分 公開
[ねとらぼ]

 あるX(Twitter)投稿者による「サッポロ一番」最大の謎とされる「切り胡麻」フォント誕生秘話が注目を集めています。

サッポロ一番 「サッポロ一番 塩らーめん」のパッケージにある「切り胡麻」の文字、お気づきだろうか?

 サンヨー食品により袋麺タイプのインスタントラーメンとして発売された「サッポロ一番」はその後、商品名を「サッポロ一番 しょうゆ味」とあらためられ、1968年には「サッポロ一番 みそラーメン」が、1971年には「サッポロ一番 塩らーめん」が発売されシリーズ化、さまざまな種類が開発され定番のロングセラー商品へと成長していきました。その「サッポロ一番 塩らーめん」の袋麺のパッケージ裏面にはある謎が隠されています。調理工程のある部分、仕上げのトッピングに使う「切り胡麻」の文字だけ、なぜか筆文字のフォントになっているのです。気が付きましたか?

サッポロ一番 袋麺タイプ裏面の説明に急にあらわれる「切り胡麻」フォント

 ねとらぼ編集部がサンヨー食品に問い合わせると、「発売当初(1971年)のパッケージから使用を確認」しているとのことですが、「申し訳ございませんが、当時の担当者がおらず、理由はわかりません」との回答が。当時を知るものがなく、メーカー側もわからないまま今に至っているそうです。現在まで使われ続けている理由については、「商品に対するこだわりが感じられるため、大切に継承しています」とのこと。一方で、ほとんどパッケージのデザイン変更をしてこなかったことにも原因はあるんだとか。

サッポロ一番 謎は謎のままに……? 

 このまま「切り胡麻」フォントの謎は謎のままかと思った矢先、冒頭の投稿者が現れました。かつてパッケージのレイアウトを担当したという投稿者のお父様によると「わかりやすいだろその方が」「というか普通の書体にするという考えがなかった」という“直感的どストレート”な理由だったそうです。

 投稿したのはmuscadetH(@muscadeth)さん。ねとらぼ編集部が話を聞くと、投稿者のお父様が大手印刷会社の包装企画部に在籍していた当時、サンヨー食品とともにパッケージの監修の仕事をしていたというのです。オモテのデザインはデザイン事務所が作成し、ウラ面は印刷会社でレイアウトするという流れの中で、お父様がウラ面のレイアウトを担当。オモテ面にあった「切り胡麻」をコピーして、ウラ面の調理工程の場所に貼り付けたそうです。

 投稿者のお父様によると、あの「切り胡麻」は「ロゴ」として作られており、「すり」胡麻ではなく「切り」胡麻なのもサンヨー食品のこだわりの部分だと理解していたといいます。「ひとつの製品並にスタンスが確立されている『切り胡麻』として受け取り、パッケージ制作当時あのようにロゴ化していても当事者達は何の疑問もなかった」とのことでした。期せずしてサンヨー食品の「商品に対するこだわりが感じられる」という部分に符合するものがあります。

 お父様は現在、82歳。サンヨー食品との仕事は20代半ば〜30歳ごろとのことで、昔を懐かしみながら親子の会話で盛り上がったそうです。

 ちなみに投稿者によると、「サッポロ一番 ごま味ラーメン」の「ごま」の文字は今は亡きお母様による筆字なんだとか。ほかにも「えぞ味」「きつねうどん」なども夫婦合作だったそうです。

サッポロ一番 「ごま」がお母様の手によるものなんだとか(画像協力:muscadetHさん)

 お父様は30歳頃に印刷会社を退職し、お母様と結婚、出版社を立ち上げつつ、そのまま印刷会社の嘱託としてサンヨー食品との仕事を続けたと振り返ってくれました。今でもサンヨー食品リスペクトなお父様から、お母様もデザインに関わっていたことを知った投稿者は、仏壇に「サッポロ一番 ごま味ラーメン」を供えたそうです。

 なお、当該の投稿についてはサンヨー食品も把握しているそうですが、前述したとおり「当時の事を知っている者がおらず、(サンヨー食品としては)真相がわからない状態」としています。

サッポロ一番 編集部の取材に、「『サッポロ一番』の魅力はそのまま調理・喫食いただいても、十分に楽しめる個性ある味わいでありながら、ちょい足しや食材を加えて調理する人の好みを受け止めるアレンジ性(味の懐の広さ)が魅力だと考えております」とサンヨー食品さんからオススメされました。食べます!
サッポロ一番 ちなみに5袋入りのオモテ面には「切り胡麻」フォントはない
サッポロ一番 ウラ面には「切り胡麻」フォントがある! あってよかった「切り胡麻」フォント
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」